アメリカで優しいベビー日焼け止めの選び方。

こんにちは、Yukaです。20150608_114131

最近シアトルでも30度近くの日が続いております。
いよいよこれからサマーシーズン到来ですね!

アメリカでも日本と同様、夏になると
数多くの日焼け止めが店頭に並びます。

ベビーに優しい日焼け止めはどんなものがあるのか?

今日はベビーの為の優しい日焼け止めの選び方を
ご紹介していきたいと思います。
(もちろん普通の日焼け止めを選ぶ参考にもなります)

***************************************************

ベビー日焼け止め購入の難しい所

  • 匂いが嗅げない!!
    ベビー物は特に、安全性の問題上、開封できないよう
    密封されています。安全上ありがたい反面、匂いが嗅げないので
    開けてビックリ!香料入りや、無香料でも
    すごい匂いがする物もたくさん。

 

  • ギトギト感
    ベビー物は付け心地よりも、安全性が重視されています。
    問題視されてきているナノ加工されていないものは
    どこか、歯磨き粉のような塗り心地になります。
    安全性を考えると仕方ないのですがギトギトすぎる物も。
    密封されているので試せないのが難点。

 

  • 単価が高い
    Organicの物になると小さいボトル1本で$20を軽く超えます。
    単価が高い為、勇気を出して買ったのに、匂いがキツかったり、
    ギトギト感がすごかったりすると悲しいですよね。

***************************************************
参考にしたサイト1

EWGというサイトに毎年ごとの”guide to sunscreens”
という情報が更新されます。

参考までにBagerというブランドの日焼け止めの
説明リンクです。

*このサイトEWGに載っている情報
– パッケージの写真が載っているので、店頭やネットで探しやすい
– ブランドの直営サイトやAmazonへのリンクもあり
– ブランド・商品ごとの危険度トータルスコア
– 成分
– 酸化亜鉛の量

などが詳しく書かれています。

***************************************************
参考にしたサイト2

Safe Mamaというサイトでは、個人の感想が載っています。
厚め、しっかり伸びる、伸びづらい、白くなりやすい、匂いがキツイ・・・
などなど、実際に使用した感想が載っています。
あくまで一個人の感想ですが、実際の使用感を読む事ができるので
とても参考になります。

***************************************************
EWGSafe Mamaのサイトを照らし合わせて

安全で、使い心地や、使うシーンに合わせた日焼け止めを購入。
この夏、思いっきりキッズ達を外で遊ばせたいですよね♪ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です