そうだロスカボス、行こう パート2

こんにちは、Masaです。

 

さて…、

サンディエゴからロスカボスにやって来た私ですが、そりゃもう、ぶったまげの繰り返しです。

ロビーから部屋に案内されたわれわれ、ドアを開けたら、またぶったまげ。

 

「え?これ、俺たち泊まっていいの?部屋、間違ってない?」

 

ってくらい豪華。出張で利用するマリオットやヒルトンとはレベルが違います。

部屋は5階建の4階にあるのですが、窓を開けると、目の前に海が広がります。眼下にはお酒を飲みながら、ロスカボスの真夏の太陽を楽しむ人たち。

ロスカボス_海

一方、部屋の中はというと、きらびやかさはそれほどでもありませんが、メキシコのマヤ文明を彷彿とさせる(ほんとか?)落ち着いたデザインの調度品。あ、見苦しいものが写ってる…。

ロスカボス_部屋

バスルームはシャワールームとバスタブが別れているタイプ。デザインも素敵。

 

部屋に荷物をおろし、早速ホテル内を散策。

すでに10月中旬にもかかわらず、外気温は軽く30℃超え。日差しが肌に思い切り突き刺さる上に、サンディエゴと違い、湿度も高め。もう、暑い、暑い。

そんな中、大人たちはカクテルを片手に日光浴を楽しみます。

ロスカボス_プール

このホテルは子供づれは宿泊できないようになってるので、水遊びに興じる子供達のすがたはなし。非常に落ち着いた大人の雰囲気でリラックスすることができます。

 

「暑いからビールでも一杯やりますか?」

 

ってことで、昼間っからおつまみをつまみながらビールを楽しむ。

ロスカボス_ビール

 

「あ〜、マジ、幸せ…」

 

とにかくすべてが旅費に含まれているので、

 

「あ〜、ちょっとすみません。ビールもういっぱい。」

「えっと、チップスを持ってきてもらえますか?」

 

などと、なんでもかんでも頼み放題。もちろん、親切なウェイターさんたちには、米ドルでチップを渡します。

ロスカボス_チップス

平日だったからなのか、それとももともとそうなのか、お客さんの姿はまばら。ほんと、なんも考えずに、ゆ〜っくりとできます。

 

都会(?)の喧騒から離れ、聞こえてくるのは並みの音のみ。これこそ、

 

極楽

 

でしょう。

 

ってことで、1日目はダラーっと夕方まで過ごしました。

西の地平線に沈んでいく太陽を眺めるのも、また風情がありますなぁ…。

ロスカボス_夕日

 

では、次回、パート3。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です