アメリカの肥満は深刻

788291_weighing

ちょっと衝撃的なニュースを見たので、シェアさせてください。


タイトルはこれ


US survey shows southern counties most obese


「サーベイによれば『でぶ』は南部に非常に多い」


アメリカでは、肥満が深刻な社会問題になっています。


どのくらい深刻かと言うと、記事にもありますが、アメリカ国民の26%が肥満だそうです。つまり、4人に1人は「でぶ」ってことです。


アメリカに来た経験のある方はご存知だと思いますが、「何食ったらここまで太れるんだ?」、「人間、あそこまで太れるんだぁ」と驚くような肥満の方々がたくさんいます。


その原因は明らか。食生活ですね。不規則な生活に栄養を全く考えていない食事。


アメリカのマクドナルドに行ったことのある方はご存知ですが、バーガーのサイズが日本よりも二回りほど大きいですよね。それに、あのバケツと見間違えるほどの大きなコップに入ったソーダ。さらに、日本の倍はあるポテトの量。それにたっぷりの塩をかけて、ケチャップをつけていただきます。


レストランに入れば、山盛りのマッシュポテトに、牛半頭分あるかと思うほどの大きなスペアリブ。デザートには、どんぶりに入ったチョコレートのたっぷりかかったアイスクリーム。


家に帰れば、冷凍庫に入っているポットパイをレンジでチン。アメフトをテレビで観ながらポップコーンにコーラのガロンボトル。


そりゃ、太りますわなぁ。


この記事を読むと、ケンタッキー、テネシー、ジョージア、ルイジアナ、ミシシッピなど南東部の地域で肥満が非常に多いとのことですね。


また、黒人は、白人よりも51%肥満が多く、ヒスパニックは、白人よりも21%肥満が多いと言う統計があります。


どうしてアメリカの南東部に肥満が多いのか、見えてきますね。


南東部は黒人が多い。


逆に、コロラドのボルダーやユタのサミットは非常に肥満が少ないようですね。寒い地域は肥満が少ないのでしょうか...。


下の図は、「でぶ」の分布を表しています。見にくいですが、南東部に黒が多いですね。


西側でも、ところどころに「真っ黒」がありますが、これはヒスパニック系でしょうか。


「白い」地域は、すべてが26%以下ではなくて、未調査の地域も含んでいると思います。

obesse

正しい食生活を送って、健康な体をキープしましょう。

 

アメリカの肥満は深刻” への2件のフィードバック

  1. カリフォルニアも南へ行く程。。。ですよね(笑)
    それにしてもなんで白?なんでしょ?

  2. エリチャベさん、毎度!

    そう、カリフォルニアも南に行くほど肥満が多くなるはずですね。メキシコなどのヒスパニック系が増えますもんね。

    メキシコから移民してきた低所得者層の方々、どうしてあんなに太ってるんだろうと思うことがあります。やはり食生活が不規則なのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です