アメリカの銀行で働くワーキングマザーのある一日

こんにちは、Erinaです。

 

今日は、アメリカの銀行で働くワーキングマザーのある一日を紹介したいと思います。と言っても、例になるのは私です。笑

アメリカ企業で仕事・子育て・自分の時間をどうやって使っているのか、書いてみたいと思います。

 

タイムマネジメント

 

今回、この記事を書いてみようと思いついて以来、自分がどうやって時間を使っているか、どこに意識をおいているか、少し考えてみました。

そこで気づいたのは、効果的なタイムマネジメントをするには、一日24時間の間に、いくつか「譲れないポイント」を置くこと。

自分の中では、「これは大事だから絶対に守る」というイベントが何かしらあるはずです。たとえば、見たいテレビ番組があるから絶対に家に帰るとか、習い事があるからその日は残業しないとか、色々とありますよね?

それを日常的なイベントに取り入れます。

 

私にとっての譲れないポイントは2つ。

 

譲れないポイント①:退社時間 5:00pm

特に、月曜と水曜は私が子供を6時までにピックアップしなければならない+ラッシュアワーの渋滞があるので、余裕を持って退社したいのです。

仕事の終わり時間を決めることで、仕事の効率は格段にアップします。ランチ時間を決めたら、午前中の仕事もはかどるかもしれませんね。

 

譲れないポイント②:子供のベッドタイム 8:00pm

これは、子供がベビーだった頃から決めた我が家のルールで、8時以降に親が大人の時間を持てるだけでなく、子供にとっても良いルーティーンになります。

 

 

そんなわけで、ある一日のスケジュールを書いてみます。

 

 6:30 AM  旦那起床・シャワー、ネコの世話と子供の朝ごはんを準備
 7:00  私のアラームが鳴る→スヌーズ(笑)
 7:15  起床・シャワー 同時に旦那は子供たちの出かける準備
 7:30  旦那出勤
 7:40  私と子供たち出発。学校は目の前なのですぐに到着。
 7:45  子供と学校のグラウンドを歩く(朝のジョギング時間)
 8:00  始業ベルが鳴る。子供たちが教室へ入るのを見届けて、私も会社へ出発。
 8:30  出社
 8:35  メールをチェック。緊急の用件があれば即対処。
 9:00  お茶を入れて、同僚と朝の挨拶。朝ごはん第一弾でオレンジを一個食べる。ローカルニュース(cbs8.com)、全国ニュース(cnn.com)、日本のニュース(yahoo Japan)をチェック。自分のメールとアメ10が動いているかチェック。
 9:30  前日の残りの仕事を忘れないうちに終わらせる
 10:00  今日はチームミーティングで、各自のポートフォリオのステータスを報告。3ヶ月以内に満期がやってくるローンをチェック。そろそろ準備を始めなきゃ・・・。年末もすぐだなぁ。アナリスト側のステータスと近況も報告。
 11:10  ミーティング終了。うわっ!いつの間にか11時過ぎてるじゃん。ミーティングがある日は時間が足りない。
 11:15  軽くお腹が空いてきたので、デスクでトーストを食べながら元の仕事に戻る。
 11:30  同僚がやってきて、午後に担保物件のOperating Statementの読み取り方を復習してくれるか頼まれる。
 12:30PM  あら、いつの間にかこんな時間。今日のランチは家から持ってきたハムサンドイッチをデスクで食べる。携帯でfacebookをチェック。
 1:00  「あ~、今日も外に出なかったなぁ・・・。」と思いながらストレッチして仕事に戻る。
 1:30  同僚がやってきて、Operating Statementをチェック。どうやって数字をはじき出すのか一緒に復習。
 2:00  黙々と分析資料であるタックスリターンとにらめっこ。
 3:00  眠気マックス。同僚のLoan Officerがやってきて、新しいディールを説明される。その上でどんな書類が必要か相談されたので、「これとこれはあるけど、あれとあれはないからリクエストしてください」とアドバイスをして、どういう分析をするのか戦略会議。ちょっと眠気が飛ぶ。
 3:15  トイレ休憩がてら、外の空気を吸いに行く。ブロックを一周。天気良いなぁ・・・。
 3:30  仕事に戻る。「これからが長いんだよなぁ。」
 4:30  「子供をピックアップ」のリマインダーメッセージがOutlookに出る。今日は水曜日か。よしよし。
 4:40  帰宅へのカウントダウンが始まる。大急ぎで今あるものを終わらせる。
 4:45  別の同僚Loan Officerがやってくる。「いつも帰り際で悪いんだけど、この分析ってどれくらい時間かかる?」と聞かれる。「う~ん、今日中は無理ですけど、残り時間でできることはやりますよ。」「明日はラホヤのオフィスに行ってるから、午前中にメールしてくれれば良いよ。僕も今日はもう帰るしね。明日中にパッケージを提出できれば良いから。」「了解。」
 5:00  退社。Maroon 5を車でガンガンかけて帰る。仕事モードから脱するのに必要な時間。
 5:30  子供を学校内の延長保育所でピックアップ。私を見て「マミー!」と走ってくる姿を見るのが、一日で最高に嬉しい。
 5:40  帰宅
 5:45  子供たちがシャワーを浴びている間に夕食準備。今日はアサリのスパゲティを作って、それに旦那が昨日作ったサラダ。子供たちはこれにアップルソース。今日はジムに行きたいので、ワインはなし。
 6:15  「お腹すいた~!」と子供たちがキッチンをウロウロし始める。うっとうしいので、テーブルセッティングを手伝ってもらう。
 6:20  いただきま~す。夕食を食べながら、今日、学校でやったこと、一番良かったことをシェアする。子供たちのノンストップおしゃべりは、やかましいながらも癒される。
 7:00  ごちそうさま~。テーブルを拭いて、子供たちがその日のプリントやら広げて、宿題タイム。長男は図書館から借りた本を2冊読んで、算数のプリントを一人でこなす。
 7:15  長女の書き取りを手伝う。彼女の注意力はまだまだ続かないので、すぐ飽きる。「あと15分頑張ったら、テレビ見られるよ」でなんとか終わらせる。
 7:30  旦那帰宅。そのまま宿題をやっている子供たちを見ながら夕食。
 7:40  子供たちは歯磨きと明日の準備を終えると、テレビを見に行く。旦那は皿洗い&子供たちの明日のランチとスナックを用意。私は洗濯機をスタート。
 8:00  子供たちベッドタイム。すぐには寝ないけど、とりあえず暗い部屋で静かになる。
 8:30  私は着替えて一人で近所のジムへ。旦那は子供をチェックしながら、カウチポテトモード。
 9:20  ジムから帰宅してシャワー。旦那と業務連絡。洗濯物を乾燥機に入れる。
 9:30  インターネット、ブログ記事を書いたり、読書。旦那は一人でテレビを見ている。この時間は、それぞれにリラックスできることをする自分の時間。
 11:00  10分くらい旦那と雑談して寝る。今日も一日お疲れ様。おやすみなさ~い。あ、洗濯物出してないや・・・ま、いいか、明日で。

 

 

・・・という感じで書いてみて気づきましたが、怒涛の一日ですね。

 

とは言っても、上のスケジュールが毎日なわけではありません。

私が子供をピックアップするのは週に2日のみで、残り3日は帰宅が早い旦那がピックアップし、私が帰ってくるまでに夕食も準備してくれています。その日は家族揃って夕食を食べられるので、とても重要な日です。今度はそっちのスケジュールのほうも書いてみようかな。

 

こう書いてみると、共働き家庭やワーキングマザーにとって、24時間という限られた時間のうちにやることは本当にたくさんあります。時間の流れに区切りをつけるためにも、「譲れないポイント」は大事ですね。

みなさんはどんな一日を過ごしていますか?

 

 

 

アメリカの銀行で働くワーキングマザーのある一日” への6件のフィードバック

  1. 素晴らしい!!こうやって仕事と家庭を両立しているんですね。それにしても忙しそうですね~。働くママはどのように息抜きをしているのか、週末を過ごしているのかも記事にしてくださいな~。

    私達はまだ子供はいませんが(欲しいので、まだ!と言っておきます。)、それでもなかなかタイムマネージメントが難しいです。私は細切れな仕事で、週5回日本語を教えている+翻訳+自分の授業で、移動時間とか準備を考えると時間配分がうまく出来ない事があって、もう少し余裕を持ちたいな~と言う気にさせられます。

    譲れない点を挙げるのは良い事ですね!それを基に他の事を合わせればいいんですもんね。Erinaさんを見習ってスケジュール見直してみようともいます!

  2. Erikoさん、コメントありがとうございます!

    会社勤めしているほうが、実はスケジュールってうまく埋まるんですよね。だって出勤時間も帰宅時間も決まってますから。
    逆に学生とか、フリーランスの人のほうが、タイムマネジメントは難しいだろうなっていつも思います。常に自分を、律する意識が必要というか・・・。

    忙しいと、逆に、無駄なことをやらなくて良いです。私は基本的にかなりレイジーなので、なにもないと一日だらけて終わります。笑

  3. Erinaさんこんにちわ。サンノゼ近くのベイエリアに住むさちと言います。こちらには住宅購入の記事からお邪魔するようになって、面白くて色々な記事を拝見しました。中でもErinaさんの投稿が大好きです^^
    ワーキングママの充実の1日!ご自身のことをレイジーと書かれていますが、夜もジムへ行ったり朝にもお子さんとの時間を持たれていたり、要領よくテキパキとされているのですね。(他の投稿からもそんな雰囲気が感じられます♪)見習いたい!
    加えて驚いたのが、旦那様の協力ぶりです!週3のピックアップ&夕食作りに加えて、朝は誰よりも早く起きて家族の朝食を準備したり、翌日の子供たちのランチの支度など!!我が家など夫がやってくれると考えたこともないかも。。。周りを見ても本当に、アメリカ人の旦那様は子供のこともしっかり分担するのが当然という風で、いつも羨ましく感じています。我が家含め日本人の旦那さんは(米国の企業で働いていても)、意識が、生活が、根本的に違う感じなんですよね。。質問ですが、旦那様はもしもErinaさんがお仕事されていなかったとしても、お子さんのことや家事など分担してくれる感じでしょうか?それともやっぱり共働きというのがあっての分担なのかな?もしよかったら教えてください。

  4. こんにちは。いつも楽しく読ませてもらってます。
    こちらの記事はどれも勉強になることが多く嬉しいです

    ご家族での団欒の時間、仕事の時間、一人の時間どれも大切ですよね。上手にスケジューリングされてらっしゃるなと思います。

    さちさんもおっしゃられてますように旦那さんも家事されるってのがいいですね。
    最近日本の夫婦間での家事分担に対し関心を持っていたところなのでタイムリーでした。(私は結婚してないんですが)

    日本は本当に男性が家事をするという意識がないので女性にとっては負担が大きいだろうなあと思っていました(専業だろうと働いていようと家事は大変だと思うので)
    女性が働くためには家事の分担も不可欠だなと感じるのですが日本ではそれを言うと妻失格のようなことを言われるのでやりづらいだろうな、と
    働いていてもほぼ全て妻がやっているというパターンが多いですしね。
    また私の友人は専業主婦なのですが、彼女が旦那さんに休みの日は家事を手伝ってほしいと頼むと「誰に養ってもらってるんだ。」と言われ全く手伝ってもらえなかったそうですからね
    日本はまだそんなこと言う人、そういう考えの人がたくさんいるんだよなあと思います
    男性だけではなく女性も多いです

    日本の意識が変わっていってほしいんですけどね

  5. さちさん、こんにちは!コメントいただき、ありがとうございます。
    いつも読んでいただき、ありがとうございます♪

    確かに、うちの旦那の家事協力はすごいと私でも思います・・・。アメリカ人男性の中でもかなり上位にランクインするはず。(笑)
    日本からやってくる家族や友人、特に日本人男性が見たら本当に驚くし、みなさん猛省して(?)、そして刺激されて帰られます。
    うちの主人は独身時代が長かったので、結婚前からもともと何でも自分でできる人でした。結婚してからもそのスタンスは変えず、むしろ自分で家事をやりたいみたいです。掃除とか料理とかは特に好きみたいで・・・。
    子供の頃から自分でなんでもやることをしつけされていたのかもしれません。

    二人目の子供が生まれた直後、私は仕事をしていない時期がありました。
    その頃、私の家事分担は確かに増えましたが、それでもあまり変わらず家のことはしてくれていましたね。
    プレイデートでお友達が来たら、ランチも作ってくれました・・・汗

    確かに、共働きというのは大きいと思います。
    物理的に、奥さんの体がそこにないわけですから、男性も家でやるべき仕事が見えやすいですよね。
    だからと言って、奥さんも仕事をするべき!とは私は思いません。

    今から旦那さんに家事協力をしてもらいたかったら、本当に小さなところから始めることをオススメします。
    「ちょっとお鍋だけ水につけておいて~」とか、「廊下の電球、替えておいて~」とか。
    で、やってくれたら、「あ!やっておいてくれたんだ!本当に助かる!ありがとう!!やっぱりこういう時に頼れるね。」って褒めたおします。女優になりましょう。妻業は女優業です。(笑)
    男性はこうやって頼ってもらえることで、「自分もこの家を作っている」という自覚が生まれるんだと思いますし、「なんだ、これくらいならいつでもやってあげるよ!」と思ってくれるはずです。

    自分でやっちゃうほうが確実で速いってこともあるんですが、旦那さんがやってくれるうちはやってもらおう!というのが私のスタンスです。
    一度、奥さんがやっちゃうと、「なんだ、俺じゃなくても良いんじゃん。」って思って、もうやってくれなくなる可能性があります。
    なので、とにかく女優になりきるのがキーです!(笑)

  6. 地球さん、こんにちは!コメントありがとうございます。

    そうですね、確かにアメリカは日本ほど「家事は女の仕事」と考える人は多くないかもしれません。
    でもそう言い切るのはやっぱり危険で、本当に個人差があり、結婚相手を選ぶ上で、仕事を続けたい女性はそれを見極める必要があると思います。

    私の職場にも、仕事をしていても家事はすべて奥さんが担当という人がいて、やっぱりそうなってしまったら、仕事で頑張ろう!っていう余裕はなかなか生まれないですよね。もう毎日を終えることで精一杯。

    そういう奥さんたちを見ていて(聞いていて)思うのは、やはり旦那さんに頼ってないというところも大きいです。
    「家事をしない男性が悪い」と責めるのではなく、女性もどうやったら家事分担をできるかを考えなければなりません。
    こういう女性って、みんな優秀で頑張り屋さんで、何でもできちゃうんですね。だから、他人(旦那さん)に頼らない人が多く、裏を返せば、「家事をやらせてあげてない」という印象です。
    「こうじゃなきゃいけない」「旦那のやり方じゃダメ」と旦那さんの家事協力に否定的だったら、男性もやっぱりやりたくないですよ。そう思いません?
    もともと、男性って結婚前に家事をある程度やっていた人は多いです。一人暮らしだったら、せざるを得ないですからね。
    だけど、結婚して、奥さんを家政婦さんみたいに扱ってしまうのは、奥さんが何でもやっちゃうというのも大きいと思います。

    男性に協力してもらいたかったら、女性は賢く振舞わなくてはなりません、とどこかの本で読みました。笑
    電球一個変えるのも、ママも実はできるのをうまく隠し、パパに上手にお願いすることで、パパは頼りになる!と子供からも慕われ、家族円満・・・みたいな感じでした。
    それを見て、息子は「パパはすごいな~!」、娘は「ママはすごいな~・・・」って言ってました。笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です