アメ10な土曜日:ハリケーンサンディ

こんにちは、Erinaです。

これから土曜日は不定期で、変り種な記事を書いていこうと思います。

今回は、ニューヨークシティに住む、グラフィックデザイナー・エリチャベさん(純日本人)による、ハリケーンサンディのレポートを、彼のあいふぉん(iPhone)で撮った写真とともに紹介します。彼とのおしゃべり記事はこちら

先週、アメリカ東海岸全域を襲った、ハリケーンサンディ。

アメリカ各地でものすごい被害が出ました。でもここではニュース的なレポートはしません。何せ変り種なもので。

あいふぉんフォトグラファー・エリチャベさん(勝手に命名)は、サンディが通過した後に、シティがどんなことになっているか、11月1日の木曜日に探検に行ったそうです。

ではその様子を、彼の言葉とともにお届けします。

「サンディって誰のこと?オープンしてます!」というサインを掲げたバー。自家発電のあるビジネスは、こうやってオープンしていたそう。

確かにワインとかビールとか、停電になったら全部だめになっちゃうもんね。

エリチャベさんいわく、「酒屋はがんばってたね!」

 

ドライアイスを無料で配布中。

 

こういうすごい車もいたそうで・・・・軍隊?

 

真っ暗ですね~。自転車危ないなぁ。

 

エンパイアステートは電気がついてますね。自家発電あったんだ。でもこんなときにもついているエンパイアステートはなんかNYCの安心感かも。

同じくNY在住の、Ayaさんのエンパイアステートの記事はこちら

 

これはジェネレーター(自家発電機)をもっている人たちが、他の人に携帯などを充電させてあげてる「バッテリースポット」だそうです。へぇ~・・・・でも電話は使えたんでしょうか?

 

おなじみのサインを点灯させて商売中のスタンド。こんな中でも通常営業をしてくれてると、やっぱり住民の心は落ち着くね。

 

これはビフォーです。

で、サンディがきてどうなったかというと。↓

 

びっしりとpostitが。何が書かれているかというと。

 

こういうことが書かれていたそうです。

これは、スティーブ・ジョブズが亡くなったときのぱくりか?やらせか?とエリチャベさんは疑問に思ってるようですけど。

私は、この赤い字のスージーのメッセージが好きです。でもテスト勉強はしましょう。

 

 

最後にこれ。

これはエリチャベさんが撮ったものではないですが、彼が見つけてくれました。

強風の中、待機していた消防士の目の前で、崩れ落ちるビルの壁・・・。そこに駆け込む消防士たち。かっこいい・・・・・・。いやいや、そんなことは置いといて。

すごい風ですね。

雨はそれほどでもなかったそうですが、やはり風がすごかったそうです。

 

そんなわけでアメ10な土曜日の、ハリケーンサンディレポートでした。

 

Have a happy Saturday! 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です