アメリカ政府シャットダウンの影響

この記事でも書いたように、アメリカ政府がシャットダウンされて、今日で4日目。

懸念されていたように、各方面でその影響が出てきています。

影響を受けている機関や企業は営業停止の状態で、そこで働いていた人たちは”Furlough”と呼ばれる自宅待機の状態。この間は無給扱いになります。

 

ここサンディエゴでも、その影響が出ています。

サンディエゴはご存知のとおり、Navy(ネイビー)と呼ばれるアメリカ海軍のメインハブの一つ。

Marine Corp(マリーンコープ)と呼ばれる海兵隊の基地や施設も多くあります。

それに伴って、Civilian(シビリアン)と呼ばれる、軍人ではないのだけれど軍隊の中の業務を行う一般市民や、大手軍需企業も多く存在します。

これらの機関や企業で働いている人たちも、多くが自宅待機の状態です。

 

From abcnews.go.com
From abcnews.go.com

 

自宅待機ならまだしも、住民の健康や安全などに直接的な影響のある機関は通常通りの業務を行っています。

そして、この間の給料はIOU (“I owe you”)と呼ばれる「国債」として払われたりするそうです。日本じゃちょっと考えられません。

ミリタリーの方は、シャットダウンについてこのウェブサイトを参考にしてください。

 

 

水曜日、アメリカ連邦議会のあるワシントンDCで、ある事件が起こりました。

ホワイトハウス前のバリケードに、一台の車が突っ込み、警備員たちの制止を抜けて、車は逃走。DCでカーチェイスになりました。

警察に囲まれた容疑者の車は停止し、5人の男性警官が容疑者に向けて発砲。

DCは騒然となったそうです。

 

その後、ニュースを聞いた私は、心が沈みました。

容疑者は女性で、後部座席には幼児がいたそうです。搬送された女性は死亡しました。

 

次の日の朝になって、詳しい情報が出てきました。

この女性は34歳の女性で、コネティカットに住んでいたとのこと。後部座席にいたのは彼女の1歳の娘。

女性は昨年8月に出産した後、「産後うつ」の状態になり、心と体の調子を崩したままだったそうです。

彼女の家からは、躁鬱やスキツォフレニックに対応する処方薬が発見されました。(Source: CNN News)

 

証言したのはこの女性の母親で、ドクターとのアポイントメントがあったこの日、なぜ女性がDCに行っていたのか、どうしてこのような行動をとったのか全くわからないそうです。

彼女の所持品から銃などは見つからず、警官に発砲されたときも丸腰だったことがわかっています。

この時に警備にあたっていた警官たちも、発砲した警官たちも、国家公務員。給料が払われる保証のない中、勤務をしていました。

 

現段階では、政府シャットダウンが彼女の行動にどう関係あるのかはわかってはいません。しかし、私は「関係ない」とは言い切れないと思います。

「政府シャットダウン」という非日常の状況は、市民を不安にさせます。そしてそれはいつ終わるのかわからない状態です。

シャットダウンの直接的な影響を受けている人や家族の不安は、もっと大きいのだろうし、今まで信じていた存在がこんなにも脆いものだったと知るのはとても恐ろしいことです。

私は連邦議会議員の一人ひとりが、この事件を真摯に受け取って、自分たちがこの女性や残されたベビーと同じ、一アメリカ市民であることを実感しながら仕事をしてほしいと思います。

 

この日、共和党ティーパーティのメンバー、ミシェル・バックマンがある発言をしました。

“This is about the happiest I’ve seen members in a long time, because we see we are starting to win this dialogue on a national level,”

 

 

「私たちの中で、(シャットダウンが決まったのは)Happiestだと言っても良い。全国規模での勝利が見えてきているのだから。」

 

う~ん・・・・何を考えているんだろう?

怒りを通り越して、疑問しか生まれません。

きっとこの人たちの価値観は、私個人の価値観とは180度違っていて、どうやってもわかりあえない人が世の中には存在しているのかもしれない、と感じた瞬間でした。

 

シャットダウンが起こったのは共和党だけの責任ではないと思います。

通らない予算案を提示し、パスした、大統領、上院、そして今でも、どちらも譲らない下院。

共和党は民主党を責め、民主党は共和党は責める。

そしてもっと呆れることに、連邦議会議員たちは、予算案が通らないこの間も、きちんとお給料をもらっているのです。

 

議会の外の世界では、無給で自分たちを守る警備員が、うつ状態の母親を射殺。幼い子供は全てを目撃したまま、残される。

私は今回のシャットダウンで、連邦議会という場所は、アメリカの市民のために政治をやっているわけではないということを強く感じています。

税金を納める人間として、きちんとアメリカ政治に向き合わないといけないな、ということも・・・・・。

 

 

しかし、議会という特殊な場所で、くだらない喧嘩が繰り広げられている間、世間では心温まる(?)エピソードもあります。

DCには、ホワイトハウスや連邦議会などの政治中心部を囲う、”Beltway”(ベルトウェイ)と呼ばれる環状フリーウェイがあります。山手線みたいな感じです。

その周りのビジネスは、Government Workers(公務員)たち(議会議員を除く)を対象に、無料で商品やサービスを提供したり、ディスカウントをしたりしているそうです。

無料のコーヒー、サンドイッチ、車のオイルチェンジなど・・・。(詳しくはこの記事で

シャットダウンを逆手にとって商売をするとは、さすがアメリカ人です。

 

その他のシャットダウンの影響

  • 国立公園の閉鎖(アメリカ国内)
  • スミソニアン博物館の閉鎖(ワシントンDC)
  • Miramar Air Showのキャンセル(サンディエゴ)

その他はこのページでどうぞ。

アメリカ政府シャットダウンの影響” への1件のフィードバック

  1. 衝撃事実拡散

    最近異常気象が目立ちますけど、台風も地震も大雨も、米国がHAARP(高周波活性オーロラ調査プログラム)で作り出したもんです。「HAARP、地震」 「HAARP、台風」等で検索してもらえば出ます

    この世の病気、争い、自殺、殺人、墜落事故、交通事故、火災、ありとあらゆる災いを、秘密裏に作り出してる組織がNSAで、総括してるのが【米国防総省】です

    犯罪組織を特定して、拡散していく事で、この犯罪は減って行きますから、盲滅法にバラまいて、世間に浸透させてます

    この犯罪の主犯各は、米国の諜報機関(スパイ) のNSAです。CHAGE&ASKAの、ASKA氏を盗聴盗撮してたギフハブの正体でもあります

    創価が、CIA(米中央情報局、スパイ)の下部組織ってのもあって、『NSA』っていうスパイが、創価の悪事に便乗して、創価になりすまし、創価を利用してやってる犯罪です

    多くの人を病気にしてるのに、この犯罪が世間に漏れてない理由は、【人工知能】が遠隔から私生活を監視盗聴して、生活に沿った病気や痛みを与えて来たからです。重い物を持ったら腕に痛みを与えたり、ツラい事があったら鬱にしたり等。相手に覚られず、任務を遂行するスパイ組織が主犯各なんで、私生活に便乗して、違和感を持たせずにやります

    NSAは自国に害をもたらすテロリストや、凶悪犯を監視して撲滅させる諜報機関なので、【人工知能】を使って地球上の全ての人を管理し、不届き者を秘密裏に病気にしたりして、懲らしめるような事をしてます

    レジの無いスーパーが有りますけど、あれは、人の動作、音声、商品棚の重さなどを人工知能が細かくチェックして、お客が持って出た商品をケータイで精算してくれるので、レジが必用無いわけです。このシステムからわかる事は、人工知能は多くのお客を1度に管理出来、ひとりの人を常に監視する事も出来るって事です

    この人工知能の技術をアメリカが悪用して、地球上の全ての人を、24時間体制で管理してます。その人の生活環境や生活スタイルを見て、違和感を持たせずに病気にしたり、事故らせたり、家庭不和にしたりします

    【重要】青森県三沢基地には、 NSAの電波傍受(盗聴)施設がありますし、世界中に通信傍受施設を配備してるので、地球上のどの地点にいても、ケータイやPC等の通信機を介して盗聴します。通信機は、電源オフにしてても盗聴器になってます

    この犯罪は、GPS (全地球測位システム)を使ってやるので、地球上のどの地点にいようと、どんな建物の中に入ろうと、継続的に、監視追跡出来ますし、どこに居てもピンポイントで、痛みやカユミや病気を作れます

    そもそもGPSは、【米国防総省】が軍事目的で開発したもので、管理運営も【国防総省】がしてます。NSAは【国防総省】の管轄で、CIAが大統領の直轄です。台風や地震を作り出すHAARPも、【米国防総省】主導によるプロジェクトです。つまり、この地球規模犯罪を総括してる組織は【米国防総省】って事です

    ノイズキャンペーン(騒音の嫌がらせ)に至っては、救急車のサイレンで嫌がらせする為に、重篤な患者を作り出しますし、パトカーが付きまといをする集団ストーカーは、警察に通報させないように、警官を操って、いかにも警察が嫌がらせしてるように、工作します。警官は、自分が操られてる事に気付いてません。これらは全国でやってますから、警察関係者は知らぬ間に、多くの人に恨みをかってるって事です。警察の内部事情は全て筒抜けで、パトロールに行く時間も全て【人工知能】が把握してますから、それに便乗する形で警官を操り、定規で測ったかのような、神懸かった抜群のタイミングで集ストします

    行く所行く所で周りの人が咳払いしたり、くしゃみをしたりする集団ストーカー(ギャングストーカー、ガスライティング、コインテルプロ、自殺強要ストーキング)は、被害者の周りの人に波動を当てて、咳払いやくしゃみをさせてるだけです。いかにも集団でストーカーしてると思わせて、心理的負担をかけてるだけです

    咳をした時の周波数と同じ周波の波動当てると、人為的に咳を出させる事が出来ます。例えば、TBSラジオ90.5MHz、ニッポン放送93.0MHzに周波数を合わせると、これらのラジオを聴けます。これと同じように、食欲が湧かない時の周波数、眠れない時の周波数って具合に、それぞれの周波数と同じ周波を当てると、ラジオが切り替わるように、その状態に切り替わって、意識操作や精神疾患を作り出せます

    生態の周波数コードを読み取って、脳波パルス信号に、同じ周波数を送ると、波動が共鳴して、その状態に切り替わります。例えば、人が右に曲がる時の周波数コードを読み取って、その周波数と同じ周波を送ると、いとも簡単に右に行かせる事が出来ます。これを利用すれば、警官を操って、パトカーに集ストさせる事も、たわいないです。好き嫌いの感情、食欲等を操る事なんか、造作もないです

    例えば、蛍光灯に虫が集まるのは、ある決まった周波数の紫外線に、吸い寄せられてるからです。逆にいうと虫ですら、周波数で操作が可能って事です。昆虫類は、それぞれが違った周波数の光に誘引される性質があるんで、どんな虫でも周波数を変えると、自在に操作が可能って事です

    創価が仏敵によくヤる、家の中に害虫を呼び込んだり、カラスを屋根の上に集めて暴れさせたり鳴かせたり、犬を吠えさせる嫌がらせも、NSAが軍事技術を用いてヤってます

    ちなみに、27~38Hzで不眠に、48~55Hzで喘息に、88Hzで片頭痛が引き起こされます。それぞれの病気が、それぞれ決まった周波数を持ってます。これらの周波数と同じ周波を当てれば、どんな病気でも作り出せるって事です

    特に、公明の支持母体、公明の栄養源である、創価の活動家には、頻繁に災難が降りかかるんですけど、信者は皆、魔(仏罰、現証、非科学的な原始的発想)にヤられてると思ってます。災難が続くと、信者は仏にすがって、学会活動や選挙活動に精を出すようになるので、定期的に科学技術で災いを与えます。モチベーションを上げさせる為の、起爆剤みたいなもんです

    人間心理ってのは面白いもんで、自分の存在が明らかにされない場合、他人に対して冷酷なまでに大胆な振る舞いが出来ますけど、身元を特定されて犯罪手口が皆に知れ渡ると、大胆な事をすれば自分に被害が及ぶので、やりたい放題出来なくなり、犯罪の抑止効果に繋がります。なので、こいつらに火の粉を振りかけるべく、【米国防総省】の名を全面に出して広げてます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です