仕事中にウェブサーフィンなんかしてるんじゃない!

アメリカ企業ウェブサーフィン

日本で働いている方、仕事中にウェブサーフィンってしてます?

私が日本で働いていた15年ほど前は、インターネットと言ってもニフティにつなげて、文字をおっかける程度で、それほど大した仕事情報なんかも取れませんでした。なので、仕事中にウェブサーフィンなどすることは、まずありませんでした。ってか、その必要がありませんでした。

今はどうでしょう。インターネットで検索すれば、ほとんどの情報が取れますよね。

私の場合、電子設計屋ですので、部品の情報を調べたり、部品メーカーの規模を調べたり、あるいは、オンラインでものを買ったり、とにかくインターネットを使って、いろいろなことをしています。

逆に言うと、インターネットがつながっていないと、メールも含めて、ほとんど何もすることが出来ません。

去年、サンディエゴで「大停電」が起こったとき、会社のネットがまったく使えなくなりました。もちろん家でも。そして、電話、携帯も。

このときほど、ネットの大切さを感じたことはありませんでしたね。ネットがないので、情報の検索もできない、メールも書けない、電話もかけられない。

それくらい、今では、ネットがすべての人たちの生活の一部分、いや、かなりの部分を占めているってことなんでしょうね。

 

ちょっと話がずれました...。

と言うことで...、うちの会社では、ウェブサーフィンも仕事のうちとみなされています。と言うか、仕事中にウェブで調べ物をしていても、よほどのことがない限り、問題になることはありません。

もちろん、会社側で、いかがわしいサイトとか、どーしよーもないサイトにいけないように、その手のサイトにはブロックがかけられていますが、ま、そんなサイトはまれなわけで。

そんな仕事環境なので、仕事時間をウェブサーフィンで過ごしている不届き物もたくさんいます。一日中PCの前に座ってウェブサーフィンをしている人間も珍しくないでしょうね。「調べ物」とか言う理由で。

幸いにも、うちの会社は、従業員それぞれに、キュービクルとかオフィスが与えられているので、他から何をしているのかあまり見えないようになっているんですね。それを良いことに...。

 

日本ではありえないでしょうね。

私が以前働いていた日本の会社では、インターネットの個人利用は禁止されているとか。なので、gmailとか、スカイプもできないって嘆いてました。

ただ、ネットが生活の一部になっている今の世の中、ネットの使用を制限するってことは、仕事の幅を狭くしているようなものだと思うんですね。

なので、そのあたり、日本の会社はもう少し寛容になっても良いんじゃないかと。それによって、仕事の質を上げることもできると思うんですよね。もちろん、抑えなきゃいけないところはしっかり抑える必要はあると思います。どこにも、仕事そっちのけでウェブサーフィンに興じる不届き物はいますからね。

ウェブサーフィンの大好きな、Masaの独り言でした。 

仕事中にウェブサーフィンなんかしてるんじゃない!” への2件のフィードバック

  1. おぉ。この記事、ちょっとドキッとしました・・・・笑
    インターネットが入ってから、仕事の効率が上がったのか下がったのかはわからないですが(いいのか?!)、アクセスができる以上、仕方ないですよね。本当、あとは本人次第。

    うちの現在の会社は、ネットが重要でもないので、めちゃくちゃ回線が遅いです。nfl.comなんて開いた日には、クラッシュしてしまいます。笑

  2. でも、正直、仕事中のウェブサーフィンって息抜きになりますよね。私のオフィスは、入り口とは反対方向にパソコンのディスプレーが向いているので、サーフィンし放題です(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です