ポケットに火がつく?!

どうもこんにちは、Erinaです。

みなさん、ホリデーシーズンをいかがお過ごしでしょうか?

この時期、家族や知人にギフトを贈ることが増え、懐が寂しくなります。(笑)

今日はアメリカの大量消費文化について書いてみようと思います。

 

こんなフレーズを聞いたことがありますか?

 

“My money is burning a hole in my pocket.”

 

意味は、「ポケットの中のお金に火がつく感覚」から「手持ちのお金を使いたくて仕方ない」という心情を表しています。

このポケットが燃えている感覚は、周りのアメリカ人を見ていると、確かに言い得て妙な感じです。

この記事でも書きましたが、貯金という概念があまりないこの国は、宵越しの金は持たない江戸っ子か?!と思うくらい、あるお金をぱっと使う人が多いです。

 

From www.dagami.com
From www.dagami.com

 

 

サンクスギビング後のブラックフライデー以降、クリスマスショッピングが始まるアメリカ。

テレビのCMでは「ホリデーセール」が常に叫ばれ、各リテールのウェブサイトでも、30%OFF, 50%OFF, 75%OFFなんて赤い大きな字が並びます。

11~12月の週末、ターゲット、ウォルマート他デパートメントストアやショッピングモールは人と車でごった返します。

 

観察していると、ウィンドウショッピングをしている人の多いこと。レジの列で待つ人たちのカートの中身をこっそり見てみると、「そんなの使うの?!」と思えるようなものでいっぱい。(余計なお世話か?)

「クリスマスショッピング」という名目で、大切な家族や友人のためにお金をどっと使いたい人が多いようで、結果として、現代のクリスマスは商業化されすぎている、と思う人も増えています。

 

 

26日の朝、職場で盛り上がるのはやはりクリスマスのこと。

“How was your Christmas?”

“Did you have a good Christmas?”

なんて質問しあいます。

 

我が家の今年のクリスマスは非伝統的なものでしたので、よそへでかけることもゲストを呼ぶこともなく、クリスマスディナーもなしだったのですが、伝統的なクリスマスを過ごした人たちは大変そうです。

特に、夫婦両方の拡大家族が同じ市内にいると、朝は奥さんの実家、午後から旦那さんの実家、それぞれに親戚の子供たちのプレゼントも用意して・・・・と、聞いているだけで疲れそうです。(しかも次の日は仕事・・・・。)

「義姉の子供たちがワガママで困る!」とか、「うちの息子は欲しいものがもらえなくてごねて困った」とか、そういう悩みは共通のよう。

モノに溢れた現代の波をどうやって乗り切るか、親は悩むところで、これが本来のクリスマスなのかなぁ?と非キリスト教徒ながらも考えてしまいますね・・・。

 

 

とは言っても、日本で生まれ育った私がクリスマスを語ることはできませんし、かといって子供たちが楽しみにしているサンタクロースを無視するわけにはいきません。笑

そんなわけで、「サンタクロース」と「本来のクリスマスの意味」を私はあえて切り離して考えることにしました。

 

私はここ数年、クリスマスショッピングはすべてオンライン。Amazon様様です。

ちょうど同僚とも話したのですが、オンラインショッピングでは、

  • 店頭で目について余計なものを買うリスクがない。
  • カートに入っているものを、清算時に今一度チェックできる。(ここでだいぶ冷静になれる)
  • 人ごみや駐車の心配をしなくていい。
  • 家に配送してくれる。
  • ギフトを贈る場合は、郵便の心配をしなくて良い。

という素晴らしい利点があります。(あ、Amazonの回し者みたい・・・)

仕事をしていると、不在時の宅配が気になるところですが、去年から職場の近くの郵便局にP.O.Box(私書箱)を借りて(一年で60ドルくらい)、そこに配送してもらうようにしています。

 

今年は引っ越したり、小学校入学があったりと、環境の変化がたくさんあり、クリスマスショッピングにも乗り気になれず。子供たちへのプレゼントを最低限で用意し、夫婦間のリクエストは無しでした。

どうやら私のポケットのお金には火はつかなかったようです。いや、火がつくほど残ってなかったのかも。笑

 

みなさんのクリスマス休日はいかがでしたか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です