アメリカの砂糖

アメリカの砂糖

たった今、ふと思いついたことがありますので、それをメモしておきます。

ひじょーにしょーも無い話ですので、読み飛ばしていただいても結構です。

 

私は、結構料理が好きで週末によく作ることがあるんですね(皿洗いはあまり好きではありません。ディッシュウォッシャーがすべてやってくれますから楽です 笑)。ピュアな日本人ですから、だいたい作るメニューも日本料理になります。

根が技術屋ですから、レシピにとらわれず、あーでもないこーでもないと、自分の舌を頼りに作ることが多いです。

お客さんが来る場合には、結構レシピどおりに作りますが、日本のレシピに合わせて作る場合に、個人的に困ることがあります。多分、困るのは私くらいだと思いますけどね。

それは、

砂糖

アメリカで生活していらっしゃる方、あるいは、生活経験のある方は、すでにご存知ですが、アメリカの砂糖は、

グラニュー糖

日本で喫茶店のテーブルの上に置いてある、あの、つぶつぶ、さらさらの砂糖です。世界的にも、「砂糖」と言えば、「グラニュー糖」のことを指すらしいですが、アジアの一部では、ちょっと違っているようです。

日本で料理に使われる砂糖は、「上白糖」と決まってますよね。

上白糖はグラニュー糖と比較すると、甘みが強いらしいですね。

 

で、何が言いたかったかと言いますと、メニューどおりに日本料理を作っても、味がビミョーに変わってくるんです。私の舌が肥えすぎてるからですかね(笑...そんなことありません)。

お菓子を作る場合は、グラニュー糖を使うことがほとんどですから、特に問題はないのですが、料理にグラニュー糖を使う場合には、少し気をつけなければなりません。

 

さてと...何か作ろうかなぁ... 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です