カナダ永住権詐欺にあいそうになった話

こんにちは、KAZです

中国に移住してから早一年、ボクの体質には中国の環境は合わないと思われ(北の国からの純調に)、やはりボクにはアメリカの生活の方が合っていると思われ(純調に)、中国脱出計画を開始することにしました。

 

ボクのなかでは日本に帰るという選択肢はあまりなく、もう一度アメリカに戻って研究をしたいという希望があったので、アメリカの職を探すことにしました。

しかしよく聞く話によると、アメリカ国内で職探しをするぶんには問題ないのですが、アメリカ国外からの応募となると面接したくても会社が旅費を負担しなくてはいけないので一次選考すら通りにくいという事でした。

また、日本国内の転職エージェントの中には、海外就職を斡旋する会社もあったりするのですが、研究職のカテゴリーがなく使えませんでした。

 

アメリカにこだわらなくても良いから、どこか職なしでも永住権がとれる国はないかなと思っていたそんな時、FBである広告を目にしました。

 

Untitled

それは、Canadian Visa Expertという、カナダのvisaや永住権の取得をサポートする会社の広告でした。

カナダの永住権について調べてみると、アメリカに比べてvisaや永住権がとりやすく、ある規定のバックグラウンドとIELTSという英語能力試験で一定のポイントさえ持っていれば永住権をとることが可能みたいです。

この会社は、永住権申請に適しているかどうかの審査を$70でやってくれるというので、とにかくなにがなんでも中国を脱出したかったボクは安易に申し込みをしてしまったのでした。

 

すると、しばらくしてこんなメールが送られてきました。

 

Untitled2どうやらボクのCVだと、永住権の申請に適してるらしく、しかも「Federal Skilled Worker Program」という特別枠での申請が可能であるということでした。

おぉ、なんかしらんが思ったよりも簡単にカナダに移住できるんじゃね?と思ってウキウキしていました。

「詳しい話は電話するから」との事だったので待っていたところ、翌日発信者不明のナンバーから電話がかかってきました。なぜかイギリスから・・・

例の件の電話はカナダからかかってくると思っていたのでその電話は無視していたですが、その直後メールが送られてきました。

 

Untitled3折り返し電話してみたところ、ボクが永住権申請に適しているという説明のあと、さっそく手続きを開始したいので手数料を支払ってください。というので、値段を聞くと具体的な数字は忘れたのですが、大体$2,000ぐらいをいってきました。

手数料を先に要求してきた時点でさすがにアヤシいと思い、「もう少し検討させておくれ。」といって電話を切りました。

そのあとネットでこの会社のことを調べてみようと思い、googleで「Canadian Visa Expertを検索すると、Fraud」や「Scamの単語と一緒に検索結果がいっぱい出てくるではありませんか。ある掲示板によると、

電話がかかってきたので出てみると、クレジットカードの番号を聞かれた。番号を教えたところ、そのあと$2,000程の請求があり、申し込みのキャンセルを要求したが断られた。結局$2,000とられたうえに永住権ももらえなかった!!

といった書き込みが何人からも書かれていました。

危うくボクももう少しで大金を持って行かれるところでした($70は取られましたけど・・・)

その後もしつこく電話やメールがあったのですが、全部無視していたらぱったりと届かなくなりました。

FBにある広告だから大丈夫だろうと思って申し込んでしまったのですが、とんだぬか喜びに終わってしまいました。ちゃんちゃん。

カナダ永住権詐欺にあいそうになった話” への6件のフィードバック

  1. アメリカ永住してますが、以前にカナダ永住を考えたことがあります。
    skilled worker programは実際にあるプログラムだし、確か費用も2000ドルから3000ドル掛かったと思います。友人もそれ位の費用をかけてカナダ永住権取りました。
    アメリカ人と結婚で永住しても費用は諸々合計で1500ドル位かかってしまうし、もしかしたら詐欺じゃなかったかもしれません。詐欺だったかもしれませんが…

  2. Eikoさん、コメントありがとうございます。
    ちゃんとしたエージェントもあるんですね。ボクにもっと勇気があれば申し込みしてたかもしれないんですが、この会社のネット上での評判があまりにも酷かったのでやめてしまいました。
    次もしその気になったときは、他のちゃんとしたエージェントを探すか自力で再トライしてみたいと思います。
    有益な情報ありがとうございました。

  3. こんにちは!

    70ドルだけですんでよかったですね。というか70ドル損してしまったと思っていると思いますが。。。

    僕もアメリカ永住組ですが、僕の場合はアメリカ国籍の女性と結婚して、自分でグリーンカードと市民権の申し込みをしました。もう10年以上も前の話なのでどれだけ今かかるか調べてませんが自分で申し込みすればそれほどかからなかった記憶があります。(多分申込料100ドル以下だったと思う。)そして市民権の時はデンバーの事務所で面接を受け、面接自体は10分かからなくて終わりました。なかにはなかなか出てこない人たちもいて、何やってるのかなと思って、こっちもビクビクしてました。。。(笑)市民権用の面接テスト対策はただ公開されているものをやっただけでした。アメリカ国籍の方と結婚すればこうスラスラ行くかもしれませんが、誰でもこうできるわけではないのは承知しています。現在の仕事場(研究病院)ではかなりいろいろな国籍の人がいて、時間が多少かかってもグリーンカードをとっている人もいるので不可能ではなさそうです。

    エージェントを通すとそんなに高いのですか??また、成功率が高いのでしょうか?

    自分でやればかなり安くすむと思います。

    研究がんばってください!

  4. Masaさん、コメントありがとうございます。
    結局カナダ移住は諦めたのですが、その後、無事アメリカで職を見つけることが出来たので、とりあえずは就労ビザで入国してその後グリーンカードの取得を目指したいと思っています。その時は弁護士に依頼することになると思います。

    MasaさんのHP、拝見しました。とても役に立つ情報ばかりでさっそくsubscribeさせて頂きました!!

  5. カズシくん。
    カナダ、やはし労働人口不足が酷いみたいね(そもそもアメリカに流れてしまってるらしい)。

    んな訳で、H-1Bからの米国人との結婚によるGC申請なんだけど、「自分でやったる」て決めたはいいが、俺の必須書類3点(とその関連書類)の手数料だけで、$1,870ッ(2016年5月現在)!

    「何か高過ぎねぇか」なんて思いつつ、「…ま、弁護士雇うよりは安いか」と諦めて小切手を切ったさッ!

    最近もやしと白米が食卓に並ぶ頻度が増加中さッ!

  6. たっちゃん
    ひぃぃぃ ビンボー人はアメリカに来るなって事か!?
    カナダ、チャンスがあれば視野に入れたいと思っている今日この頃。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です