結局、コミカレってどんなところ?

こんにちは、Erinaです。

最近、留学ネタが続いてますが、また別の視点でもう一本、行ってみます。

 

数週間前のことになりますが、ここ、サンディエゴで活動するプロボノ団体のJapanese Family Support Center (JFSC)として、あるイベントを行いました。コーヒーショップなどに集まって、少人数であるトピックについて意見交換をする、いわば、”Round table discussion”です。

 

今回はこのアメ10ブロガーでもあるMikaさんにリードをお願いし、「コミュニティカレッジ(通称コミカレ)」をトピックにしました。

参加者のみなさんは、勉強したい分野があって質問をしにきてくれたり、自分のコミカレでの体験を元・学生としてお話ししたり、もちろんMikaさんはコミカレで働くカウンセラーとしてお話ししてくれたりと、とても多角的な意見交換の場所になりました。

 

coffee people

 

日本人にとっては、知ってるようでよく知らない「コミカレ」ですが、私自身の体験を基にすると、コミカレは

「アメリカで、ピュアなアメリカ人たちと勝負したいなら行っておくべき場所」

と言えます。

 

私たち日本人は、ここアメリカでは、確実に超がつくマイノリティ(少数派)です。

言葉も、文化も、教育も、意識も、常識も、何もかもが生まれ育った環境のもの(ネイティブ)とは異なります。

「アメリカで成功してやる!」と思って渡米するというのは、敵地に一人で乗り込み、そこで勝負するということに他なりません。

しかしコミカレは、私たち外国人にとって、その敵地における勝負に備えるためのトレーニングができる最高のベースキャンプなのです。

 

 

アメリカンドリーム 

私が初めて「アメリカンドリームは実在する」と感じたのは、コミカレに通っていたときでした。

それは、自分がどこからやってきたとか、肌の色とか、お金を持っているかなどに関係なく、クラスルームというフェアな場所で、「どれだけ結果を出せるか」というシンプルなものさしだけが使われるということでした。

「やればやっただけ、やらなければやらないだけ」結果が出るのです。

書くことが好きだった私は、英語のクラスでは成績が良く、アメリカ人学生たちがヒーヒー言いながらエッセイを書いているのを横目に、教授たちから褒められたことや、クラスの優秀ライターとして教授が本をくれたことなど、とても鮮明に覚えています。

数学のクラスでは、テスト前にはクラスメートと朝4時まで勉強しました。あっという間に朝が明けるまで、微分・積分や線形代数の問題をあーだこーだと言いながら、一緒に解いたものでした。

 

それまでは、何もかもに手抜きをしてきた当時の私にとって、自分の性格とポテンシャルを見直すチャンスでした。「何事もなせばなる!」と思えたこの体験は、若いうちにできて良かったことの一つになりました。

 

 

コミカレの意味

参加者の方から、こんな質問がありました。

 

「グロスモントカレッジの、ある医療系プログラムに興味があります。これは、私立の専門学校のようなところでも同じ資格をとれます。

でも、就職となるとコミカレ卒のほうが強いみたいなのです。

この2つの学校の違いは何ですか?」

 

というものでした。

 

私が思うに、「コミカレ」はあくまで「高等教育の場所」なので、専門資格に加えて、一般教養などの授業もとることになります。

アメリカが学歴社会と呼ばれるのは、このような一般教養をきちんと理解し、履修した人材というところにクレジットをくれるので、資格だけをとった人材に比べたら、雇用における市場価値が上になるのだそうです。

英語で言う「学歴」は、日本語で言う「教養」に近いところがあります。

専門的なスキルや知識に加えて、学士レベル、修士レベル、博士レベルの教養がある、という意味です。なので、「学歴社会」と言ったときに直接的に重要視されるのは、大学名よりも「学位」に意味があることのほうが多いです。

 

 

自分の道を切り拓く

Mikaさんが、自分の大学と大学院の経歴と、現在の仕事の話をしてくれました。

 

「当時は、この職業に就きたいからこれを勉強する、とは考えていませんでした。

そのときどきでやりたいことを選んで勉強して、今に至ります。

気づいて振り返ってみたら、自分の後ろにはちゃんと道ができていた、という感じです。」

 

この発想は、なかなか日本人には難しいかもしれません。

 

というのも、日本の教育システムというのは、子供の頃から、

 

「この企業に就職したいなら、この大学。この大学に入るためにはこの高校、そのためにはこの中学・・・。」

 

と、ゴールから逆算し、それを手前から一つずつ穴埋めしていく人生選択を教わります。言うなれば、「逆算穴埋め方式」。ってそのまま。

これは今の自分のためじゃなく、来年の、10年後の、30年後の自分のための選択肢です。

しかし、Tatさんもこの記事で書いてくれていますが、その逆算が計画どおりに行くとは限らないことは、大人の私たちが身をもって証明できるはずですよね。(笑) なのに、どうしてそれを次世代の子供たちにも強要するのか・・・・私には疑問なわけです。

 

まぁとにかく。

人間とは新しいことを学ぶたびに、「探究心」とか「興味」が生まれるもの。

「やっぱりこっちを勉強してみたいかも。」

「あの仕事ってどんなことだろう?」

こういう気持ちが生まれることは当然のことなのですが、日本のような逆算穴埋め方式しか教わらなかったのでは、方向転換をするのがとても難しいのが現実です。

 

 

先日、英語のある記事を読みました。Sheryl Sandberg著の”Lean In”だったかもしれません。

 

「現代のキャリアの形は、Corporate “Ladder”から、Corporate “Jungle Gym”になってきている。」

 

というものでした。

少し前までは「コーポレートラダー」、つまり会社で昇進するには「はしご」がイメージされていました。

「はしご」というものは一人ずつしか上れませんよね。つまり、上るためには、他の人と競争したり、一歩一歩同じ方向で進み続けるしかありません。

 

しかし、これが最近では「コーポレートジャングルジム」と呼ばれ、イメージとしては、様々な場所から頂上に行けるジャングルジムになっているとのことです。

 

つまり、「直線的」なはしごから、「非直線的」なジャングルジムへ。

数学的に言えば「一元的」な旧キャリアスタイルから、「多元的」な新キャリアスタイルへ移行しているというのです。

 

これは企業という場所が多様化し、今日では様々なスキルや経験、人間としての+αが重要視されている証拠だと思います。

従来のような、「これをすれば昇進への道」という保証はどこにもなく、自分自身で未来を切り拓き、企業やコミュニティに利益をもたらせる人材が、ジャングルジムに残っていくのです。

これがMikaさんの言った通り、「気づいたら後ろに道があった」ということだと私は思いました。それは誰かに用意された道でもなく、逆算穴埋めをしてきた道でもありません。

アメリカ国内でも、このような社会構造の変化が起こっているというのは興味深いですし、日本も遅かれ早かれ、このような兆候を無視せずにはいられないはずです。

 

ちょっと話がずれましたが、コミカレを体験した学生は、このジャングルジムでサバイブする能力が鍛えられている人が多いです。

それは、物事を多角的に捉え、利用できるものを把握し、問題を解決するというトレーニングが、クラスルームが小規模なコミカレでは日常的に行われているのです。

 

「四年制大学では、学生は『数字』でしかない。コミュニティカレッジでは、学生は『パーソナリティ』である。」

 

というフレーズを読みました。

どうしても教室が大規模になってしまう四年制大学では、学生は一人一人の個性が生かせません。学問に必須の「どうしてそう思うか?」にじっくりと時間をかけて弁論し、煮詰めて、新しいものを形作るチャンスがなかなか回ってこないのです。

この経験は、学問分野だけでなく、世界を二次元、三次元で見渡すためには必要なスキルと言えます。

 

 

 

コミカレの素晴らしさは、足を踏み入れてみないとわかりません。

そしていったんそれに病み付きになると、「いつかはコミカレで働きたい!」と思う人たちが、アメリカには本当にたくさんいます。

それはコミカレには、独特の情熱やヒューマニティ(人間性)が存在し、それだけ人々の人生に影響を与えてきたからだと思います。

 

 

どうですか?

コミカレ、ちょっと行ってみたくなりませんか?

 

 

コミカレについての他の記事はまだまだあります。

こちらからどうぞ

結局、コミカレってどんなところ?” への6件のフィードバック

  1. こんにちは
    はじめまして。
    以前からブログを拝見させていただいております。
    相当、前の記事にErinaさんは以前サンディエゴシティーカレッジに在学していたという記事を見たので質問があります。
    私は今日本の大学に通う大学4年生です。以前アメリカに一年ほど留学経験があり、大学を卒業後にサンディエゴのコミカレに入学を考えております。大学院も考えたのですが、金銭的に厳しい面もあったのでコミカレに行こうと考えております。私の兄はサンディエゴのコミカレから4年生の大学に編入したことがあるので、サンディエゴのコミカレの事情などは兄から聞いていました。兄はサンディエゴのメサカレッジは日本人が少なく勉強するのによい環境なのではないか。と言ってきたのですが、メサカレッジやシティカレッジは日本の留学サポート会社などと提携していないのか、なかなか詳しいwebページがメサカレッジのホームページしか見つけることができませんでした。メサカレッジとはどのような大学ですか?またシティーカレッジなどとの違いはどのような感じなのか教えていただきたくてコメントしました。留学ではビジネスを学び就職にそのままいかしたいと考えております。

  2. なつさん、こんにちは!
    コメントありがとうございます。

    メサカレッジもシティカレッジも日本人留学生は少ないです。メサのほうがもうちょっといるかもしれないですけど、私のメジャーでは、両方の学校で偶然でも日本人とクラスメイトになることはありませんでした。

    メサカレッジは、高校卒業してすぐに入学する学生が多いので、学生の平均年齢が20代の学生が多いと思います。
    シティカレッジは、仕事をしている大人がキャリアアップを目指したり、進路変更を目標にしていることが多く、年齢やバックグラウンドにかなりバラつきがあります。

    私はメインはシティで、たまにメサで授業を取りましたが、その違いが面白かったです。

    2校のウェブサイトを載せておきますね。
    この2校は、日本人学生が少ないので、日本の留学サポート会社と提携しているというのがないかもしれませんね。留学アドミッションで聞いてみても良いかもしれません。

    City Collegeウェブサイト
    http://www.sdcity.edu/

    Mesa Collegeウェブサイト
    http://sdmesa.edu/

    何か質問がありましたら、いつでも連絡ください。
    頑張ってくださいね!

  3. 初めまして。
    日本在住の大学受験生(浪人)と申します。

    今僕は、将来アメリカで働くためにはいったいどの分野(学部)に進むべきなのかとても悩んでいます。

    というのも、アメリカの4年生大学に進学するための費用(最低4年で1千万)も無く、当然グリーンビザもない、
    そんな僕が進むべき道はどんな方向であるか決めかねるからです。

    Erinaさんの記事内容とは僕の質問内容に少し相違あるかもしれませんが、もしよろしければアドバイスをいただけないでしょうか?

    今のところ僕が考えられるプランは、

    ・医者(日本の国立大学を卒、免許取得)→何年か臨床医として働き、アメリカに留学後→USMLEを受け、なんとかアメリカの病院のレジデンシーのポジションを得る。
    または、ポスドク。

    ・薬剤師(上に同じ)→FPGECを受ける(Pharm.D.過程には日本の薬剤師の給料では学費が稼げないので不可)→レジデンシー。
    (このルートはほぼ不可能らしいです、米国内の薬剤師過剰事情にて)

    ・弁護士(日本の事務所に所属)→社費もしくは私費でアメリカの大学に留学後、州規定の弁護士資格をとる→アメリカの弁護士事務所に勤務。

    ・日本企業のアメリカ駐在員

    ・アメリカ企業の求人にアプライし、研修→認められ、H1Bビザに塗り替え。(http://www.workusa.jp/
    など。)

    どのプランも高学歴、なみなみならぬ英語力、そして個人の秀でた能力が必要だということは充実承知です。。

    現在は、可能性が高い医師の道か薬剤師の道に進もうと考え、勉強に励んでいます。(理系の方がまだ可能性はあるのではと)

    外国人のアメリカ就職事情など、可能性のありそうな道、上記のプラン意外にご存知でしたら、是非ともご教授のほどよろしくお願いします。厳しい意見でもかまいません。

    長文失礼しました。

  4. kazuさん、はじめまして!コメントありがとうございます。
    日本で浪人中とのこと、私も同じ境遇で留学を決めたので、なんだか親身になって助けたいです。
    私のできる限りのアドバイスをさせてください。

    まず、kazuさんが挙げている職業に就くには、本当に強い覚悟と、それ以上に「準備」が必要になると思います。
    金銭的なもの、精神的なもの、何より時間的な計画とそれを貫ける実行力と忍耐力が必要です。
    私の周りの人たちを見ている限りでは、アメリカでの医者・弁護士への道は、本当に長くて厳しいものと言うイメージです。
    厳しいことを言うようですが、「良い仕事だから」という目的でこれらの二つを目指して、ゴールまで行くのはかなり大変だと思います。

    私が思うに、浪人生の今、kazuさんの好きな勉強(学問)は何ですか?
    私にとって浪人時代って、色々なことを考える時期でした。
    現役で合格した同級生たちを横目に、自分の将来はまだ宙ぶらりんのまま。自分はどうなるんだろう?どうしたいんだろう?って考えました。
    私の場合、英語は好きだったこと、勉強したい学問が生物学だったことで、「アメリカで生物学を勉強したい」と思ったのが留学の決め手でした。
    その後に色々な選択変更があり、今に至りますが、当時はまさか自分がアメリカに来て「銀行」で働くなんて想像してもいませんでした。どこかのラボで働くと思ってましたから。笑

    それで良いと思いますよ。
    色々なことをやってみると、本当に好きなものが見えてきます。
    逆に、好きじゃないと続けられないし、簡単に諦めちゃえるんです。
    だから、今、好きな勉強の先に、どんな仕事があるんだろう?っていうリサーチをしてみたらどうですか?
    私は大学受験勉強もせずに、そんなことにばっかり時間をかけてた浪人時代でしたが、そのおかげで、色々なことに興味を持てたし、こちらでの勉強の幅が広がったと思います。

    とは言っても、これはあくまで私が体験した私の意見でしかありません。
    kazuさんにはkazuさんなりの道の切り開き方があります。それを探すのが人生だと思います。

    アメリカのこれから30年の就職マーケットを考えるなら、ITか医療です。
    これはもうよく言われています。
    ITは絶対です。パソコンを使えない人は仕事がもらえません。
    医療は医者ではなく(医者は溢れているそうなので)、ナースやセラピストなど専門家の人たち。
    あとは医薬品関係。バイオテク系ですね。

    まずはコミカレに留学してみてください。
    アメリカの空気を吸って、溢れる機会を目にして、自分に足りないものは何かを見つける。
    そしたら未来ってだんだん形になっていくものです。
    時間はかかりますよ。
    私もまだまだですから。

    頑張りましょうね!
    他にも質問などありましたら、いつでもコンタクトページから連絡ください。

  5. 質問に答えてくださって本当にありがとうございます‼︎
    周りに相談する人がいなくて、一人で悩んでいたのでとても嬉しいです。。

    好きなものでないと続かない、、、
    そうかもしれません、、、
    実はやりたい事というのはハッキリしているんです。
    しかし、金銭的なことを考えると、
    他の道を選ばざるを得ないというのが現状なのです。。

    過去にコンタクトページから質問を送らせていただいたのですが、返答がありませんでした(涙)

    続きのメッセージをどこに送ればよいでしょうか?

    よろしくお願いします。

  6. kazuさん、お返事ありがとうございます。

    メールに返信がなかったとは、ごめんなさい!
    システムに問題がないか、チェックしますね。
    とりあえず、こちらに直接メールください。
    master@takeiteasyinamerica.com

    お待ちしてま~す♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です