スティーブ・ジョブス 逝く

スティーブ・ジョブス
from apple.com

すみません、私にとってあまりにも衝撃的な出来事だったので...。この場をお借りして、故人のご冥福をお祈りしたいと思います。

個人的には、20年ほど前からマッキントッシュを使っていまして。マイクロソフトウィンドウズがウィンドウズではなかったころに、その斬新なデザインとユーザーインターフェースにほれ込んで購入しました。コンピュータミュージックで遊んでいたこともあって、マックにしかない音楽編集ソフトなど、クリエイター向けのソフトウエアが充実していたので、「これしかない!」と言う感じで使ってました。

今でこそ、会社や仕事では、ウィンドウズを使っていますが、私はまったくのマック党。iPodにiPad、最近出たiPhone4Sは、家族向けですが、購入予定。会社の電話もつい先日iPhoneが解禁になったので、早速BlackberryからiPhoneに乗り換え予定です。

ニュースを見た時にはかなりショックでした。極悪非道の経営者なんてうわさをされるほど、ハチャメチャなことをやり続けてきた人ですが、やはり彼のカリスマ性は、会社を経営する人間にとっては絶対に見習うべきところです。

[10/6追記]

スティーブの訃報を聞いたのが、昨日の午後4時ごろ。帰宅してテレビをつけると、ほぼすべてのニュースチャンネルでBreaking Newsとして、彼についての報道番組。今朝になっても、全米ネットのニュースチャンネルでは、スティーブについてのニュースを続けています。それほど、彼の死は、世界中の人々の衝撃的な出来事になりました。

失礼いたしました...。 

スティーブ・ジョブス 逝く” への5件のフィードバック

  1. 日本でもすでにTOPニュースで報道され、
    マクドナルド日本の藤田さんや各企業のトップ達が
    突然の訃報に悲しみのコメントだけでなく、
    そして彼の残した功績の偉大さをコメントしています。

    改めて彼のジーンズ姿を見ると、確かにスリム。
    屈強なアメリカ人のイメージはないですが
    年齢からしてもまだまだ若いですよね。

    コンピューターであり、音楽と携帯を融合したりと
    「業務用」ではなく、誰でも使えて楽しめる。
    しかも便利。この功績は大きいですね。

  2. 佐々木さん、ども!コメントありがとうございます。いやぁ、ほんと、身内がなくなったような感じで、みょーに寂しさを感じるんですよね。いち企業内で、カリスマ的なCEO、社長は結構いると思うのですが、世界的なカリスマ性があるのは、スティーブ・ジョブスを含めて、本当に数人しかいないでしょうね。現CEOのティム・クックが、スティーブ・ジョブス一色のアップルをこれからどのように動かしていくのかも興味のあるところです。

  3. 日本でも、彼の訃報は大きく報道されているようですね。マックのお店の前に献花をする人も多いとか。
    今世紀を代表する、偉大な人物でした。

  4. 日本のTVでも「腹ペコであれ!バカであれ!」の演説映像が何回も流れています。

    「腹ペコだろ!バカだろ!貧民どもめ!ざまぁみろ!」という意味ではなくて(汗)、なかなか良い演説だなぁと、みのもんたも言ってます。それにしてもすい臓や肝臓のガンは怖いです。

  5. 昨日、スティーブジョブスのニュースを見ていたのですが、すい臓がんの死亡率はめちゃくちゃ高いらしいですね。1年持つのは全体の50%、3年(だったかな)が20%、スティーブジョブスほど生きていられる人はほんの数パーセントって言っていました。

    怖い病気です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です