インタビュー...緊張...


先日、と言っても1ヶ月も前のことですが、ここで、面白い話があるってことをお話しました。



ビジネスネタが舞い込んできた?



この話、実行することになりました。



私と同様、ミック・ムーアがかなり乗り気で、



ミック 「マサ、やるしかないよ。ビデオとかオーディオとか全部面倒見てあげるから、マサ、やんなよ。」



と昨日、金曜日に電話がかかってきました。



私 「ああ、あれね。面白いことになりそうだよな。やってみようか。で、いつ?」



ミック 「明日の午後6:30でどう?



私 「えぇぇ~、あしたぁぁ~。ちょっと...ちょっと待った。いやぁ...明日予定があるんだよね。ほんと、ごめん。DCにも言っといてくれるかな。」



ミック 「じゃぁ、いつにする?来週の月曜日?火曜日?...」



私 「えっと...、(それなりの準備が必要だから...)来週土曜日、8月8日ってのはどう?」



ミック 「OK、じゃぁ、8月8日土曜日の午後6:30に俺の家ね。ちゃんと準備しとくから。」



私 「ああ、じゃぁ、それまでにいろいろと質問、考えとかなきゃならないな...。」



ミック 「あ、質問は俺の方でも考えとくよ。その方が楽でしょ?」



私 「ああぁぁ~、助かるなぁ。さすがミック。」



ミック 「任しときって。じゃ、また連絡するな。」



と言うことで、来週の今日、インタビューをすることになったのですが...さて、何を聞けば良いでしょう...。



いざ、インタビュー実現となると、正直、なかなか難しいものがあります。



mick_dccordova.jpg

ミック & DCコルドバ(携帯で撮ったので見難いのですが、奥の2人です。)


この、DCコルドバおばさん、結構すごい方で...。



先日の投稿でも書きましたが、Money &Youって言うセミナーを世界各国でやってるんですね。そのほかにも、Excellerated Business Schools®ってのも。どれくらすごいかって言うと、1979年からそのセミナーをやっているらしいんですが、セミナーの卒業生7万人世界60カ国にいるそうで。「ドヒャーっ」って感じですよね。



さらにすごいのは、その卒業生の中に、あの「金持ち父さん」で有名な、ロバート・キヨサキとか、「こころのチキンスープ」のジャック・キャンフィールド、コーチングの第一人者のアンソニー・ロビンズなどなど、超有名人がわんさといること。



このセミナー、60カ国で行われていますから、翻訳された言語も、中国語、フランス語、スペイン語等など、ほんと、グローバルなセミナーのようです。



それほどグローバルなセミナー、日本で行われていないってのが不思議ですよね。どうしてなんでしょうね。お隣の韓国でもやってないみたいです。



で、ミックと私の目論見は、このDCコルドバさんに日本でデビューしてもらって、日本人の方々にも、グローバルで通用しているセミナーを受けていただこうと言うことです。



ミック 「やるしかねーよ、マサ。いっしょに日本にいこーぜ!」



私 「そーだよな、やろーぜ。お前に日本のすげーところを見せるよ。」



先日も書きましたが、文化の違いもありますので、日本で真正面から受け止められるかどうかよくわかりませんが、世界60カ国ですでに成果を上げているセミナーですので、その目新さが日本人に効くのではないかと。DCさんは、このセミナーを特に若者に受けてもらいたいと思っているそうです。



セミナーの内容は、また、ここでお話しますが、とにかく、すごい。4日間びっちりのスケジュールで行われます。堅苦しい講義など一切なし。めちゃめちゃ面白いとか。



このブログを訪問してくださるあなた、もし、DCさんに何か聞いてみたいことがあったら、コメントいただけますか?



さて、これから、インタビューのネタでも考えることにします。

 

インタビュー...緊張...” への4件のフィードバック

  1. 日本でセミナーとかいうと、
    どーしても怪しげなマルチ商法がらみか宗教絡みとか思っちゃうので、しかもかなりの高額だし、
    本当に自分を高めたいのに
    なかなかそういう機会にめぐり合わない、
    手が出ないってのが現状でした。
    アメリカではよくこういうのあるんですよね、確か。
    わたし決して”若く”はありませんがとても興味ありです。。。
    Masaさんのニュービジネス、成功するといいですね^^

  2. おおーっ!ついに!

    時々、日本で飲めそうですなぁ♪

  3. Hifuminさん、ご無沙汰です。コメントありがとうございます。

    そうですね、日本の場合、高額の英会話教材販売とか、いろいろとありますからね。何を信じて良いのかわからないことが多いです。

    ま、こちらでも同じようなことが言えるのですが、著名人のセミナーや教材には、まず間違いがないようです。と言うことは、著名人になるまでが結構大変ってことですね。なかなかセミナーに参加してもらえないから。

    また、アメリカ(他の国でもそうかもしれませんが)では、自己に投資する額が非常に大きいような気がしています。先日、本屋さんの投稿でも書きましたが、本を買うにしても、セミナーに参加するにしても、「おいおい、そこまで金出すか?」くらい、ドバっと大金を支払う方が多いようです。もちろん、全部がそうだとは言いませんが。

    もし、自分を高めたいのであれば、ある程度の自己投資はすべきでしょうね。

  4. 晴れふらさん、ども。

    そう、久しぶりに飲めそうです。川沿いのあそこの角にあった、焼き鳥やってもうないんでしょうね。

    楽しみです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です