モチベーションをもらう


先週、あるイベントに参加してきました。


Think and Grow Rich – Three Feet from Gold movie event


先日、


Three Feet from Gold – あきらめるな!


にも出てきた「あれ」です。


アメリカ_思考は現実化する


ミックムーアのメンターGreg Reidが書いた本が今回映画化されるそうで、そのプロモーションも兼ねたイベント(かな?)。


グレッグ・リード


近所の映画館の1ホールを借り切り。


参加者は100人ほどでしょうか?


かなり有名な人の顔もちらほら。


カメラを持参するのを忘れてしまったので、いっしょに写真、ってのはできませんでした(残念)。


イベントのプレゼンターがまたすごい。


日本でも有名な、ブライアン・トレーシー、「1分間マネージャーシリーズ」で一世を風靡したケン・ブランチャード、「The Secret」本を世に送り出したBeyond Words Publishing CEO Richard Cohn(リチャード・コーン)など、そうそうたるメンバー。


「こんな有名な人たちが手の届くところにいるんだなぁ」


などと、一人で悦に入っていました。カメラを持参しなかったのをつくづく後悔しました。


それぞれが、自分の哲学と言うものを持っていて、それを面白おかしくみんなに話します。


成功を収めているすべてのプレゼンターの話の共通点...、それは、


「何があってもあきらめるな」


あの「The Secret」を世に送り出したRichard Cohnが言います。


「あの本が世の中に出るまで、何度、経営危機に陥ったかわからない。何度、店じまいをしてしまおうと思ったかわからない。でも、私はあきらめなかった。それが天に通じたのか、The Secretと言うすばらしい本を世に送り出すことができた。」


あのブライアン・トレイシーが言います。


「成功者たちは、常に『何が欲しいのか、どうやったら手に入れられるのか』にフォーカスしています。そして、それらが得られるまで決してあきらめません。」


これらの考え方の源は、ナポレオン・ヒルの「Think and Grow Rich(思考は現実化する)」なのです。


私の隣に座ったある会社の社長、私の友人で映画のプロデューサー、そしてミック・ムーア、私のメンターのドン・ボイヤー、ビジネススクールオーナーのDC・コルドバなどなど、成功者、あるいは成功者になることを夢見てがんばっている人たちのバイブルとなっているのが「Think and Grow Rich」なのです。それほど影響力のある本ってことですね。


ちなみに私も若いころに(笑)日本語版を5回ほど読みました。何度も読んでどんどん吸収して...。何度読んでもその意味するところの深遠さに感動していました。


まだ、読んでいらっしゃらない方、すでに読まれた方も、読むことをお勧めします。


モチベーション、インスピレーションをもらうことができます。


もちろん、あなた次第ですけどね。

 

モチベーションをもらう” への4件のフィードバック

  1. SDエリナさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

    デール・カーネギーですか。日本でもたくさんの書籍が出てますね。

    この本は、日本だと、

    「人を動かす」

    http://www.amazon.co.jp/%E4%BA%BA%E3%82%92%E5%8B%95%E3%81%8B%E3%81%99-%E6%96%B0%E8%A3%85%E7%89%88-%E3%83%87%E3%83%BC%E3%83%AB-%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%8D%E3%82%AE%E3%83%BC/dp/4422100513/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=books&qid=1268668313&sr=1-1

    ってタイトルになります。原書と少しずれてますね。

    内容がずれてないと良いですけどね(笑)。

  2. 本はいりません。

    Masaという男の発信する言葉が、
    僕に『チャンス』を手繰り寄せたんですから。
    彼はまだ僕の視界に入ってない。
    まずは、彼のバックミラーに映るよう進むだけ。

    思考は現実化する、まさにその通りです。
    僕もギアを入れ替えアクセル踏み込むので
    ピットインせずTOPで待っていてください。

  3. Marlboroさん、毎度!コメントありがとうございます。

    相変わらず意味深なコメント、ありがとうございます(笑)。

    人ががんばってる姿を見ると応援したくありません?「あぁ~、あぁ~、そんなことやってちゃだめだよ。こうやればもっと楽に行けるでしょ?」とか、「そそ、そんな感じでがんばればどうってことないでしょ?」とか。

    で、その人がゴールに到達できたのを見ると、何か自分のことのようにうれしくて...。「...だろ?だからいったじゃん。」なんて。「祝杯、いっしょに上げようよ!」って。

    同じ方向に向かって進んでいる人たちって、知らず知らずのうちに引き寄せられてると思うんですね。ポジティブの中にネガティブは存在できないから。

    >彼のバックミラーに映るよう進むだけ。
    (笑)Marlboroさんはまだ映ってないですよ。でも、砂埃が見えるようになってきました。このまま行くとすぐに追いつかれそうだから、ブースト圧を少し上げて、ターボ全開で、少し距離を離さなきゃね(笑)。

    >ピットインせずTOPで待っていてください
    燃料の続く限り突っ走りますから、後続をどんどん切って、私の車の後ろにしっかりついてくださいね。で、コーナーでガンっと内側から入って、抜かれたりして(爆笑)。

    がんばりましょう!サンディエゴで待ってます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です