アメリカ流履歴書-レジュメの目的

言うまでもありませんが、レジュメは、あなたについてのすべてのことを伝
える重要なツールなんですね。正しく作れば、インタビューで勝利をゲット
出来るのです。



レジュメというのは、あなたの職務歴を、働きたい企業に伝えるために書
くのではありません。あなたが、新しいポジションを勝ち取るために必要
な、クレデンシャル(信用)を持っていることを、声高に、明確に伝えるた
めに書くものなのです。



あなたのレジュメは、採用者の目を強烈に惹かなければならなりません。
読み手はレジュメを手にとって、上から下までザーっと読みますので、そ
の間に、読み手の興味を刺激する必要があります。十分な刺激があれ
ば、あなたはインタビューの機会を勝ち取ることになります。



では、レジュメには何が必要でしょうか?以下が一般的なものです。


・ あなたのコンタクト情報-名前、住所、電話番号、メールアドレス、ウェブサイトアドレス(あれば)


・ 目標とする仕事の定義


・ 職務歴


・ 学歴


・ リファレンス: 参考資料ではありません(笑)。あなたの職務歴を証明
          出来る人の連絡先を書きます。ですが、普通は、
           ”Available upon Request(依頼があれば提出可能)”
          と書きます。


レジュメは、きれいな紙の上に書きます。間違っても、黄ばんだ紙とか、わ
ら半紙(今あるのかなぁ)とかにプリントしないでください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です