アメリカ流履歴書-採用者に感動を与える

まず最初に質問ですが、誰にこのレジュメを書くのでしょう?



当然、あなたの意中とする企業ですよね。



その企業があなたを採用するかしないかを決めると言うことは、あなたが
そのポジションにふさわしい人間であることを保証する全権限を、その会
社が持っていると言うことです。あなたが企業のために良い仕事をしてくれ
るかどうかが、会社にとっては重要です。だから、レジュメが必要になるん
ですよね?



逆に、あなたにとっては、自分がそのポジションにふさわしい候補者なの
かどうかが気になりますね。その企業が何を考えているか気になります。
ね?自分がその職務にふさわしい候補者になるために、どんな資質、性
格、スキルを持った人を企業が必要としているのかを知りたいです。



そのポジションに合いそうな候補者になりたいわけではなくて、そのポジ
ションに「ベスト」な候補者になりたいのです。ですよね?



ではぼちぼち書き始めましょうか。



まずはペンと紙を用意してください。...と言うのは昔の話。パソコンの
メモ帳でも使いましょうか。



で、あなたの狙っている企業が探している理想的な採用候補者が誰な
のかを明確に書いてみてください。普通は、企業の求人広告に
Job Description(「職務内容説明」かな?)として、いろいろと上げられ
ていますから、それをヒントにすれば、何か書けますね。



で、項目ごとに、自分のスキルや経験、あなたが持っているユニークな特
質、才能、仕事に対する姿勢にいたるまで、どんどん書き込んでいきます。
重要なのは、あなたが探している職務に関して、あなた自身が最高の人
材であることを物語るように、一語一語吟味しながら書いていきます。



えーっと、言うまでもありませんが、もちろん、英語を使ってくださいね。



やりにくい場合は、最初は日本語で書いていって、後で、英語に直しても
良いかもしれません。



後で、いくつかサンプルをご紹介しようと思っていますので、今のところは、
それほど心配しなくても大丈夫。



もし、あなたにとって、その求人市場が初めての場合には(多分そう言うこ
とはないと思いますが)、創作力を活かして、自分の生い立ちとか、あなた
のユニークな経験や資質を説明することも良いと思います。もちろん、その
企業が必要としているポジションに絡めてくださいね。



箇条書きで大丈夫です。とにかくどんどん書いていくことが大切。頭に浮か
んだことを即座に文字にするようにすれば、考えあぐねて、結局何も書けな
かった、なんてことにはなりませんから。で、後で、この箇条書きの項目を
文にしていきます。この「メモ書き」は後々、いろいろなところで役に立ちま
すから、捨てないように。



この続きは、また次回。

 

おすすめの記事
prev next

アメリカ流履歴書-採用者に感動を与える” への2件のフィードバック

  1. >で、あなたの狙っている企業が探している理想的な採用候補者が誰な
    のかを明確に書いてみてください。普通は、企業の求人広告に
    Job Description(「職務内容説明」かな?)として、いろいろと上げられ
    ていますから、それをヒントにすれば、何か書けますね。

    これは日本だと広告欄にある「〇〇資格保有者、〇〇経験者など優遇・・・」、のような条件のことですよね?これをもとに、企業が一番欲しいとしている人物を書き出すのですね。

    >重要なのは、あなたが探している職務に関して、あなた自身が最高の人
    材であることを物語るように、一語一語吟味しながら書いていきます。

    最高の人材・・・すごい言葉ですね(笑)。
    ここで、自分自身最高のストーリーを語っていくんですね。
    ドラマのように魅力的な主人公を演じるというわけですね。
    ここでは、文章力も問われるのでしょうね。

    >箇条書きで大丈夫です。とにかくどんどん書いていくことが大切。

    日本人って、「謙遜が美徳」な民族ですから、自分をアピールするのは多分慣れてないので余計に難しいのでしょうね。

    私はアピールするところがあるのかなぁ・・・。
    「真面目さとやる気」だけはあるのですがね・・・(笑)

  2. SAKU!さん、ありがとうございます。

    >〇〇資格保有者、〇〇経験者など
    日本の求人広告に書かれているものって
    かなり大雑把だと思うんですね。何でも当て
    はまっちゃうと言うか(笑)。

    アメリカの場合は、それがかなり具体的に
    書かれているんですよ。経験何年以上で、
    院卒希望とか。

    だから、それにあわせて書いていけばよい
    と思います。

    >日本人って、「謙遜が美徳」な民族
    その通りだと思います。

    でも、ここでは全く通用しません。間違って
    いても、正しくても、ガンガン自己主張して
    きますから。

    前も書きましたが、自分自身を良く知って
    アピールすることが大切だと思います。

    頑張りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です