サンディエゴ大停電!!

9月8日木曜日の午後3時40分頃、突然、「カシャン」という音とともに、職場のPC画面が突然オフになりました。

オフィス全体が薄暗い・・・。

「停電だ・・・」

10秒くらい待ってみましたが、電気は戻らず。

 

隣のオフィスのマリリンに、「これ、よくあるの?」と聞いてみると、ここで5年働いた彼女は「これで3回目」とのこと。

なんだかオフィスがざわつき始め、誰かが「サンマルコスでも停電だって。」

え〜っ!?!?

このブロックだけとかじゃないの?サンマルコスなんて、ここから30マイル(50キロ近く)離れてるのに。

 

心配になって旦那に電話をかけてみると、ちょうど子供達をデイケアでピックアップするところとのこと・・・よかった。電話も通じるし、とりあえず安心。

そんなことをしている間に、どうやら北はパームスプリングスやオレンジカウンティ、南はメキシコまで停電、とのことが発覚。これは長期戦になりそう、とのことで、全員帰宅の雰囲気に。

そうこうしているうちに、ビルのサイレンが鳴り始め、どうやら強制的にビルから退去することになりました。

地下駐車場に階段で下りてみると、車が全く進んでない様子。そうだよなぁ、これじゃ渋滞で絶対に動かないよ・・・と考え、15ブロック先の旦那の職場(そこに子供もいるはず)まで歩くことにしました。

予想通り、道路の車は全く進んでいません。運動不足なのに歩いている私の方がよっぽど速い。でも、車、どうしよう・・・?

途中で迎えを待つ人々がビルの前に座り込んでいました。中国人っぽい女の子が一人で座っていて、お腹をおさえている。見てみるとどうやら妊娠7ヶ月くらい。

“Are you ok?”

“Yes… my friend is picking me up.”

“Oh, I see. Please take care.”

やっぱりこんな状況だから、つい話しかけてしまう。

フリーウェイの入り口の交差点では、警察が車の誘導を早速し始めている。車を止めて、私が道路を渡れるようにしてくれた。

“Thank you, Officer.”

と言うと、にっこり笑ってくれた。

 

案の定、旦那のオフィスに子供達もいて、とりあえず安心。よかった。こういう時に家族がバラバラだとすごく嫌だ。3月の東北地震のことを考えずにはいられない瞬間。

私の車はオフィス、旦那の車はガソリン不足ということで、家にはまっすぐ帰れない。とりあえず近くの友達の家まで行くことに。そこでもうちょっと待機してみよう。情報もなさすぎる。

子供にピーナッツバターサンドイッチを食べさせ、冷たい水で体を洗い、薄暗くなってきた頃にSDG&E (San Diego Gas & Electricサンディエゴの電気会社)の報告がラジオで始まる。

「電気の復旧まであと数時間はかかります。」

ということなので、ダウンタウンまで私の車を取りに戻り、帰宅することに。

それ以外に得た情報は、北はオレンジカウンティで停電中。東はなんと、ニューメキシコ州でも停電。原因は、どうやらアリゾナの電気会社の一作業員による人為的ミスらしい。一人のミスでこれだけの影響って・・・どんなシステムなの?と疑問。

サンディエゴダウンタウンはありえないくらい真っ暗で、歩行者も見えない。信号ももちろんついてない。いくつかのビルの緊急時用ライトが見えるくらいで、とても不気味でした。

 

家に戻ってもまだ電気は戻っておらず、夫婦でラジオに釘付けに。

そういえば、私まだ何も食べてないな。でも食欲もない。

そうこうしているうちに、ラジオで「サンマルコスの電気復旧!ボニータでも!」という報告が入ってくる。うちはいつかな〜と気長に待つけど、気になる。

子供達とほぼ満月のお月様と星を見て、「サンディエゴでもこんなにたくさん星が見えるんだな〜」と初めて知る大停電の夜。あたりはすごく静かで、車の音も、人の声も、雰囲気も感じない。こんなサンディエゴの顔もあったんだ。

一人、眠れずにラジオをもう少し聞こうと起きた頃、我が家にも電気が復旧しました。11時45分。停電開始から8時間後のことでした。

 

やっぱり日本人である私は、終始、3月の東北地震のことを考えずにはいられませんでした。これで地震や津波が最初にあったら・・・と考えると、パニックにならずにはいられないだろうし、家族と連絡がとれたことがどんなに安心材料になるのか、とても実感させられました。

サンディエゴの人々は、思いのほかパニックになったり人を押しのけたり、ということもなかったようで、少しほっとしました。今回の停電は、色々なところに課題を残していったはずです。アメリカの、サンディエゴの危機管理について、これから少し注意してみようと思います。

 

停電後のレポートはこちらの記事「サンディエゴ大停電のあとで

この停電に見る、アメリカの責任問題についてはこちらの記事「誰が悪い?-アメリカの責任問題

サンディエゴ大停電!!” への4件のフィードバック

  1. 無事に電気が戻ってよかった。何年か前に、東京でも大停電がありました。たった2時間くらいでしたけど、それも、たった一隻の船が、電線にふれてしまったため。それで、東京23区と神奈川県の一部が停電です。アメリカの規模とは比べ物になりませんが。でも、電気がないと、本当に不便ですよね。普段、普通にしてることができなくなる。当時、コンビニで働いていたのですが、その停電の間、レジが使えないため、すべて手書きで計算していたそうです。そして、冷蔵庫もダメなので、アイスクリームや、冷凍商品は、いくつか無駄になったそうです。本当に、電気は大切ですね。

  2. とりあえず金曜日の朝までに電気が戻ってやれやれです(うちも停電してました)。
    Erinaさんは家族のメンバーとすぐ一緒になれてよかったですね。離れ離れで心配してるのが一番つらい。
    私は家にいて、冷蔵庫開けたら中が暗い・・・ってので停電に気づきました。主婦だ。
    停電自体はアメリカは結構頻繁にあるから驚かなかったけど、大体5分とか10分とか、気づかないうちに復活するのに、今回は30分たっても直らないなぁ・・・って思ってたら、夫からの電話でかなり大規模なものだと判明。あー、復旧までに時間かかりそうだからろうそく出しとこ~。って感じで結構のんびりしてました。水とガスは使えたから。
    私も日本の地震と今回の台風で被害にあった人たちのこと考えました。
    日本の実家ではあの地震のあと、防災グッズをしっかりそろえたのですが(以前から準備はしてありましたがパワーアップ)サンディエゴの家ではそれをまだしていなかった。
    車のガソリンは常に半分以上入れておく。
    手動で発電できるラジオを買う。
    携帯は常に充電しておく。
    これがとりあえずの私のTo Do リスト。
    お店のアイスクリーム。溶けちゃうからって通行人に配ったりした店もあったそうですよ、サンディエゴでは。こういうところにもアメリカを感じますね~。
    携帯電話のキャリアーが通常通りサービスを提供できててよかった。

  3. あ。Erinaさんは食欲がなくなっちゃったんですか?
    私は「ビール、冷えてるうちに飲んどこ♪」って(笑)、いつもより静かな夕べを楽しみました。

  4. いやいや、停電で大変な目にあいましたよ。

    午後3時40分に、パシャンって来ましたよね。で、少しオフィスでラップトップパソコンを使って仕事をしていたんですが、セキュリティの人間がやってきて、「避難しろ!」って部屋から追い出されて。「これは長丁場になりそうだぞ」と思ったので、パソコンをバッグに積めて、帰りの支度。案の定、

    待てど暮らせど電気が戻ってこないので、皆さん、帰宅の途に。あれよあれよと言う間に、駐車場と道路が帰りの車だらけ。うちに子供がいて、少し心配だったので、私も帰宅の途に。もう少しよく考えてから行動すべきだったんですが、それも後の祭り。車は渋滞の中。ほとんど動かず。午後4時に駐車場を出て、家に帰り着いたのが6時過ぎ。なんと、たった3マイル走るのに、2時間もかかってしまいました。時速1.5マイルってことですね(笑)。

    その夜は、キャンドルに火を点けて、カップラーメンの夕食。ラジオで状況を確認するも、復旧のめどは立たず。仕方がないので、午後9時には、家族で就寝。

    とにかく忘れられない1日でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です