アメリカで車のメインテナンス

こんにちは、Erinaです。

アメリカは激しく車社会ですが、一度、車を持ってしまったら考えずにはいられない「車のメインテナンス」について、今回は書いてみようと思います。

 

初めて自分の車を持ったのは渡米して半年も過ぎた頃。

日本では自分の車を持っていなかったので、車のメインテナンスについて考えたことは全くありませんでした。

私の最初の車は1997年の日産セントラ。日本では「サニー」として販売されていました。

この愛車を買ったとき、すでに70,000マイル近くの走行距離がありましたが、きれいに使われていたためその後の4年ほどで50,000マイルくらい乗り、売った時もまだまだ現役でした。

 

<Oil Change(オイル交換)>

このセントラさんを買って数ヶ月経った頃、当時の留学生アドバイザー兼アメリカのお兄ちゃんだったMarioさん

「エリナ、オイル交換してる?」

と聞かれました。

私は「何ソレ?」とさっぱりわからず。

そこで、近所のJiffy Lubeというオイル交換ステーションに行き、初めてオイル交換をすることになりました。

 

(よく見るJiffy Lubeはこんな感じ)

 

フィルターも換えてもらって、料金は20~30ドルくらい。(オイルのクオリティや量で、料金は変わります)

混んでなければ、作業はだいたい30分くらい。

 

ここで学んだアメリカ生活の黄金の鉄則。

 

「オイル交換は3000マイルごと、または3ヵ月ごと」

 

おぉ~、知らなかった。これ大事!

Jiffy Lubeでは「次はいつ来てね」というスティッカーを窓に貼ってくれるので、それを目安に次のオイル交換に持って行きます。

(このマイレージや日にちを目安にします。忘れちゃうもんね)

 

これをしないでほおって置くと、エンジンオイルがどろどろになり、エンジンの調子も悪くなるし、どろどろになったオイルを流しだすのにお金も時間もかかります。

とにかく、車のメカニックのことはさっぱりわからない私でも、「これは大事だな」と思うようになりました。

 

 

<Smog check(スモッグチェック)>

これは、DMVに車を登録するための排気ガスの検査

車から有害なガスなどが排気されている場合は、環境問題としてその車の使用を認められません。(カリフォルニアでは)

車の年式が上がってくるにつれて(=古くなるにつれて)、数年に一度から毎年のチェックが必要になり、DMVがレジストレーションを送ってくるときに「今年はスモッグチェックに行ってね」という用紙が入っています。

これもメカニックに持っていくと、その場でやってくれます。料金は50ドルくらい。

(スモッグチェックには、このサインがあるメカニックに持って行きましょう)

 

そこでパスしたら、メカニックからの検査結果をもらい、DMVのレジストレーション代(登録費)と一緒に送り返します。

 

この2つは最低限かつ、合法でその車を使うためのメインテナンス。

この先は、自分の車に特化したメインテナンスです。日本のような数年ごとの「車検」がないこのアメリカでは、自分で車の異変を察知し(?)、自分でメカニックに持っていかなければなりません。

 

<Tires(タイヤ)>

ここ南カリフォルニアでは冬の雪道を心配しなくて良いので、一年中同じタイヤを履かせっぱなしです。

これは実は、タイヤによくありません。走行距離やスピードも日本に比べて長くて速いアメリカの道路では、タイヤへの負担も大きい。

 

オイル交換を同じお店でするようになると、自分の車の情報がデータベースに入り、6ヶ月ごとに「タイヤローテーション」を薦められます。

これは、前後輪と左右をスイッチさせ、タイヤが地面と接する部分への負担を均等にするためです。

(ローテーションのパターンだそうです。http://www.tirexperts.com)

ローテーションをしないと、同じタイヤの同じ部位が傷み、結果、長持ちしません。

また、タイヤの内側の磨り減り具合は見えないので、ローテーションをしないと、どれくらい磨り減っているかわかりません。

 

ただ、「ローテーション」をするだけでなく、alignment(アラインメント)が必要になります。

これは、4つの車輪とハンドル(英語では”steering wheel”と言います)の並びがきちんと揃っているかという調整です。

(アラインメントをしないと、タイヤの片側だけこんなふうに磨り減ります)

 

このアラインメント、毎回100ドルくらいな上に、Jiffy Lubeなどのオイル交換ステーションではやってくれないことが多々あり、”Tire Alignment”と書いてある、タイヤショップなどに行かなくてはなりません。

私は今の車を買ってから、Firestoneの”Life time alignment”のサービスを150ドルくらいで購入しました。これは同じ車を乗っている限り、いつでも無料でアラインしてくれます。どこのFirestoneでもオーケー。なので、車の乗換えをしばらく考えないなら、これはオススメです。

 

そして、写真にもあるようにタイヤは磨り減ります。

タイヤには「ここまで磨り減ったら交換してね」というマーカーがあり、ちょっとつるつるになってきたなと思ったら、交換の時期です。

(タイヤ交換のマーカー。ちょっと見えにくいですが、溝にあります)

雨で濡れた道路での運転は、つるつるのタイヤではかなり危険。また、ここ南カリフォルニアでは、雨がもともと少ないため、ちょっとでも降ると道路はすご~く滑りやすくなるそうです。

本当に危ないところでは、運転中にタイヤのバーストということもあるので、私がタイヤを買うときはケチらず、それなりに良いクオリティのものを買うようにしています。タイヤは安全への投資!

 

<Brake Pads(ブレーキパッド)>

次に多いのは、「ブレーキパッド」の交換。

ブレーキをかけるときに、「キーッ」という音がし始めたら、ブレーキパッド交換のお知らせです。

これもいちいち持っていくのは面倒くさいので、一度に4本すべて交換してもらいます。

 

 

<Battery(バッテリー)>

エンジンがかからなくなったら、「バッテリー」が問題かも。

ライトをつけっぱなしにしたままだったり、エンジンを止めてエアコンなんかをつけてたらバッテリーが上がります。こうなると、「ジャンプスタート」が必要です。

よく駐車場なんかで、車を向き合わせてケーブルをつなげてる人たちがいますが、あれはバッテリーをつなげて、エンジンがかかるように助けてあげてるんですね。

 

(あぁ、切ない風景・・・。http://www.smartdriving.co.uk/

 

そうでなくてもバッテリーには「使用期限」があり、なんだか最近、エンジンがかかりにくくなってきたな~と思ったら交換の時期です。

私はAAA(「トリプルエー」と呼びます。日本のJAF)に入っているので、AAAを呼べば「バッテリー交換隊」がささっとやってきて、ささっと交換してくれます。バッテリーは100ドルくらい。交換頻度は、私は3年おきくらいかな。

(AAAのバッテリー交換隊はピックアップトラックで登場。http://westerncentralny.aaa.com

もちろんショップでもやってくれますが、基本的に「エンジンがかからなくなっちゃった!」ということが多いので、そこに来てくれるAAAは便利。

 

<フロントガラスのヒビ>

フリーウェイを運転していて、前の車から飛び跳ねた小石が、フロントガラスにあたって小さなヒビが・・・っていうことありませんか?ヒビは”crack”ですね。

このヒビだらけで運転している車もいますが、やはり何かの拍子に「グワシャ~!!」となるのが怖いので交換します。

これは出張サービスがあり、「97年の日産セントラです」と車種と年号を伝えると、「じゃあ、何日の何時に行きます」と指定した場所に来てくれて、ものの20分くらいで交換してくれます。料金は150ドルくらいでしたが、車種によって変動しそうです。

 

 

<その他の簡単な交換>

ヘッドライトやテールランプの交換、ワイパーの交換なんかは、ネットで調べればわりと簡単に自分でできちゃいますし(google先生はすごい)、もちろんメカニックに持っていけば在庫もあるのですぐに交換してくれます。

 

 

<裏ワザ> 

先日、私の現在の愛車の走行距離が90,000マイルを越えた頃、運転中やブレーキをかけたときになんとなく小さい振動を感じるようになりました。

オイル交換先のFire Stoneに持っていったところ、15ドルで査定してもらい、原因は”Motor Mount”が劣化してきているとわかりました。

グーグル先生で調べてみると、これはエンジンを車体に固定するかなりvitalな部分らしい。

 

estimate(どれくらいかかるか)をもらうと、labor(労働)とpartsで軽く1000ドル超え・・・・げげげ。

 「ちょっと今すぐはできないから、また持ってくるよ」

と言って、帰ってきました。 

ここで私がFirestoneにその場で修理をしてもらわなかったのには理由があります。

なぜなら、もっと安くやってくれるメカニックを知っているからです。

 

私の御用達のメカニックは、ジョンという名前のベトナム人。

サンディエゴでも、あまり日本人が行きたがらない(?)エリアにショップがあるのですが、とにかく安いし速い。

Firestoneのようなチェーン店や、ディーラーの修理部門より半額以下ですし、だいぶ前にやったサスペンション交換の費用はなんと4分の1。(おいおい、ぼったくり・・・?)

ディーラーなら、「○日の○時に来てください」と指定され、丸一日(以上)車がないのでローナー(loaner)と呼ばれる代車にお金を払い・・・ともうお金が水のように流れ出るところ。笑

基本的に、ディーラーの修理部品の在庫はかなり限られています。なので、どこが悪いのか査定して、純正部品をオーダーして、修理に持ち込んで・・・となると時間もかかります。日本車やドイツ車などの外国車だと、純正部品を本社から送ってもらうこともあり、もうこうなるとその郵送費やらなんやらが全て上乗せされます。なので高いんですね。

 

「コンピューター制御系はできないけどね」というジョンは、パーツもPep Boysやオンラインで安く買ったものを持ち込めば、すぐその場で直してくれます。

このジョンのおかげで、私はいくらお金をセーブしたかわかりません。あ~ありがたや。

技術の質という意味では、某ドイツ車ディーラーの若いメカニックたちには失望しましたが、ジョンは別格の経験があるので比べ物になりません。

 

 

そんなわけで、私の裏ワザは、

  1.  Firestoneやディーラーなど車のデータベースがあるショップで査定(inspection)と診断(diagnosis)をしてもらう
  2. 実際の修理は安くて良質のメカニックに持っていく

 これでかなり自動車への出費は減ります。

また、オイル交換を始め、タイヤを買うのも、スモッグチェックをするにも、色々な場所でクーポンがあるのがほとんど。まずはやっぱりグーグル先生に聞いてみましょう!

そういや昔、スモッグチェックに持っていったメカニックがこれまたベトナム人家族で、「うちの姪っ子に似てるね~」と言われて5ドル割引してくれたのを思い出した・・・。笑

 

この「セルフ車検」のアメリカで10年間運転してきて学んだことは、「これは直すべきだよ」と言われたら、早めに直しておくべき。「まぁ大丈夫だろう」とたかをくくっていると、それがなおさらひどくなり、結果として2倍、3倍の出費になります。また、毎回メカニックに持っていかなくても、車や機械にちょっとでも強い人を周りに見つけておくと良いかもしれません。

 

実は私の夢は、自分と同い年のポルシェを買って、自分でメインテナンスして乗り回すこと。笑

これもいつかはコミカレで、オートメカニックのクラスを取りに行きたいな~なんて思っています。

 

アメリカで車のメインテナンス” への12件のフィードバック

  1. えりなさん、これぞ、アメ10にぴったりのためになる情報!ありがとうございました。もっと前にこんなにきっちり説明を日本語でうけていたら車について「にがて」「めんどくさい」感覚は少なくなっていたでしょうね。今はだいたいの知識はありますがおかかえの日本人メカニックハコさんにお任せです。ちなみにメカニックのクラスはクヤマカカレッジで受けられますよ。

  2. Mikaさん、コメントありがとうございます。

    私が車を買ったときは本当に無知で、今考えたら怖いくらいです・・・。車は命にかかわることですから、ある程度の情報を持つことは大事ですね。
    前回は何を交換して、今回は何が必要か、というのも自分できちんと読む
    ようになりましたし、Firestoneに行けば、自分の車のデータがきちんと管理されているので、すごく楽です。

    クヤマカにもメカニックのクラスがあるんですね!シティにもあるんですよ。メサにもあったかな?
    こんなことも勉強できるコミカレは本当に素敵ですよね。

  3. Erinaさん初めまして。

    日本で自営業で車屋をしています。
    日本ではオイル交換が3000㎞又は6ヶ月とよく言われていますがそれは車社会のアメリカではどうなんだろう?と思い、ヤフーで「アメリカ、オイル交換」と入力するとErinaさんのブログが出てきました。

    だいたい交換時期的には同じぐらいなようでおかげさまで疑問が一つ、解決できました。

    せっかくなので日本車の部品で必要なものがあれば教えて下さい。
    良くある部品などはアマゾン等の方が安いかもしれませんがどうしてもない場合はお役に立てればと思います。

  4. こうすけさん、こんにちは!
    コメントありがとうございます。
    お~、日本のプロの方だ・・・。

    お役に立てて嬉しいです。
    そうですね、目安は3,000マイル、または3ヶ月と言われています。
    3,000マイルはキロにすると4,500キロに相当するので、ここでもアメリカは車社会ってことがわかりますね。

    そういえば私のオイル交換もそろそろでした・・・。

  5. Erinaさん、はじめまして。
    アメリカ4年目。まだまだひよっこです。
    ブログ、時々覗かせて頂いています。
    自分のブログに、車のメンテナンスのまとめでも書いてみようかな、
    と思っていたら、この記事を見つけました。
    ちなみに、記事にはしませんが、
    ジョンさんのお店って教えてもらえないですか?

    それから、ブログにリンクを貼らせて頂いてよいでしょうか?
    よろしくお願いします。

  6. Erinaさん、はじめまして。アメリカに来て一週間、車を買おうと思っています。タイヤ交換もジョンのお店でするものなのですか?それとも自分でするものですか?すいません。何もわかってなくて

  7. Toshiさん、こんにちは!
    アメリカにいらっしゃ〜い。

    ジョンのところではタイヤは売ってないので、タイヤ屋さんに行きます。
    Discount TireとかEvans Tire、Firestoneなどがタイヤ屋さんです。

    タイヤ交換する時は、Alignment(アラインメント)をしないと、まっすぐに走らないので、別料金(100ドルくらい)でしてもらう必要があります。
    私はFirestoneで無制限アラインメントを150ドルで買ったので、6ヶ月ごとにアラインメントをしてもらっています。毎回、同じショップに持っていく&同じ車をしばらく乗るなら、これはかなりおすすめです。

  8. erinaさん、早速ありがとうございます。
    明日craigslistで見つけた中古車を見に行きますが、144K mileと相当走っているみたいです。感覚が違うのかもしれませんが、なんか不安ですね

  9. toshiさん、お返事が遅くなってごめんなさい。

    そうですね、こちらは日本に比べて、相当走りますからね。
    人にもよりますが、1ヶ月で1,000マイルくらい、1年で12,000~15,000マイルと考えると、10年ものの車はだいたいそれくらいになるんですよね。
    日本車なんか200,000~250,000マイルくらいは大丈夫と言われてますが、故障が増えて、修理代もかかってくると、みんなやっぱり買い換えますね。
    私もアメリカに来て13年、今は4台めです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です