オーロラを見にいこう!(前編)

皆さん、オーロラって実際に見たことありますか?ちなみに英語でもAuroraってありますが、日本語の発音では通じないし、Northern Lightsのほうが一般的に言われます。

日本では通常見られないオーロラ、北欧やアラスカ、カナダなど北極に近い寒い地域でよく見られます。カナダで見られるといっても、私の住んでいるバンクーバーではめったに見られません。もっと上の方、緯度65~78度くらいのところでよく発生するようです。

夜空に広がる光のカーテン。一生に一度は見てみたいと思っていたところ、「カナダのイエローナイフにオーロラを見に行きたい。誰も行かなかったら一人でも行くつもりだけど、良かったら一緒に行かない?」という同志を見つけ、じゃぁちょっと見積もりを立てに、と立ち寄った旅行代理店で、「今年は11年に一度の当たり年!」「日本に帰ってからだとなかなか行けないよ。」なんて言われて即申し込み。

確かに日本からオーロラの見えるイエローナイフまで行こうと思うと、成田からバンクーバーまで飛行機10時間、バンクーバーからエドモントンまで飛行機1時間半くらいで、そこからイエローナイフまでまた1時間半くらい。たどり着いた先がハワイみたいな常夏リゾートなら心も弾むかもしれませんが、イエローナイフは冬場はマイナス20~40度の極寒の地。1週間の休暇をもらって行くにはハードすぎるスケジュール。

なにはともあれ、緯度60度、マイナス40度の世界に向かう飛行機の中から見た驚愕の景色がこちら。

山も森も川も建物もなんにもない、どこまでも広がる氷の平野はこれから向かう新世界への入り口にふさわしいほどに新鮮な衝撃でした。

そんな氷の平原の中にぽつんとある街がこのNorthwest Territories州の州都イエローナイフです。観光客用のホテルやレストランが集まったダウンタウン、昔からの住民の生活地オールドタウン、新興住宅地ニュータウンからなるこの街は決して大きくはないけれど、生活に必要なものはとりあえず手に入るというくらいの規模。

ホテルに到着して、空旅の疲れを癒したら、夜10時から3時まで1日目のオーロラ観測ツアーに出かけます。

ダウンタウンにあるホテルを出発して街の明かりが届かないところにあるキャビンまで行ってそこでオーロラが出てくるのを待ちます。1日目、ちょうど車に乗ってこれからダウンタウンを離れようとしていたまさにその時、「あ!オーロラが出てる!」と誰かが叫び、車の中から人生初の生のオーロラを遠くの空に見つけました。こんな本番前から見れるなんて、観測地点に行ったら夜空に溢れかえるくらいのオーロラが私たちを待っているに違いない!とそれこそ溢れんばかりの期待を胸に観測ポイントへ向かいました。

観測地点にたどり着き、車を降りてキャビンに向かうその途中に2つ目のオーロラが出現。小窓用のカーテンくらいの大きさの緑色のオーロラが2列妖しげに揺れています。これはシャッターチャンス!とオーロラを撮るために光感度を上げて調整しておいたデジカメで撮ったオーロラがこちら。

調整をしてもやっぱりデジカメはデジカメ。一番上の写真のようなオーロラを撮ろうと思ったらやっぱり専用のカメラと三脚が必須のよう。

キャビンには既に日本人のお姉さんがストーブをおこして、暖かい飲み物の用意をしてくれていました。私たちより一足先に犬ぞりに乗ってキャビンまで来た一陣が、オーロラの出現を待ちながらテーブルを囲んでカードゲームやボードゲームをしています。外はマイナス30度の極寒の世界ですが、ひとたびキャビンに入ればあったか。マシュマロを木の枝に刺してストーブで焼いて食べたり、他の旅行者の人たちと会話をしたり、スタッフの人と話しをしたり、それだけでも十分楽しいひととき。

なんてのん気に過ごしているうちにもしかしたらオーロラを見逃してしまうかもしれない、と15分くらいおきに誰かが空をチェックしに外へ。来る前にダウンタウンからこちらの方角の空に見たあの大きな光のカーテンが忽然と姿を消してしまって嘘のようにただ広がる夜空。待てど暮らせどオーロラは出てくれない。そのうち目が慣れてきて、もしくはおかしくなってきて、ちょっと空の明るく見える部分を「あれってオーロラじゃないか?」と疑ってみたり。

結局その夜に見たのは、ダウンタウンから遠くの空に見えた1つと、着いたばかりに見た1つの合計2回のみ。しかも期待より少し小さめで不完全燃焼な気持ちでいっぱい。でもまだ2日もあるし、初日はこんなもんでしょ。とこれから出会うであろう夜空いっぱいに広がるオーロラに期待を抱いて1日目の観測を終えホテルに向かうのでした。

後編へ続く。
 

オーロラを見にいこう!(前編)” への2件のフィードバック

  1. 私もオーロラ見たいです。そっか、カナダで見られるんだ。
    自分のデジカメでこれだけ写せたらすごいですよ。やっぱり本物はもっとすごいんだろうけど。
    これはやっぱり旅行リストに入れておこうと思いました。

  2. erinaさん、是非是非!イエローナイフはおすすめです!
    夜はオーロラ、昼は昼で犬ぞりやらスノーモービルやらアイスフィッシングやらのツアーもあるのでお子さんも楽しめるはず☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です