ハワイでB&Bに泊まってみた

アローーハ! みなさんこんにちは。
我がジプシー一家は、今度はハワイへ行っていました。ハワイ島とマウイ島。

あ~、楽しかったっ!
力一杯、楽しかったぞーーーっ!
やっぱりハワイは最高っすねーーーっ!

っと、ハワイ旅行の余韻に浸る私ですが・・・

私のハワイデビューは結構遅く、7年前、30代半ばでハワイ島に行ったのが初めてでした。そしてすっかりハワイ好きになった私。

海の青さや景色の美しさ、食べ物のおいしさだけで言えば、カリブ海もいいしヨーロッパも素敵、アジアも美味しいし、もちろんアメリカ本土にもたくさん良い場所はあります。でもハワイは特別。それは私が日本人だからかな?以下、私の「日本人がハワイ好きな理由」への考察。

日本からハワイに行くと、そこはアメリカ。日本にはないショップで買い物ができるし、アメリカーンな食事や文化も楽しめます。リゾートホテルのプールやビーチでの~んびり日光浴してストレス解消~。外国だけど、言葉が通じない心配はあまりしなくても大丈夫!日本人観光客の多いハワイはホテルに日本語を話すスタッフもいるし、日本語のツアーもあるし。日本食が恋しくなったら、日本食のレストランもありますね。日本というものから完全に離れることなく気軽に楽しめる外国の南の島。それがハワイ。

そしてアメリカからハワイに行くと、本土から離れているけれどそこはまだ国内。パスポートなしで行けるんですね。

国内なんだから、運転免許証などのIDがあればパスポートなしでOKに決まってるんですが、でも初めてサンディエゴからハワイへ行ったときは「え?ほんとにパスポート持っていかないでいいの?念のために持って行くべき?」なんて思ったものです。今でも実はハワイに行くときはパスポートを持って行くかどうか迷います。もしハワイ滞在中に日本の両親から緊急の呼び出しがかかったら・・・・。一旦サンディエゴまで戻ってきてそれから日本へ飛ぶより、ハワイから直接日本へ飛んだほうがずっと近いですからね。(※グリーンカードやアメリカの市民権を持っていない人は、パスポート携帯が義務です)

ハワイにはたくさんの日系ハワイアンが住んでいて、彼らの話す言葉は英語だけれど、見た目は日本の実家の隣に住んでるおばちゃんみたい。とっても親近感を覚えます。 「おばちゃん、ただいまー!」って言いたくなります。普通のスーパーに卵焼きや梅干の入った「Bento」が売られていたり、夏は「Hongwanji」で盆踊りがあったり。日本に深いルーツを持つ人たちがたくさんいるおかげです。アメリカにいながら日本に帰ってきた気がする、それがハワイ。

←ハワイ島の盆踊り。おばちゃんたち楽しそう!

 

日本から行っても、アメリカから行っても、とにかくハワイは日本人にとって居心地が良いのです。

 

 

さて、前置きが長くなりましたが、ハワイに思い入れが多い人も多いでしょうしガイドブックもたくさん出ているので、今回のハワイ旅行記は観光名所の紹介ではなく、今回泊まったB&Bについて書こうと思います。

みなさんは旅行のときにB&Bを利用しますか?

B&BはBed and Breakfastの略で、名前のとおりベッドと朝食を提供してくれる個人経営の宿で、宿はベッドルームが何部屋もある大きな家だったり、ホストの家の隣に宿泊客用の別棟が建っていたりします。ベッドルームは個別ですが、シャワーはベッドルームに併設のところもあれば、他の宿泊客とシャワーが共同のところもあります。予約はB&BのHPから直接、または電話やFAX。個人経営で掃除やその他すべてを家族でまかなっているので、2連泊以上、3連泊以上でないと予約できないところが多いです。部屋の料金とは別にcleaning fee(掃除代)をとるところもあります。

ホテルの宿泊に比べてなんだかめんどくさそうですが・・・

B&Bの良いところは、まずその規模の小ささ。自宅や別宅を使っているので、まるで誰かの家にお邪魔しているみたいな心地よさです。B&Bにはホストやホステスの個性が出ていて、その個性を楽しむのもB&Bに宿泊する醍醐味。彼らとの会話も楽しいし、なによりその土地にずっと住んでビジネスをしている人たちだから、地元のことを聞いたらなんでも教えてくれます!B&Bに宿泊している人たちは大体1週間くらい泊まっているので、朝食時やリビングルームで顔を合わすことも多く、こういう他の宿泊客との会話も楽しいです。おいしいレストラン情報やスノーケルに行くならどこのビーチがいいなど、ホストも交えていろいろ情報交換したり。

それでは、私たちの泊まったB&Bをご紹介しましょう~。宿の名前をクリックするとそれぞれの宿のHPが開きます。

その1「Aaah the View Bed and Breakfast」
ハワイ島のワイメア(Waimea)にあるB&Bです。ワイピオ渓谷やマウナケア山・マウナロア山へ行く拠点にしました。コハラ方面へ行くにも便利です。


ここではロフトつきの部屋・共同シャワーの部屋に泊まりました。

掃除はきれいに行き届いていて快適。

 

 

 


ホストのErikaさんはとっても良い人。彼女の素敵なスマイルからも人柄が伝わってきます。私とそれほど年も違わないと思いますが、思わず、お母さん!と呼んで頼りにしたくなる感じ。

 

 

 

朝食はこんな感じ。これにErikaさんが焼いてくれるキッシュがつきました。美味しかった!朝食はこのB&Bが一番充実していました。

 

 

「あぁ~、すばらしい眺め」という名のとおり、宿の裏には小川が流れ、草原の向こうにマウナケアがきれいに見えます。100点満点のB&Bでした。

その2「Mango Sunset Bed and Breakfast Inn」
ハワイ島のコナ空港からフアラライ山の山腹へ、びゅうっとあがったところにあるコーヒーファームを経営しているご夫婦がやっているB&Bです。


ここの売りはなんと言ってもコーヒー。
朝食に出されるのは100%コナコーヒーです。

 

 

 

 

そしてちょっと癖のあるホストのHansさん。

 
TripAdvisor(トリップアドバイザー)のサイトを見たら、Hansさんが一癖もふた癖もあるようなレビューがでてきますが、彼はなかなか興味深い人でした。コナコーヒーについて熱く熱く語ってくれました。800近くあるコナコーヒー農場のうち、50しかない生産から加工までをすべて自分の農場で行うコーヒー農場のうちの一つで、ここで作られているコーヒーは100%オーガニックだそうです。ドイツ系のご夫婦はドイツ語も話すので、ドイツからの宿泊客も多いようです。

 

たわわに実をつけるコーヒーの木。宿の目の前にあるコーヒー畑やコーヒーを加工する施設は自由に散策OKで、Hansさんの時間があるときは農場内をガイドしてくれます。

 

 

ここは部屋のきれいさや食事内容はいまひとつでしたが、ホストの個性の強さと、うちの娘と遊んでくれたかわいいお嬢ちゃんと、ありえないレベルで人懐こいネコとイヌで得点UP。そしてなによりコーヒーファームに泊まれるというユニークさで、総合85点!コナ空港まで車で10分ほどと便利でした。

その3「Haiku Plantation Inn」

マウイ島のHaiku(ハイク)という町にある、昔パイナップルのプランテーションにあった建物をそのまま使った宿です。

 

 

 

このプランテーションハウスは、キッチンとリビングを中心に4つの部屋がそれぞれ隣り合うことなく配置されていて、隣室の声などを(いや、どっちかって言うとうちの娘の騒ぎ声を)気にすることなく快適でした。昔は使用人がそれぞれ部屋を使っていたのかな?プランテーションハウス、よく考えて作られてますね。

 

ホステスのSandyさんは、朝食にはあまり気合が入ってませんでしたが(ハワイ島と違って、マウイではB&Bは火を使った料理を提供してはだめだという決まりがあるので仕方ないかな)、彼女のインテリアコーディネートの腕はなかなかで、各部屋きれいに飾り付けてありました。 古い家をきれいに保つための時間と労力が感じられました。

 

この宿からは、Sandyさん情報を元に、ロコの行く滝を教えてもらい滝遊びを楽しみました。滝にしろビーチにしろ、彼女のローカル知識は豊富で、「Haikuの生き字引」という感じでした。わからないことはSandyさんに聞け!

 

以上、私たちが泊まったB&Bの紹介でしたが、どのB&Bも「もう一度泊まろうかな!」という気にさせてくれる宿でした。Mango Sunsetは意見が分かれるかな。。。

さて、良いB&Bの探し方は・・・
①宿泊したい地区のB&Bのリストを手に入れます。地名+B&Bで検索したら何かしら出てきます。
②TripAdvisorなどの口コミサイトでそれぞれの宿の評判をチェック。口コミに勝るものなし!
③ある程度めぼしをつけたらそれぞれの宿のHPを見ます。
②と③は同時進行で。
宿のHPで自分たちの宿泊の条件に合うかどうかを調べます。条件に合わなくても、交渉しだいでOKな場合もあるのでメールで連絡。3連泊以上とうたっていても、2連泊だけさせてくれることももちろんあります。そして予約が完了したら・・・

実際にどんな宿か!?

実際に現地につくまで、ドキドキしますね~。

ホテルに飽きた方は、つぎはB&B、どうですか? 

ハワイでB&Bに泊まってみた” への4件のフィードバック

  1. B&B、良いですね!親戚のおうちに泊まってる感じ。
    私も次回、旅行するときはぜひB&Bにしよう!
    リタイヤしたら、B&Bやろうかな。北海道のスキーリゾートみたい。

  2. >Erinaさん

    こめんとありがとう♪
    子供が赤ちゃんのときはB&Bという選択はなかったんですが、もう大きくなってきたし、B&Bに泊まっても大丈夫でした。一箇所にじっくり泊まってそこを拠点にいろいろ見て回るような旅行だと、B&Bはいいですよね~。

  3. そっか、確かにベビーは連れて行きにくいですね。夜中に泣くし。笑

    私も同じ場所に二泊以上する場合は、そこに住んでいる人の生活を見たいので、そういう意味でB&Bは良い機会ですね。
    一泊だと通り過ぎちゃうだけって感じだし、こういう穏やかな旅行がしたいな~・・・。ポーチに座ってビールを飲みながら夕日が沈むのを見る旅行なんて、次はいつだろう・・・(遠い目)。

    それにしても、Hansさんはあきちゃんを叱ってるように見えるこの写真。笑
    名物パパなんでしょうか?

  4. >Erinaさん

    そうそう、夜中に泣くし(笑)。

    うちが旅行するときはだいたい一箇所に一週間滞在するので、だから普通の観光旅行よりはゆっくりその土地のことを知る時間があります。ホテルについてまずすることは、近くの地元の食料品スーパーPlaygroundの場所チェックですから。

    もう少ししたら、ふた家族で一緒に旅行とかしたら、子供同士で遊んでくれて、親はのんびりできるんじゃないかなぁ~。って親の希望通りいくかな?

    Hansさんは、これはうちの子に「何が食べたい?」って聞いてるんじゃないかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です