アメリカのお医者さん良いなぁ♪♪ 【歯科医編】

こんにちは。Maki-Kです。
前回の小児科に続いて、今回は歯科医です。

前回の最後のほうのコメントでアメリカのお医者さんはサービス業です、なんて話の流れでしたが・・

私がこの「サービス業」を実感するのが、歯医者さん。

先日行って来ました。歯が痛くって・・・。

歯医者さんに行くのが好きって人はあんまりいないかもしれませんが、私もアメリカで歯医者さんに行くのが怖くて(痛いのいやだし、英語も不安だし、何より高額な治療費が怖い…)、初めてアメリカの歯医者さんに行ったのはアメリカに住み始めてかなり経ってから。歯が痛くて仕方なく・・・。でもいざ行ってみたら快適快適。歯医者さん好きになっちゃいました。今日はその歯医者さんの紹介。

まず予約時間に行くと、受付での挨拶もそこそこにすぐ治療台へ。
ここ、待合室に見たいなと思う雑誌が置いてあるんですがそれを読む機会がほとんどないです。いつも待ち時間ゼロ

治療台に座ると・・・「リップクリーム塗りますねぇ~」と唇にリップを塗ってくれます♪ それからドクターが来るまで待ってる間何かみたい番組ある?と聞かれ、目の前のモニターで自分の好きなテレビ番組を見ながらしばし休息♪

そして実際の治療が始る前に、目を保護するためにゴーグルをはめます。これも最初はびっくりしましたが、ライトはまぶしいし、口の中から色々飛び散ってくるから、なるほどなぁ♪

レントゲンの結果、今回の私の歯の痛みは虫歯ではなく、歯茎が後退してエナメル質のない歯の根元のほうがむき出しになり、そこの神経に歯ブラシが当たったりして痛いということが判明。虫歯でなくて良かった。。。っとほっとしたら、実は他の場所が虫歯になってまして。しかも二ヶ所も。さっそく治療してもらうことになりました。とほほ。

さて、アメリカの歯の治療は無痛です。アメリカでは痛みを感じちゃいけないんです。彼らはそう信じてます(アメリカ人の痛みに対する考え方はまた別の機会に。もしかしたらErinaさんが詳しく書いてくれるのではないかと期待・・・)。
なので、ちぃぃぃぃぃ~さな虫歯でも神経に触りそうな時は麻酔をかけます。
ということで私も麻酔をかけられました。右上1本。右下3本(麻酔が効きにくい体質なんです)。

この麻酔をかけるときに、へぇ♪なのが、麻酔をするための麻酔
麻酔の針を刺すところが痛くないように、その部分を麻痺させるジェルのようなものをまず塗ってくれます。そしてその部分が少し麻痺した後に麻酔をぶちゅっ!・・・・なーーーんにも痛くありません♪

そして麻酔が効いてくると治療が始ります。

口を大きくあぁぁぁ~ん。
って、あごが疲れますよね。なので、あごを休められるように口に突っかえ棒のような器具をはめられます♪。。。いやでも、これはサービスが良いというべきなのか・・・。無理に口を開けさせられて拷問のような感じがしないでもないです。

きぃぃぃ~ん、きぃぃぃ~ん、きぃぃぃ~ん、うぃぃぃ~ん、うぃぃぃ~ん、うぃぃぃ~ん。

歯を削るあのいやな音は、日本もアメリカも変わらないです。

でも麻酔が効いてるからへいきだもーーん。口も自分で開けてなくていいもーーん。

先生のアイメイク上手だなー、なんて先生の目元を観察しながら(女の歯医者さんです)治療終了。
痛みを感じないと歯の治療の不快感はかなり軽減されるものですね。

「三時間くらいは麻酔が効いてるから食事はしないでね。どーしてもお腹がすいたらスムージーをストローで飲んで。無理に食べると口の中を知らない間に噛んで血だらけになるから~」なんてアドバイスされて帰ってきました。夜ご飯の時間になっても麻酔が切れてなくてストローで私が飲んだのはビールでしたけど。

今回は定期健診とクリーニングも兼ねていたので、帰りに歯磨きセットをお土産にもらいました♪

と、こんな感じのかなり快適なアメリカでの歯の治療なのです。

ここ五年くらい日本で歯科にかかっていないので最近の様子が分からないんですが、最近の日本の歯医者さんのサービスはどんな感じなのでしょう??歯医者さんの話を聞いていたら、行きたくなってきましたか?(そりゃないな。)

ちなみにこの日のクレジットカードでの支払い額240ドル。あいたたたた・・・・。
治療費にも麻酔かけてくれぇっ!! 

アメリカのお医者さん良いなぁ♪♪ 【歯科医編】” への4件のフィードバック

  1. 私、ものすごく虫歯持ちなんです・・・恥ずかしいことに。
    一日3回以上、食後やスナック後に歯ブラシ&フロスしても虫歯になるので、これは「体質だ!」と思うことにしました。笑
    アジア系は、アメリカ人に比べて、エナメルが弱いとか聞きましたし・・・って言い訳か?旦那はあれだけしか(しかもかなり雑な)歯ブラシでも全然虫歯にならないし、うらやましい限りです。

    ってそんなことはおいといて、私もアメリカの歯医者はすごいな〜と思うばかりです。アメリカ人の歯にかける情熱もすごいですよね。私もこっちに来て矯正しました。あとは、そのうちに、日本からの銀歯を全部ポルセリンにしたいです。
    でも高い!治療費がものすごいから、うかつに「それも治しちゃって!」って言えないところが辛い。お財布と相談しますってまず言います。
    「保険のあるうちに治しちゃいな!」ってよく言われますよね。
    本当に、なんとかならないのでしょうか、歯医者の治療費・・・。

  2. >Erinaさん
    やっぱり日本人は虫歯になりやすいんですよね。うちも夫は今まで虫歯は一本しかなくて、それが一生の不覚・・・って思ってます。
    私は銀歯×2、ポーセリンにしましたよ。虫歯になって仕方なく。。一本はないはずの神経が残っていて神経もこっちで抜きました。全部で治療費1500ドルくらい払ったかな。保険でカバーしてこれですからね。。歯の治療をカバーする保険を持っていなくて、わざわざ日本に帰って歯の治療する人がいるのも理解できますね~。

  3. Maki-Kさん、

    歯医者って高いですよね、ほんと。半年に1度チェックアップに行ってますが、X線で調べてもらって何もないとわかると、本当にホッとしますよ。先回は、虫歯が1本見つかって。保険を使っても100ドルくらい取られたかなぁ。

    食後は必ず歯磨きをしましょう♪

  4. >Masaさん
    入っている保険にもよるんでしょうが、虫歯一本100ドルってのが相場でしょうか・・・。
    もうそれくらいじゃ驚かなくなってる自分が怖い・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です