やり直しの英会話 英語を話せるようになりたい...

Learn English

こんにちは、Masaです。

 

歳を取るにつれて、なんとなく英語力が落ちてきているような気がしている毎日です。もともと低い英語力がさらに低くなってきている...(汗)。

日本語でもありますね。

 

「えっと、ほら、なんだっけ?この前出てたやつ。あれ、あれ...。」

 

なんてこと、ありませんか?喉まで出かかっているのに、なかなか出てこないこと。

最近本当によく感じているのですが、知っているはずの英語がなかなか出てこない。なので、それを説明するために、別の英語を使ってみたり。で、相手が、

 

「ああ、XXね。」

 

なんて言ってくれるのをひたすら待っているとか。

 

...のっけから話がずれてしまいました。

 

さて、今日は、英語、英会話ってどうやって学べばいいのかってことについて、持論をお話しようかと思います。

 

日本の英会話人口は、聞くところによると、その数は700万人とか800万人とかいるそうです。それくらい、英語を話すことに必要性を感じている人が多いってことですね。英語でぺらぺら外国人と話している姿って格好良いですからねぇ。

そんな人たちからの共通の質問は、

 

「英会話はどのようにして学べば身につくのか」

 

ってこと。

英語に限らず、どの言語を学ぶ場合も以下が必須です。

・聞く能力
・話す能力

当然ですな。

じゃぁ、どちらを先に見につけるべきだと思います?

これも当然、両方同時。どちらか一方を先に習得する、なんてことはありえません。ちまたでよくある、

 

「聞くだけで話せるようになる」

 

なんてのは大嘘です。

「聞けるから話せる」
「話せるから聞ける」

ってことです。

 

「そうは言っても、2つの能力はどうしたらつく?」

 

というのが、全員の知りたいところ。

 

ここからはあくまでも「持論」です。他の考え方もあると思うので、こうじゃなきゃだめ!というわけではありません。あしからず。

 

思うに...、

 

自分が言葉をどうやって覚えてきたかを考えてみるとわかりやすいと思います。

まず、赤ちゃんのとき、言葉はどうやって覚えました?

お父さんやお母さんが、

 

「これは犬だよ、い~ぬ」「いにゅ~!」
「猫はニャ~だね~」「ね~こ~!」

 

などといいながら、写真や絵を見ながら後に続いて言ってみましたよね。

あるいは、表に50音、裏に絵が書いてある積み木とかを使って、

 

「アヒルのあ~」「あひる~」
「ライオンのら~」「らいおん~」

 

とか、遊びませんでした?

あれで、たくさん言葉を学びましたよね?言葉がどんどん頭に入ってきました。もちろん脳が柔らかいから入りやすいってこともありますが、学び方が効果的だからってのもあります。

何が効果的かって言うと、

 

言葉 ⇔ イメージ

 

で覚えるから。

言葉を覚えるのはこの流れがMUST。この流れじゃなければ、絶対に覚えられないはずです。

今まで覚えてきた言葉は、必ず自分の中で「イメージ」として持っているはずです。でなければ、使うこともできません。

 

名詞に限らず、動詞、形容詞、副詞、接続詞だってそうです。かならず、イメージとして心の中にあるはず。

Run

といわれれば、「走る」のイメージが心のなかで見えますよね?

Bad

は、なんとなくいや~なイメージが心の中で沸くはずです。

英語を学ぶこつは、これだけです。もちろん文法も大切ですが、文法はある程度言葉がわかってきてから学ぶものです。

 

文法 ⇒ センテンス

 

もイメージです。

I’m going to Lego Land tomorrow.

と言えば、自分が明日レゴランドに行くイメージが心の中で沸くってことです。

なので...、

巷でよく聞く、

 

「英語を聞き流しているだけで英語を話せるようになる」

 

というのは全くの嘘っぱち。

 

「英語の本をたくさん読むだけで語彙が増える」

 

ってのも嘘。

英単語や英会話を覚えたいなら、

 

「単語や会話をイメージとして捉える」

 

ことが必要。

つまり、わたし個人的に最も効果的だと感じている英語(会話)学習法は、

 

英語の映画やドラマを観ること

 

ただ漫然と見ているだけではだめです。登場人物が何を話しているのかがわかるような、英語のトランスクリプション(話し言葉が書かれている紙とか)と日本語の字幕スーパー付きのものを観るのがベスト。それを何度も繰り返し観て、こういう場面では、こんな言い方をする、とか、日本語でXXというとこを英語ではYYという、とか、心の中にイメージしながら単語や文を覚えていくんです。

あと、最近日本のコマーシャルで見たのですが、(商品名出していいのかなぁ...)「スピードラーニング」もいいんじゃないかという気がしています。なぜかというと、

英語 ⇒ 日本語

という順で話されるそうですが、そうしてもらえると、英語で「?」となっても、その後の日本語で「イメージ」として入ってきやすいと思いません?あれに、映像が入るともっといいかもしれませんね。イメージがわかるから。

そして、覚えた英語は、すぐに使ってみることで定着します。どんどん使うことが必要です。日本在住の方は使う機会が少ないので、なかなか難しいものがあります。でも、使ってください。

 

と、だらだらと書いてしまいましたが、この類の話は、ネットのあちこちに落ちていますので、私が話をしなくても、すでにご存知かもしれません。失礼しました~。

 

ってことで、実践あるのみです。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です