アメリカでカーレンタル

レンタカー

こんにちは、Masaです。

皆さん、レンタカーを借りて、アメリカをドライブしませんか。

今日は、レンタカーを借りる場合に覚えておいた方が良さげなことをご紹介します。

 

アメリカ国内在住の方は当然アメリカの免許証が必要になります。日本在住の方は、国際免許を忘れないでくださいね。

アメリカでのドライブの仕方は前回のこの記事で簡単に説明しましたので、それに基づいて運転してください。

 

では、アメリカでレンタカーするには…

日本からアメリカ旅行あるいは出張される方は、普通、旅行会社にお願いすれば予約を取ってくれます。アメリカの場合も同様、トラベルエージェントにお願いすることもできますし、また、レンタカー会社のウェブサイトからの予約も可能です。

まずは…

 

レンタカー会社はどこがいい?

これは好き好き。日本でメジャーなのは、HertzAvisでしょうか。アメリカにはこの他にも、National、Alamo、Dollar、Enterprise、Budgetなど、メジャーどころがたくさんあります。ちなみに私は、Nationalを使っています。

メジャーどころを使っておけばまず問題になることはありません。聞いたこともないようなレンタカー会社は避けた方がいいかもしれません。予約しておいたのに、車が無いから他のレンタカー会社に回された、なんて話もちょくちょく聞きます。

 

次に車種

乗用車であれば、Subcompact、Compact、Intermediate、Standard、Full Sizeなど。レンタカー会社で呼び方が若干違う場合もありますが、まぁ、こんなものです。

大人数の場合はMinivanをレンタルする必要があるかもしれませんね。

レンタカー会社のウェブサイトにいけば、どのような車種がいくらぐらいの料金で借りれるかがわかるようになっています。

ケチってSubcompactにしたら、スーツケースが入らなかった…なんてことにならないように車を選んで下さい。

 

レンタカー会社ってどこにある?

さて、通常、どこの空港にも非常に多くのレンタカー会社が併設されています。併設と言っても、空港の中にある場合、バスに乗って行かなければならない場所にある場合など、いろいろとあります。

空港の中にある場合は、普通、たくさんのレンタカー会社の受付が一箇所にまとまっているところがあります。空港の中には「行先明示版」がありますから、それを頼りに、レンタカー会社の受付まで行きます。

 

チェックイン

で、受付に言ったら、普通は予約がしてあるはずなので、日本の方は、パスポートと国際免許書、アメリカの方は、運転免許証を出します。ここで、クレジットカードを要求されますので、出して下さい。

車種が決まっているのですが、ここで数点質問をされるはずです。

・保険はかけるか
・ガソリンは自分で満タンにして返すか

この2点が一般的です。

日本からの方は、保険をかけることをお勧めします。事故にあったりとか、ガラスを割られたりとかありますから、それらをカバーしてくれます。アメリカの方はご自分の判断に任せます。慣れてるでしょうから。

ちなみにうちの会社は保険をかけることを許していません。つまり、車に何かあったら、自分で払え!ってことです(涙)。

ガソリンは普通、車を返す前に空港近くのガソリンスタンドで満タンにします。その方が普通安いので。ただ、急ぎで自分でガソリンを入れることができないような場合は、レンタカー会社にお任せすると言う手もあります。ただし、その辺のガソリンスタンドよりも高くつくことを覚悟しておいてください。

 

車を選ぶ

ここ、日本と少し違うかもしれません。てか、私自身日本でレンタカーしたことがほとんどないので、日本ではどうなっているのか知りません。

レンタカー会社によって違うのですが、チェックインの際に、車を指定される場合と、同じ車種であれば、どの車を選んでもいい場合があります。

自分で車を選ぶ場合には、なるべく日本車にしましょう。最近のアメ車はかなりよくなってはいますが、燃費はやはり日本車が一番。ただ、レンタカー会社の地域によって、日本車がある場合とない場合があります。東はやはりアメ車が多いですね。西は日本車もあります。

で、車を選んだら、車の周りを一周して、傷がないかを確認します。これ、大切。もし傷があったら、レンタカー会社のお兄ちゃんに見せて、証明をもらっておくこと。じゃないと、車を返す時に、「あっ、凹んでる。あんた、やったでしょ。」なんてことになりかねませんから。

 

車に乗り込み、さぁ、出発

車を選んで、乗り込みます。普通、車のキーは車についていますから、それを使います。なくさないように。

で、レンタカー会社を出る時に、「検問所」のようなところを必ず通りますので、そこのおばちゃんに、チェックインの時にもらった書類一式と、自分の免許証を出します。優しいおばちゃんだと、地図を出してくれたりもします。あるいは、目的地を言えば、「こう行って、こう行けば行けるわよ。」みたいに教えてくれます。

心ゆくまでドライブをお楽しみ下さい!

 

車を返却

さて、ドライブを楽しんだら、車を返します。

どう返すか。

まずは、「自分でガソリンを入れて返す」ことにした方は、空港そばでガソリンスタンドを探して、ガソリンを満タンにしてください。

で、空港まで行きます。普通、空港そばまで行くと、「Return Rental Car」のような看板がありますから、それにしたがって進みます。

で、レンタカー会社にはReturn Rental Car入り口から入ります。この時気をつけなければならないのは、返却入り口は、普通前には進めるが、バックはできないようになっています。バックするとタイヤがパンクするようになっているところが多い。どうしてでしょうか…。

返却場所には、お兄ちゃんがたくさんいて、どこに停めるかを指示してくれますから、それに従って進みます。

車を停めて、荷物を出して待っていると、お兄ちゃんがやってきます。お兄ちゃんが車の周りを一周して、さらに車の走行距離を確認、で、レシートをくれます。

これで終わり。

このレシートですが、レンタカー料金以外にもいろいろと請求されるので驚かないように。

私がよく利用するNationalレンタカーはレンタカー料金以外に以下のようなものが請求されます。

Airport Cost Recovery Fee ー 多分、空港併設だからでしょうか
Vehicle License Recovery Fee ー 意味不明
Tax

この他にもつく場合があると思います。

 

さ、レンタカーを借りて、アメリカドライブを楽しみましょう! 

アメリカでカーレンタル” への4件のフィードバック

  1. 僕は日本在住ですが、アメリカ出張の際にはAlamoを良く使っていました(法人契約していたので)。Hertzも一回だけ利用しました。日本のレンタカー会社は、クルマを借りる際に店員と客が一緒に外装の傷をチェックして、チェックシートに傷の箇所を記入するところが多いのですが、アメリカではそんなことは有りませんね。アメリカの方が大らかだと感じました。

  2. Kiyoshi Fさん、コメントありがとうございます!

    私も今までに日本で3度ほどレンタカーを借りたことがありますが、確かに店員さんといっしょにグルリと車のチェックをしますね。

    アメリカでは「受付済んだら、その辺にある車、どれでもいいから乗って行ってね。」って感じですよね。大らかと言うよりも、いい加減じゃないでしょうか(笑)。

  3. 恐縮ながら初めてのコメントです…
    私はもっぱらAVISです。謎のfeeによって返却時にネットで予約した額と乖離がかなりあることに最初は怒ってましたが慣れました(笑)日本はその点明朗会計でいいですね。

    セルフガソリンフィルで思い出したのがオーランドです。空港の近くにガロンあたりの単価が路面に向け表示されていない店舗が幾つかあります。私もひっかかった一人ですが、給油を始めてびっくり、市場価格の倍近くのぼったくりです。返却前の時間の無い旅行者を狙っているのでしょうが、実に許しがたい悪徳業者ですのでオーランドに行かれる事があれば気をつけて下さい。

  4. STさん、初めまして。コメントありがとうございます。STさんはAVISですか。AVISは価格的にはどうなんでしょうか?メジャーどころはどこも似たような価格を出しているような気がしますね。

    フロリダのオーランドは要注意ですね。情報ありがとうございます。

    私も空港近くではよほど急いでいない限りガソリンを入れないようにしています。表示があるところでも、空港から少し離れたところよりも確実にガロン当たり10セントは高いですから。空港から5マイルも離れれば、リーズナブルなガソリン屋さんが結構あるので、そこで入れるようにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です