アメリカ企業転職大作戦 実践編 レジュメを書く カバーレターは必要か

cover letter

ども、Masaです。

今回は、レジュメにつき物のカバーレター(Cover Letter)についてお話しします。前回の記事には、

「カバーレターなんぞ付ける必要はない!」

と書きましたが、まぁ、意味があるかどうかは別として(と言うと語弊があるかな…)、こちらの人たちは、こんな感じでカバーレターを書いている…ということについてお話したいと思います。

 

カバーレター…、日本ではどうでしょう…。カバーレターと言うものはあるでしょうか?履歴書の表紙になるものです。挨拶状とも言えるかな?

人によっては、このカバーレター、求職活動をする際に、レジュメと同じくらい非常に大切なものだと言います。なので、(私は書いたことはありませんが)一般的には書くべきなのかもしれません。

 

カバーレターは一般的には、以下がポイントと言われています。

  • 望んでいるポジションの職務内容を、カバーレターの内容と合致させる
  • 自分がいかにそのポジションに向いていて、自分を雇うことがその企業として最良の判断であることを、歯が浮くほどうまい言葉を使って書く
  • 将来の雇用主に、自分自身を良く知ってもらうことを目的として、必要に応じてポイント、ポイントを強調する
  • そのポジションに適していると考えられる、自分が持っている経験について書く
  • とにかく、自分が将来の雇用主に言いたいこと全てをうまくまとめて書く
  • そして...このカバーレターを見た採用責任者が、レジュメに自然に導かれていくことがカバーレターの最大の目的になる

 

カバーレターをまとめる際には、自分自身がその仕事に最も適した人材であることを売り込むことが重要になります。そのために、経験や、才能、そして能力など、新しい雇用主に知ってもらいたいことを書いていきます。他の候補者の中で抜きん出た存在になるためにも、出来る限り具体的に書いて下さい。

具体的に書く必要があるからといって、何ページにもわたって、ダラダラ書いては絶対に読んでもらえません。読む気が失せますからね。カバーレターが長いと、それだけで読むのに疲れてしまって、本題のレジュメを見る前にゴミ箱行きになる可能性もあります。

簡潔で、しかも、自分が応募しているポジションに関連したポイントをきっちりと含んでいる必要があります。雇用主が、自分がその職務に関して、どの程度の経験を持っていて、どの程度の専門知識を持っているのか、明確に分かるようにうまくまとめます。

 

カバーレターの中で、自分はそのポジションに関しての「専門家」になっている必要があります。雇用主が知っていなければならない、自分に関するすべての情報がうまく表現されていなければなりません。簡潔にですよ、簡潔に。

これらのことをうまく文字にして簡潔にまとめることができれば、採用責任者は、必ずページをめくって、本題のレジュメに目を移していくはずです。

 

グーグルで”cover letter”を検索すれば、たくさんのサンプルが見つかるはずですから、いろいろなサンプルを参考にして、ベストのカバーレターを作ってくださいね。で、レジュメといっしょにして、意中の企業に送付するとか、知り合いを通じてヒューマンリソース(人事)に出しましょう。

 

レジュメは大切です。でも、カバーレターもそれと同じくらい大切で、レジュメと同じくらい真剣にカバーレターを書く必要がある…と言います。

繰り返しになりますが、私は今までカバーレターを書いたことがありません。また、知り合いがレジュメを転送して来ることも多いですが、その中にカバーレターをつけているものはほとんどありません。

もしかしたら、職種によるのかもしれませんね。私のような技術系の人間は、カバーレターは必要ないのかもしれません。

知り合いを自分の会社に紹介する際に、会社の「応募システム」に知り合いを登録するのですが、そのシステムに、レジュメを読み込む機能はあっても、カバーレターを読み込む機能はありません。それは技術系の企業だからなのかもしれませんね。

技術系のポジションに応募する際には、カバーレターは必要ないかもしれません。付けても問題はありませんが、あまり出来の良くないカバーレターを付けるくらいなら、レジュメのみ出した方がいいと思います。

営業やマーケティングなどの非技術系のポジションに応募するさいには、カバーレターは付けた方がいいでしょうね。恐らく文章をまとめる力をカバーレターから見極めることもあるかもしれませんから。

 

がんばりましょう! 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です