コミュニケーションの大切さ


会社勤めしていると...


1日に何回か上司のところへ行って、現状を報告したり。


週1度、課内ミーティングでプロジェクトの進捗状況をメンバーとシェアしたり。


月に1度、取引先へ行って、今期計画の進捗報告、来期計画予想などを報告したり。


会社勤めをしていなくても...


近所の人と、最近ポピュラーな食品の情報の話をしたり。


子供の学校の指導教官と大学ランクの話をしたり。


10年来の友達と就職情報を交換したり。


人間にとって、コミュニケーションは、自分自身がこの世に存在するために、なくてはならないことです。コミュニケーションを取らないと言うことは、「自分を捨ててしまう」ことと同じ...と思っています。


人とのコミュニケーションを避ける人は、この世に自分の存在価値を見出していない人とも言えるかもしれません。ほとんどの人はそれを「人の責任」にしているようですが。


一般的な話は、人それぞれ考えがあるので、ここで「こうだ!」とは言えませんので、少し横に置いておいて...。


「会社では、コミュニケーションは必須です」...。「必須」では、まだ十分に強調できてないような気がしますねぇ。「会社では、コミュニケーションが出来て当然です」...、何か少しずれているような気もしますねぇ。


ま、とにかく、言葉で表せないほど大切なことです。


英語が話せるようになりたい人は-現実的にかなり無理はあるのですが-アメリカ企業の一員になれば必ず話せるようになります。実際本末転倒ですけどね。英語が話せるからアメリカ企業に入れるんですけど...。


でも、それが出来るとした場合、確実に英語が話せるようになります。


それは英語で「コミュニケーション」しなければならないから。自分の意思を英語で伝えなければならないから。進捗報告、結果報告などなど、すべて英語。そりゃ、話せるようにならない方がおかしい。




おっと...話が横道に反れました...。今日はそんな話をしようと思ってなかったんだ...。


仮に社内でコミュニケーションがうまく取れなくなったら、何が起こると思いますか?今の問題が上司に伝わっていない。クレームになるほどの不具合が社長まで届いていない。お客様からのクレームがクレーム処理班から、品質部門に伝わっていない...とか。


何が起こるか簡単に想像がつきます。企業の存続問題に発展するのは目に見えています。


アメリカ人は個人プレーヤーが多いと言いますね。確か2年ほど前にもこのブログでそんなお話をしたと思います。ほんと、我が強い人間の集まり。それぞれが自分を信じて自分のやり方で仕事をする。同じ方向を向いていれば良いんだけど、当然、そんな人間の中には、他と違って、明後日の方向に向いてひたすら走ってる人間がいます。他の人間は、それを知っていながらも、自分が正しいと思っているから、そんな人間は無視して、ひたすら自分で走り続ける。


社内じゅうそんな状態なのに、いち企業として、大きな利益を上げ、社会貢献もしている。


どうしてそうなってるの?


当然、その人間の上に立つ人がコントロールしてるんですね。言うまでもないことです。


それは、マネージャーであったり、ディレクターであったり、バイスプレジデントであったり、CEOだったりします。


つまり、強烈なリーダーシップを持った人たちが、明後日の方向に向いている人間の頭を、すべて同じ方向に向けさせるのです。我が強い人たちがそんな簡単に言われたとおりのことをするのでしょうか?


それが、するんです。


「リーダー」は「必要以上」に彼らとコミュニケーションを取ります。時には煙たがられることもあるかもしれませんね。でも、根気良くコミュニケーションします。話の内容は他愛もないように聞こえるかもしれませんが、その中には、セクションゴールであったり、ディビジョンゴールであったり、カンパニーゴールだったり、が埋め込まれています。


そうすると、明後日の方向に向いていた頭が、少しずつ回り始め、ついには他と同じ方向に向く。しかも納得づくで。


「新入社員教育」ってありますよね。あれは、「とりあえず」社員の頭の方向を会社の方向に向けるためにやっていることです。「中堅社員教育」、「課長教育」なんかも同じでしょうね。


アメリカでもそんな教育、あります。うちの会社は、入社一日目に必ずそんな教育があります。午前中だけですが。その他にも、マネジメント教育などもあります。


これらは個人のためにやっているように見えますが、実は頭の方向をそろえるためにやっているんです...、と私は考えています。


会社にとって、お客様とのコミュニケーションも非常に大切ですが、それ以上に、社内でのコミュニケーションは重要です。その会社を存続させるためにも。


最近、あるきっかけであることをしていたのですが(なんのこっちゃ...それ)、そのときに痛切に考えさせられたのが、この「コミュニケーションの大切さ」です。


人との会話を大切にしましょう。

 

コミュニケーションの大切さ” への2件のフィードバック

  1. 成功研究会のメルマガを無料購読していますが、そこにもコミュニケーションの大切さが説かれていました。で、成功者とは自分とのコミュニケーションも上手なんだ。だから目標等が明確に設定でき成功できる。悩みなどは具体的に考えなさいと書かれていたような。。私はコミュニケーションが上手とはいえませんが、少しずつ上達させていこうと思います。

  2. レマンさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

    >私はコミュニケーションが上手とはいえませんが、
    自分自身の気持ち次第ではないでしょうか。

    確かに、ビジネスコミュニケーションと一般的な「会話」とは違いますが、一番大切なのは「人と話すときにはハートで話す」ってことだと思います。...なんて格好良いこと言ってますけど(苦笑)。

    語彙が貧弱でも、うまく話がまとまっていなくても、「あんたに私の気持ちを伝えたいんだ」ってことが、相手に伝わればコミュニケーションになるんじゃないかって、そんな風に思います。

    がんばりましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です