アメリカ企業の休日数

1124516_puzzle_new_year.jpg

先日、この記事「アメリカ企業で有休」で、アメリカ企業での一般的な有給休暇についてお話しましたが、今日は、「じゃぁ、アメリカ企業では年間何日くらい休日があるのか」についてお話してみましょうか。



アメリカ企業では、日本のように、年末年始、ゴールデンウイーク、お盆休みなどのような長期休日はありません。



ちょっと、うちの会社の来年のカレンダーを見てみますか...。



1/1、2 - New Year’s Day

2/16 - President’s Day

2/25 - Memorial Day

7/3 - Independence Day

9/7 - Labor Day

11/26、27 - Thanksgiving Holidays

12/24、25 - Year End Holidays




全部で10日間の休日です。この休日数は会社によっても変わってきます。お役所関係はこの日数よりも多いはずです。この日数よりも少ない会社もあります。



日本の場合は15日?16日くらいですか?企業の場合には、この他にもお盆休みとかありますね。



アメリカの場合には、先日もブログに書きましたが、長期休暇を取りたい人たちは、上の休日に自分の有給休暇をくっつけて、1週間とか2週間とか、長い人は1ヶ月ほどの休みを取ります。



うちの会社はヨーロッパ(ケンブリッジとか、コペンハーゲンとか)にもあるのですが、ヨーロッパはヨーロッパで独自の休日システムを使っています。あそこは休みが長い。3週間とか会社の休みがありますからね。少しうらやましいかも...。



さて、冬休みもあと1週間と少し。有意義に過ごさなくては。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です