アメリカの給料と日本の給料ってこんなに違うの?

アメリカと日本の給料差

こんにちは、Masaです。随分ご無沙汰してしまいました。

 

さて、最近、日本のある大企業からアメリカ法人に出向されている方と日本とアメリカの給料の違いについてお話をする機会がありました。

なので今日はそんな話を少し。賛否両論あると思いますが…。あくまでも私見です、はい。

今、日本で四大卒の初任給はいくらくらいでしょうか?院卒の初任給は?

 

学卒で月給22万円、院卒で26万円くらいだそうですね。

これを基準にして、年収を計算してみましょうか。

 

学卒:
22万円 X 12ヶ月(月給12ヶ月分)+22万円X4ヶ月(ボーナス)=352万円

院卒:
26万円 X 12ヶ月 +26万円 X 4ヶ月=416万円

 

ボーナスは少し多いかもしれませんが、夏冬合わせて4ヶ月としました。

もちろん企業によってもこの額は変わりますし、職種によっても変わってくるかもしれません。

これをみて、意外にもらっていると思います、それとも少ないと思います?

では、次にアメリカの大企業の平均初任給の年収です。

 

学卒:
年収 $50,000=540万円

院卒:
年収 $65,000=700万円

 

アメリカの場合、職種によってかなり変わりますし、州によっても変わるし、出身大学によっても大きく変わるので、一概にこれ!というのは難しそうです。

日本の場合と随分違いますね。

 

日本の初任給のレベルは、世界的にみると、上から数えて20番目くらいだそうです。日本よりも上には、韓国とか中国がいるようですよ。アメリカの場合は、上から5本の指に入るとか。

 

なぜここまで差ができるのか。繰り返しますが、あくまでも私見です。

 

日本の場合は、大学や大学院を卒業した人達がいっせいに就職し、企業が彼らを育てます。なので、企業側からみると、新入社員はほぼ同レベルとして扱います。なので、給料は一律同レベルなのではないかと。この初任給、90年代以降は頭打ちのようですね。

 

もちろん、現在は、日本でも例外はたくさんあるようですが。つい最近、ソニーが新卒に年収700万円の給料を支給するとして話題になったみたいですね。ですが、この700万円は特殊な技術知識(AIだったかな)を持った新卒に支給されたとか。

 

アメリカでは、企業が大学卒業者をある時期にまとめて採用すると言うことがほとんどありません(という理解です)。現に卒業式が行われる5月、6月に企業への就職が決まっている学生は、50%くらいとか。日本の場合は95%以上の大学生が就職しますよね。

 

なぜそんなことが起こっているのか。アメリカの企業は、とにかく「即戦力」を雇おうとします。新卒を雇って、それを育て上げるということはしません。時間の無駄になってしまうから。

 

なので、この新卒の50%の企業就職者は、学生時代から企業でインターンをして、自分自身で能力を付け、ある程度の職務経験を付けた人たちといってもいいかもしれません。それくらいしないと、大学を卒業していても職にも就けません。

 

で、企業側はとにかく即戦力を求めているので、高い給料を支払ってでも、一流大学の一流の学生を採用しようとします。もちろん職務経験があれば、なおさら。なので、当然、彼らの年収もありえないくらい高くなります。

 

私の知っている若者で、入社3年目(25歳)で日本円で1000万円超えが何人もいます。また、超一流大学出身(ハーバードとかスタンフォードとか)の新人が、いきなり軽く1000万円超えの初任給を手にするとか。

 

ま、アメリカ企業はそれくらい超優秀な人間を高額で採用して、実戦で使っていくんでしょうね。

 

もちろん、採用したら放ったらかしではなくて、日本のように「教育」もあります。強制的なものもたくさんありますし、興味があれば受けてよし、のようなものもあります。

 

で、この日本人出向者の方と話をしている時に、この日本とアメリカの給料差のことをふと思ったんです。

 

日本人出向者さんは、日本目線で給料を見てるわけで、日本で二人分の給料をもらっている人たちだから、二人分以上の仕事量をこなすべきだろう…と。

これ、どうなんですかね。

 

わたし個人的には、給料のレベルで、その人のレベルを判断することがナンセンスなんじゃないかと思ったりしています。

 

「これくらいの給料をもらっている人のレベルは、これくらいのはずだ」

 

ではなくて、

 

「これくらいのレベルの人は、これくらいの給料をもらう」

 

と言う考え方なんじゃないかと。その給料が、日本とアメリカとで違うってこと。

 

確かにアメリカでも、「え?このレベルでこれだけの給料もらってるの」と言いたくなる人もいますけどね(と自分のことを棚に上げて言う)。

 

て、ことで今回は給料の話をしてみました。 

アメリカの給料と日本の給料ってこんなに違うの?” への2件のフィードバック

  1. 日本は家賃、水道光熱費を含めた生活費がアメリカよりは低い印象があります。経験上、中西部の中規模都市の居住にかかる生活費は、日本の中規模都市の居住にかかる生活費と比較して、家賃で1.5倍、水道光熱費で1.5~2倍ほどかかる印象があります。きっちり家計簿を付けていたわけではありませんが、食費も1.2~1.5倍ほどかかるように思います。また、保険は購入できるものの、医療費も基本的に高額です。財産の築き方、個人資産についての考え方、老後の生活と老後の備えも、日本とアメリカでは状況が異なると思います。あとは経済成長率の違いなどもあると思いますが、いずれにしても、「これくらいのレベルの人は、これくらいの給料をもらう」を決める要因は単純ではないと思います。

  2. Rainさん、ご訪問、コメントありがとうございます。

    おっしゃるとおりですね。アメリカだと、例えば、ミシガンとカリフォルニアでも、給与レベルは違いますよね。おっしゃるようにその地域の物価指数によって変わってきます。

    日本とアメリカの給与レベルを比較すると確かにそうですが、給与額によらず、考え方として、
    日本では、これくらいの給料をもらってるからこれくらい期待されてもおかしくないだろう、と考え、アメリカでは、これくらいのレベルの人がもらう給料はこれくらいだろう、と考えるんじゃないかなと。

    説明になってないかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です