アメリカのジャパレス

お久し振りです。Norikoです。

皆さんアメリカで日本食レストランに行って、「え!?」とか「何か違う」  という経験をされた事がありませんか。

今回はアメリカのジャパレス(ジャパニーズレストラン)について、調理師として海外で働いて約10年、自身の経験と感じた事を書きたいと思います。

 

客として来店。

焼きうどんは分かるけど、焼き蕎麦?をオーダーしてみたら、蕎麦をズッキーニと人参と一緒に照り焼きソースで和えた物が出てきたり、

カツ丼を頼んだら、「カレーはかけますか?」と聞かれ、つい、「はい」と答えたら、ご飯の上にブッロコリー、カレー、カツ、目玉焼きが順番に乗った丼物が出てきたり、

炒め物には必ず何らかのナッツが入っていたり、

味噌汁の具にマッシュルームがプカプカ。

こういう場合、大概はオーナーさんがアジア系の非日本人。

彼らは実際に日本食を食べた事が無いと思われます。

何処からか仕入れた間違った情報を元に、自分の国の似たような料理と合体させたオリジナルを作り出していると思われます。そして不思議な事にこれらは日本食と思わなければ、なかなかイケたりするんですよね。

 

日本と一番違うのは、オーダーの際にカード状、又はメニューが書かれた一枚の紙を渡され、注文したい物をチェックしてウエイトレスさんに渡すと言う方法です。

こうすれば確かに、注文の伝え間違いが減るし、お客様側が間違っても指摘する事が出来て一石二鳥なのでしょうね。

初めてこの方式の店に行った時、何も知らない私は渡された紙がただのメニューだと思い、日本人のウエイトレスさんに日本語で「鍋うどん」をオーダーしたのですが、受け付けてもらえず、説明を受け自分自身でチェックさせられ、ようやく注文完了。紙と時間の無駄では?と思ってしまいました。

 

 

日本人だと言う理由だけで寿司の世界に足を突っ込んだ私ですが、さすがに先生方は全て日本人。男社会の中に放り込まれ、辛い思いもしつつ何とか今までやって来ました。そんな私がアメリカのジャパレスの調理場で驚いた事。

 

その1 魚が冷凍!

寿司に使う魚はその日に仕入れる。が常識だったのでこれは本当に驚きました。まあ、私の住む場所の所為もあるんですが、お客様から寄生虫予防に冷凍させた魚を使っていますか?と確認された時、そういう考え方もあるんだと妙に関心。

 

その2 海苔は半分に切って使う!!

巻物は、太巻きか細巻き。ではなく、アメリカのジャパレスでは裏巻きが主流。

海苔が嫌いなお客様が多い、見た目が綺麗じゃない。そんな表向きな理由の他に裏巻きにこだわる理由は、(これはあくまで私の当て推量です。)ご飯の量が細巻きより多いので、半分の海苔で大きな巻物が出来る。巻物初心者が作っても失敗が目立たない。があるのではないかと考えます。

 

その3 定番商品!!!

アメリカのジャパレスでは、日本で言うかっぱ巻き、鉄火巻きの様な何処の店に行ってもあるだろう巻物定番商品があります。

裏巻きで、

  • アボカド、カニカマ(本来はかに)マヨネーズの入った〈カリフォルニアロール〉
  • 薄切りアボカドを並べて乗せて、青虫に見立てた〈キャタピラー〉
  • マグロ、鮭、エビ、アボカドなどをカラフルに並べて乗せる〈レインボー〉
  • 何がしかの香辛料を混ぜ辛くしたマグロ巻きの〈スパイシーツナ〉

店によって中身に違いはあると思いますが、多分この4品はアメリカ全土共通といっても過言ではないでしょう。

 

その4 日本では見ない巻物の中身!!!!

アメリカでは、よっぽどの日本通、あるいは寿司(魚)好きな方でない限り、寿司=巻き物であって、海苔が嫌い・ご飯が嫌い・魚が嫌い。な方も多いのです。(この3つを抜いたら寿司では無くなってしまいますね。)

そんなお客様の為、巻物にいろいろな材料が使われるようになったのでしょう。アボカドは殆どの巻物に使われます。エビや野菜の天ぷら。裏巻きにまぶす揚げ玉、クリームチーズ、スモークサーモン、海苔の代わりの大豆シート、色とりどりの飛びっ子。意外と揚げ玉とクリームチーズは寿司飯に合うんですよ。是非お試しあれ。

 

その5 それ違ってない!?!?!?

これは、あくまで私が働いているなかでモヤモヤしている事なんですが、うちのオーナーは日系3世。短期で日本に暮した事もあるそうです。地元でジャパレス開業20年以上の実績で、今年の【カウンティ内で最もディナーに最適な店】人気投票第一位。

文句を言う訳では無いのですが、なんか納得がいかない。やっぱり何かが違うんです。例えば、桜でんぶを〈おぼろ〉と呼び〈おしんこ〉は沢あんの事。山ごぼうや浅漬けキャベツも出してるのに・・・。ボタンエビは〈甘エビ〉では無いと思う。赤くて細いエビの事だと思っていたけど、甘いからいいのかしら?

極めつけは、あるお客様のお言葉。「私は今まで、いろいろな場所で寿司を食べてきた。もちろん本場の日本にも行った事がある。でも、何処よりもここの寿司が最高だ。」

 

そうか、アメリカのジャパレスって、日本食では無くて、アメリカ人好みの「日本風アメリカンフード」なんだな。

うちの店で出している季節もののトロ
うちの店で出している季節もののトロ
刺身盛り合わせ
刺身盛り合わせ

 

アメリカのジャパレス” への1件のフィードバック

  1. norikoさん、
    今日、はじめてこちらのサイトを見つけて、lone pineに日本人が住んでいるのに驚きつつ、一気に記事を読みました。大変興味の深かったです。

    私はイースタンシエラが大好きで暇さえあれば良く行ってました。lone pineまでは数度しか行ってませんが。この夏にもまた行きたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です