コミュニティカレッジという第一歩

日本から留学生としてアメリカにやってきて、学部生として大学へ進学しようと思うと、ほとんどの場合はまずコミュニティカレッジ、通称「コミカレ」に通う人が多いのではないでしょうか。

コミュニティカレッジは、日本では「二年制大学」と呼ばれ、修了すると”Associate Degree”と呼ばれる学位がもらえます。

四年制大学に進みたい場合は、トランスファー(編入)をして、ジュニア(大学三年生)として授業を取ります。

 

このブログでもたびたび登場してきましたが、私が通ったコミュニティカレッジは、San Diego City College(サンディエゴシティカレッジ)、通称「シティ」と呼ばれる、サンディエゴで一番古いコミュニティカレッジです。シティは、San Diego Community College District管轄の一校で、他校のSan Diego Mesa College(サンディエゴメサカレッジ), San Diego Miramar College(サンディエゴミラマーカレッジ)でも、同じ授業を受講することが可能です。

 

(サンディエゴシティカレッジのキャンパス from stateuniversity.com)

 

この3校の中でもそれぞれに特徴があり、私が通ったシティはダウンタウンにあったため、また独特の雰囲気がありました。

まず、日本人がいません

私がコミュニティカレッジに入学した頃(2003年)は、この南カリフォルニア州のコミュニティカレッジで日本人に会わない日はない!などと言われていましたが、このシティカレッジにはほとんど日本人学生がいません。私と同時期に入学した日本人は、自分を含めて4人。他の学年はそれ以下だったようです。

困ったときや、テスト明けには日本人学生同士で集まったり助け合ったりしたものの、それ以外の面では日本人と関わりあうことがほとんどなく、英語上達やアメリカ生活を学ぶ上でとても大きな役割を果たしていたと思います。

 

次に驚いたのは、学生の多様性

年齢、人種、出身国、職業など、「キャンパスライフで青春!」という言葉のイメージからは程遠い世界でした。

まず、学生の平均年齢が高い。

姉妹校のメサカレッジは、高校を卒業してすぐに入学する学生が多いので、19~20歳の学生がほとんど。夜の授業を除いては、「大人」はほとんどいません。

このシティカレッジは、自分と同年代の人を探すほうが難しい。笑

仕事をしている人、子育てを終えて勉強に戻ってきた人、キャリアアップを目指している人、趣味で来ている人など、とても多様な「理由」がそこにはありました。

出身国も、留学生としてではなく、家族単位で移住してきた人がとても多く、世界各国からやってきていました。

 

クラスメイトと一緒に勉強をしたり、チームメイトとテニスをすることで、色々な人と仲良くなりましたが、みんな、ここに来るまでに様々な体験をしてきており、高校を卒業したばかりの自分にはとてもそれが新鮮だったものです。

テニスでダブルスパートナーだったHeidiは、モンタナ州出身の一歳上の女の子。高校卒業と同時に家を離れ、日本食レストランで働き、そこで仲良くなった日本人と日本へ旅行したり、仕事をしながら大学とテニスをしていました。一緒に四年制大学に編入した後は、コスタリカへ交換留学したり、現在はスペインで英語教師として働いています。

数学のクラスメイトだったGuyは、若い頃に少し危ないことをしましたが(笑)、今は心を入れ替え、自分で働きながら数学と物理の授業を取り、私と同時期にUCSDにエンジニア専攻で編入。今はコンストラクションの分野で働いています。

みんなそれぞれの事情があるにも関わらず、「勉強するんだ!」という強い目的意識と夢を持ち、地道に積み重ねていく。それがコミュニティカレッジという場所です。

 

私も入学当初は、宿題が出されたことすら英語が聞き取れず、提出の日になって、「え!?そんなの宿題だったの?」なんてこともたびたびありました。ヨーロッパの歴史のクラスでは、隔週で出されるレポートの宿題に、泣きながら取り組んだこともあります。(そんなクラスを最初のセメスターにとるのが悪い。笑)

日本の地元では進学校と呼ばれた高校を卒業していても、勉強したい!と思ったことのない自分にとっては試練の数々でしたが、一緒に勉強しようと言ってくれるクラスメイト達、レポートのために夜中に辞典を引っ張り出してきてくれるホストマザー、辛抱強く説明してくれる先生たちのおかげで、「アメリカの大学」というものを学んだ二年でした。

そしてこの二年があったからこそ、編入後の勉強はもっと楽しかったし、インターンをしたり、広く世界を見渡しながら卒業できました。

「卒業が大変」と言われるアメリカの大学ですが、実はコミュニティカレッジから編入してきた学生のほうが、一年次からその四年制大学にいる学生に比べて、卒業率が高いと、アカデミックカウンセラーから聞いたことがあります。実際、私と同じ専攻で必要年数(四年、または編入後なら二年以内)で卒業している学生は、コミュニティカレッジからトランスファーしてきた学生ばかりでした。

 

今の職場に来て、サンディエゴのビジネスに長く携わる私のボスと、コミュニティカレッジについて話をしましたが、アメリカ人にとっても、コミュニティカレッジというのは特別な場所であり、コミュニティの財産であるとのこと。

大学教育を受けてキャリアアップするということは、コミュニティを活性化するのに貢献しているわけであり、その門が誰にでも広く開かれているコミュニティカレッジは、「アメリカンドリーム」への第一歩なのかもしれません。

 

ここサンディエゴにあるコミカレ、グロスモントカレッジで働かれているMikaさんの記事「学問の勧め(コミカレ編)」もぜひ参考にしてみてください。

 

コミュニティカレッジという第一歩” への17件のフィードバック

  1. サンディエゴの語学学校に留学していた日本の大学生です。現在大学3年生ですがどうしてもまたサンディエゴで学生生活を送りたいという気持ちが強く悩んでいます。お返事頂ければ幸いです。

  2. ひかりさん、コメントありがとうございます!

    サンディエゴで学生生活を送るとしたら、学部に転入する予定ですか?それとも、短期の語学留学でしょうか?
    もしよければ、コンタクトのページから、具体的な希望を教えてください。

  3. お返事ありがとうございます!!
    できれば今の大学を辞めてサンディエゴの大学に編入したいと考えています。

  4. はじめまして。
    お尋ねいたします。
    21歳の娘がサンディエゴ周辺のコミュ二ティカレッジの入学希望です。
    4大への編入率の高い車の必要としないカレッジを教えていただけないでしょうか?
    山よりできれば海よりのところを希望しています。
    娘は今年の5月に日本の大学の法学部をやめました。
    よろしくお願いいたします。

  5. 川本百夏さん、こんにちは!
    コメントをいただき、ありがとうございます。

    サンディエゴ周辺のコミュニティカレッジでポピュラーな学校と言えば、
    1. San Diego City College (この記事で書いた学校)
    2. San Diego Mesa College
    3. Grossmont College
    などがあります。
    この三箇所の位置的な関係をGoogle Mapで示してみたので、このリンクでチェックしてみてください。
    https://maps.google.com/maps?saddr=San+Diego+City+College,+1313+Park+Boulevard,+San+Diego,+CA+92101&daddr=San+Diego+Mesa+College,+Mesa+College+Dr,+San+Diego,+CA+to:Grossmont+College,+Grossmont+College+Drive,+El+Cajon,+CA&hl=en&sll=32.761635,-117.158568&sspn=0.110432,0.145569&geocode=FftG8wEd6GUE-Sk5FKRkoFTZgDENfifTCbDOFA%3BFSiU9AEdKjgE-SHYUz6cHwDh2CmHqgaY-f_bgDHYUz6cHwDh2A%3BFSS-9AEdDJ8G-SHxZdhDZYd5einvUbiq61fZgDHxZdhDZYd5eg&oq=grossmont&mra=ls&t=m&z=12

    車を必要としないのであれば、ダウンタウンにあるシティカレッジですね。私と同時期に入学した日本人学生はダウンタウンにアパートを借りていたので車を持っていませんでした。
    他の学校の車事情はわかりませんが、近所でアパートやホームスティを探すことは可能だと思います。
    編入率というのはあまり話題に上がりませんが、コミカレから編入する学生は4年制大学の卒業率が高いようです。

    娘さん、がんばってください。

  6. 2013年の秋からサンディエゴのメサカレッジかグロスモントカレッジに1年間だけ留学を希望しています。
    私は奨学金の都合上、Communication Studiesを専攻していなければなりません。
    一年間のサーティフィケイトで行きたいです。
    しかし、カリフォルニアのコミカレはバジェットカットにより、とりたい授業が必ずとれるとは限らない状況だと聞いております。
    実際にはどの程度の状況なのでしょうか?
    もしご存じでしたら、返信いただけると幸いです。

  7. はじめまして
    休学留学でシティカレッジに1年間留学したいのですが
    費用はいくらくらいかかるのでしょうか。
    親戚がいるので授業料など学校に関係する金額だけで結構ですので教えていただけないでしょうか。
    また入学に関係することを教えていただきたいです。SATやTOEFL、TOEICなど… また難易度などを教えていただければ幸いです。
    現在18歳です。

  8. >minさん、

    コメントが遅くなって大変申し訳ないです!
    グロスモントには無事に通われているのでしょうか?留学アドバイザーに日本人の方がいらっしゃるので(一人はアメ10ブロガーのMikaさんです)、ぜひご相談されてみてください。
    頑張ってください!
    もし追加の質問があれば、コンタクトのページからご連絡ください。

  9. >まつおかさん

    シティカレッジに留学予定とのこと、楽しみですね!

    入学に関する詳しい情報は、シティカレッジのウェブサイトをぜひ研究してみてください。

    http://sdcity.edu/

    留学生として通う場合は、”Admission”から”International Student”のページへ行けば、TOEFLなど入学基準の情報があります。
    同じく、”Admission”から”Tuition & Fees”へ行けば、学費の情報が見つけられるかと思います。
    がんばってくださいね!

  10. いきなりすみません。サンディエゴシティカレッジには、torism and travel services managementを専攻できますか?ある、大学サーチのサイトではこのmajorをみたんですが、実際に学校のサイトをみてみると、torismというの自体ありませんでした。torism and travel services management学科はなくなったんでしょうか?m(__)mもし、なにかわかればおしえてください

  11. mmさん、こんにちは!
    コメントありがとうございます。返事が遅くなってごめんなさい。

    シティカレッジにTourismのメジャーはあったのかなぁ?そういう話は聞いたことがなかった気がします。
    私もわからないので、ぜひ大学に問い合わせてみてください。
    「その学科はないよ」と言われたら、「どこで勉強できますか?」と聞いてみると、他の学校のことも教えてくれると思います。

    これがシティの学問分野ごとのカテゴリーです。
    http://sdcity.edu/AcademicPrograms/BySchool.aspx

    頑張ってくださ~い♪

  12. はじめまして。大学2回生で英語を専攻しています。
    いま、学校の留学プログラムでカリフォルニア大学デイビス校に一年間留学しています。
    留学後、アメリカのコミュニティカレッジまたはユニバーシティに編入したいと真剣に考えています。いろいろ検索をかけたところ、erinaさんのこの記事に辿り着きました。
    学費、就職のことなどのお話をお伺いしたいと思っております。
    よろしければメールをいただけると幸いです。

  13. はじめまして。今年の秋からコミュニティカレッジへの入学を希望している高校3年です。
    ある留学斡旋(?)会社さんを通して今英語の勉強をしております。
    そこの提携校でいくつか候補があるのですが、ワシントン州やニューヨークよりもカリフォルニアのほうが自分の体には会っているのではないかと思い、探しています。
    TOEFLのITPで出願できる学校はカリフォルニアにありますか?
    やはりiBTでないとできないですか?
    こんなコメントですみませんが、返信頂きたいです。

  14. こみさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
    残念ながら、私がTOEFLを受けたときと時代が変わってしまっているようで、iBTとITPの違いがわかりません・・・すいません。
    そこで、現在、サンディエゴにあるGrossmont Collegeの入学課で働いている、Mikaさんにアドバイスをお願いしたので、彼女からのコメントを待ちましょう。

  15. そうなのですか!こちらこそすみませんm(__)m

    お手数をお掛けしてすみません。
    ありがとうございます!

  16. こみさん、こんにちは。
    ブロガーMikaさんからのお返事をいただきましたので、書きますね!
    ——-
    こみさん、
    いつもご愛読ありがとうございます。TOEFL ITPは通常、テストを実施した学校のみで有効です。ですからもしITPを日本の学校で受けた場合、そのスコアをアメリカで使うことはできません。わがグロスモントカレッジではITPをアメリカ国内の語学学校からのトランスファーの生徒のために実施していますが、グロスモントカレッジ以外のアドミッションには使えませんよ、と伝えています。ただし日本の学校によってはカレッジと提携していることもあるので聞いてみてください。(例えばグロスモントでは神田外語生のITPを受け付けます。)

    幾つかの大学へ申し込みをするのであればiBTを受けた時にスコアを送りたい大学の名前を記入すれば3校まで(多分)ただでスコアを送ってくれます。それ以外は一回のスコアリクエストにつき19ドルかかります。

    ご自分にあった学校が見つかるといいですね。なにかお手伝いできることがあったらまた連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です