アリゾナ州の見どころシリーズ1 ~モニュメントバレー~

こんにちは。Jun です。アリゾナ大好きな私が、「アリゾナやっぱり最高!」と思う事の一つとして、グランドサークルに行き易いという点が挙げられます。グランドサークルとは、レイクパウエルを中心に、半径230kmの円を描いたエリア。その中には景観の良い国立公園や国定公園、州立公園が点在しています。グランドキャニオンを始めとし、国立公園だけでも10ヶ所以上もあるし、国定公園や州立公園を入れたらかなりの数になるので、全てを巡るのはなかなか大変そうです。

そんな訳で、4日程度でもまとまった休みが取れる度にグランドサークルの一部を巡る旅をしていたのですが、夏のアリゾナは大変暑いので、歩きが入る所は却下。アーチーズやキャニオンランズもトレイルが多いので、暑い間は却下。
今回の休みは4日間、ユタの気温次第では、そのままモアブにも行けるように、いつもユタへの通過点だったモニュメントバレーに一泊する事にしました。

モニュメントバレーも定義的にはグランドサークルの中に入っていて、アリゾナとユタの州境にあり、ビジターセンタ等はギリギリでアリゾナにあります。
フェニックスからは車で5~6時間程度かかるので、ベガスやロスに行くのと同程度。結構遠いです…。その代わり、夏でもフェニックスのように47℃まではいかず、36℃程度なので、かなり過ごしやすい感じです。乾燥していると、体感温度はさほど高くないのです。

なので今回は泊まりで、ナバホ族主催のジープツアーに参加し、夕焼け(&朝焼け)を見る!というのを最初の目的に設定。
モニュメントバレーのごく近くには2つしか宿がなく、モニュメントバレー有料ゲート内にある「The View Hotel」は既に満室。最初に出来た「Goulding’s Lodge」にはまだ空きがあったので、そこを予約して、いざ出発。

モニュメントバレーのビジターセンタに入るためには最後に161を右折するのですが、その手前にナバホお土産村があります。以前来た時は、様々なお土産屋が軒を連ね、リーズナブルな価格でナバホジュエリーや工芸品が手に入るので、行くと必ず寄るスポットでした。
が…今回行ったら、殆どのお店がClose状態。数少ない開いている店を見たものの、全体的に値上がりしていて、お得感も無し…。店員さんに訊いたら「この時期、ゲームショーに行ってる人達が結構居る。でも基本皆適当に気が向いた時に店を開ける」との事。そして、お土産屋に代わって増えていたのが、「ジープツアーデスク」でした。試しにお値段を訊いてみたら、1.5時間で$75、2時間で$85(現金で払うなら、$70に負けるとの事)とな…。更に、モニュメントバレーの入場料($20)も別途プラスされるそう。

2011年に初めて行った時は、入場料も安かった(確か8ドル位@車だった気がする)のに、たった5年で随分な値上がりっぷりです。2012年には夕暮れ時にちょろっと寄ったら、「もうすぐ暗くなるから、入場料は良いよ」ってまけてくれる事もあったけど、もうそんなのも期待出来なさそう…。しかもモニュメントバレーは、ナバホ族の管轄区なので、国立公園や州立公園の年間パスは使えません。

取り敢えずロッジにチェックインする事にして、モニュメントバレーを背にして暫く走ると、「Goulding’s Lodge」が見えて来ました。ここから発着するナバホジープツアーも様々な種類があり、お値段がリーズナブルな上に、入場料も既に料金に組み込まれています。
私達は、デラックスツアー(3.5時間・16時出発・$72)とサンセットツアー(3.5時間・17時半出発・$72)のどちらにするか悩み、出発時間に余裕があるサンセットツアーに行く事にしました。

帰って来るのは21時頃になるので、先にご飯を食べておこうという事で、ロッジのレストランへ。眺めの良い窓際の席で、ナバホ揚げパンのローストビーフサンドイッチをシェアする事にしました。ロッジ価格にしてはバカ高くもなかったし、シェアすればちょうど良い量でしたが、揚げたパンに揚げたイモ。カロリーは激高そう。
非常~に食べづらかったですが、結構美味しかったです。
DSC05580s

このロッジは、グールディングという夫婦がユタからやって来て、ナバホの人達から土地を借りて交易所を開いたのが始まりだそう。グールディング夫妻は誠実な人柄でナバホ族からも信頼をおかれ、大恐慌の時に財政的に逼迫されたナバホ達を救うために、映画のロケ地として映画会社を誘致して、モニュメントバレーの発展に力を注いだとの事で、ロッジの敷地内には博物館やミニ映画館もあります。(映画は無料で見られるっぽいですが、見る暇無し)
ジョン・フォード監督が映画の時の定宿にしていたので、ジョン・ウェインのロッジなどもあります。

ロッジからでも、なかなか趣のある景色が臨めます。
DSC05581s

さていよいよジープツアー。20人位乗れそうな巨大な車がやって来て、左右2席ずつ分かれた席に適当に座ります。そう、適当に…。
これが後に、車内からの写真撮影の明暗を分ける事になろうとは、その時は誰も知る由は無かったのでした。・・・結論から言うと、左側が良いです。

あと、とにかく乾燥が半端無いので、ウォーターボトルは必需品。出来れば保冷ボトルを持って行ってください。ジープの後ろには、冷たい水がたっぷり入ったウォータージャグがあるので、ストップ毎に水を補充出来ますが、走行中は無理なので、ボトルがないと話になりません。2分に1回は喉が渇いて一口ずつ水を口に含む羽目になりました。

ナバホのおばちゃまがマイクで色々語りながら、車はモニュメントバレーの有料ゲートの反対側をくぐり、いざダートロードへ。
まずは有名なメリック・ビュートとミトンズがお出迎えしてくれます。ここらへんは多少車を停めてはくれるものの、基本的に車内から撮影なので、まずここで右側に座っている方々は撮影に苦労します。

そしてまずはジョン・フォードポイントへ。10分程度の自由時間があるので、存分に撮影が出来ます。素晴らしい景観が広がる崖の上には、馬に乗ったナバホ族の男性(どうせなら民族衣装にしてくれればいいのに)、そして周囲で写真を撮りまくるツアー客達…。当然チップの箱もあります(笑)。
いずれの観光スポットにも、ナバホ族がアクセサリや工芸品のスタンドを出しているのですが、今回はここのスタンドが一番安かったです。同じようなものでもスタンドによって全然値段が違うので、チェックすると面白いですよ。
DSC05641s入場料さえ払えば、車で内部を走るのは自由なので、普通車もいっぱい走っていました。ただし道は舗装されていないので、たまに大きなギャップがあったり、砂地であったり、あくまでも自己責任で行かなくてはいけないし、保険は適用外となっていると聞きました。当然ながら、ナバホの居住地には入れません。
ツアーでは、居住地にも入れて、昔ながらのナバホが生活していた伝統的な小屋や生活様式も見せながら説明してくれて、非常に興味深いものでした。

ナバホの女性が羊毛をスピンドルで毛糸にしている様を、説明するガイドのおば様。
DSC05675sそして普通では行けない、ナバホアーチの数々も連れて行って貰えます。
2つめのアーチを見るため車が停止したら、重みで完全に砂地でスタックしてしまい、ガイドが「3列めから後ろの人は皆後ろに行ってジャンプして!」と指示を出し、10人以上の方々がジャンプしている様は何ともシュールでした(笑)。(我々は2列めだったので、見学)
でも本当にそれでスタックから抜けられました!一同、感心。

こちらも、ツアーでしか見られない、Apple Window(どっちや?(笑))です。
DSC05720s色々な見所を説明付きで案内して貰いつつ、夕暮れが近くなると、車は夕暮れポイントへ向かいます。この時ばかりは、車内から撮影するなら右側が良いのですが、結局その後ポイントで停車してくれるので、さしてメリットは無いです。
夕陽で赤く染まるビュートを見ながら、いざポイントへ。
DSC05806s自然が創り出したこの造形に加えて、この色彩。何と美しく壮大なのでしょうか。
こういうのを見ると、何とも言えない気持ちになります。
こんな絵になる場所、そりゃ映画のロケもやりがいがあるってものです。

さて、陽も落ちたところで、ジープはロッジへ向けて帰ります。
一応レストランのラストオーダーには間に合う時間で、希望者はレストランまで乗せて行ってくれる親切っぷり。部屋がレストランに近かったので、我々もそこまで乗って、最後にチップを渡してツアー終了。大満足なツアーでした。
値段と時間を考えても、このロッジ発着のツアー、オススメです。

夜はキレイな星空を見ながらベランダで飲み…翌朝目が覚めたら、陽はとうに昇っていて、サンライズは見られませんでした…(涙)。ハイ、目覚ましをかけ忘れてたのです…。
という事で、またリベンジしに行かなくてはいけなくなりました。調べたところ、冬なら「The View hotel」でも$99で泊まれるようなので、今度は早めに計画を立てて、「The View」に泊まってみたいと思います。 

アリゾナ州の見どころシリーズ1 ~モニュメントバレー~” への4件のフィードバック

  1. なるほど。
    The View Hotelに泊まって、ロッジのツアーに参加、ついでに自分のジープでいろいろ見て回る、という感じだとモニュメントバレーが満喫できそうですね!φ(. .)メモメモ。
    一度だけ、コロラドのメサヴェルデ国立公園からグランドキャニオン国立公園へ行くときに、Four CornersとMonument Valleyを通って行ったんですが、遠かった!
    もー、ひたすら走って、あーーーやっとあそこに見えるのが!
    ほんとに周り何にもないですもんね。
    前回は走り抜けただけだったので、次の機会にはJunさんのアドバイスを参考に楽しんできます。。。。いつになるかなぁ~。
    サワロNPやオルガンパイプNMの記事も待ってマース!

  2. Maki-Kさん、コメントありがとうございます!
    ジープをお持ちとは羨ましい限り。そのプランだと最高にモニュメントバレーを楽しめると思います。今回見てないのですが、朝焼けも非常に美しいらしいので、The Viewからカーテンを開けて朝焼けを見るのが次の野望です。
    実は、モニュメントバレー近辺には、他にも絶景スポットが何個かあるのです。今回はモアブの天気予報を見てモアブ行きは取り止め、この翌日はマイナーな絶景を探すツアーとなりました。モニュメントバレーまで行くなら、是非それらにも足を伸ばしてもらいたいです。続きを書くか、つい先日行った「化石の森国立公園」編を書くか思案中ですが。サワロNP、オルガンパイプNMも素晴らしい場所なので、おいおい書いていきますね。

  3. あ、続きと、Petrified Forestの両方でお願いします(笑)
    Petrifiedの方は、ちらっと40号から旧Route 66のとこまで行ったことがあるだけで、全然化石見てないので、写真見たいですー。

  4. Maki-Kさん、了解しました!
    Petrifiedも想像より遙かに良かったです~!化石だけでなく、他にも見どころ有りなので、こちらも是非実際行ってみて貰いたい場所です。読んでくださった方が行きたくなるような記事を書きたいものです。私もいつもMaki-Kさんの旅行記、楽しく拝見しております♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です