体を動かそう!Let’s Zumba in Kansas!

こんにちは!カンザスシティのErikoです。

あっという間に夏も中盤、暑い暑い!と言いたい所ですが、嬉しい事にこの夏のカンザスシティは例年よりマイルドで暑いながらも比較的過ごしやすい日が続いています。もしかしたら今年は40度越えの日々はほとんど来ないかも!?と期待をしています。

さて、今回は暑くても暑くなくても、熱い気持ちで体を動かしたいErikoのおすすめZumbaとカンザスでジムに通って思う事について少しお話してみようと思います。

zumba_001

 

ここ1-2年、私の中で「かなり」熱いのがZumbaです!!

踊りは上手ではないのですが、ダンスは大好き!楽しく元気に、ノリノリの曲に合わせて体を動かしたい。そんな私にとってもってこいなのがこのZumba!インストラクターはいつも「とにかく止まらず体を動かして~。これが良い、悪いは無いからとにかく動きをまねて楽しく踊るわよっ!」ってノリです。

日本に居る兄がスポーツジムで長く働いているので聞いてみた所、日本でもZumbaは結構流行っているようですね。

Wikipediaさんによると、ズンバは90年代にコロンビアのダンサー兼振付師によって創作されたフィットネスプログラムだそうです。そしてダンスとエアロビクスの要素を含み、主にラテン音楽のステップから引用されたものが多いようですね。振付はHip-hop, サルサ、サンバ、メレンゲ、マンボそれにMartial Artsの動きを含みます。私が好きなのは、筋肉を鍛えられるスクワットやランジを含めたものです。Burpeeも最高!

だって、筋トレって一人でしているとすぐ飽きてしまうけど、ダンスに含められていると数を気にしたりせず楽しくこなせてしまうんですよね!不思議♪

(ランジの動きとBurpeeの動きは下記をご参考に。)

1104-forward-lunge
http://www.womenshealthmag.com/fitness/より

 

http://www.fit4lifesisters.net/burpee.htmlより

 

色々な動きの要素を含むZumbaですが、多くのアジア人が難しいと感じるのはサルサかなと思います!!おしりをプリプリさせて足もくねくねさせて左右に動くのは凄く難しい。ラテン系の方達はどうやってあのような動きを身に着けているのでしょうかね。最近こそ、多くの日本人もリズム感の良いダンスをあちこちで繰り広げていますが、盆踊りや花傘音頭で育った私には、まだまだあの動きをこなすのがとても大変。それでも見よう見まねでついて行きます。

始めは全く形になっていなく自信も無かったのですが、最近は度胸がついたのか陣取り合戦に負けないようにFront rawで暴れています。(汗)

 

私の通うジムはカンザスとミズーリの丁度ボーダ-(State line)にあるのですが、このジムは人種のるつぼです。白人、黒人が半々くらいの割合で締め、ラテン系が10%くらいで、アジア人が少数。みなさん、年齢層も、体格も動きも性格もまちまちで見ているだけで楽しいです。

残念ながら以前日本人から良く耳にした言葉は、痩せている子こそ「私太っている」とか、少しでも太っていると「みっともない」と言う事。そして「年甲斐もなく」と言う事も良く耳にしましたね。ぽっちゃり系のわたしからしたら( ゚Д゚)ゴルァ!!と不快に思う事も多々あり、逆に人前で体を動かすことが悪いかのような気にさせられることもあったのも事実です。

しかーし、現在私の周りではそのような事を言う人は1人もいません。そういう目すら感じません。皆さん自分の意志で、楽しく体を動かしに来ているんです。良く目にするご年配の方は派手なピンクのウェアで毎回front rawで踊っています。私の3倍くらいある男性も一生懸命踊っています。年配の黒人のご婦人も頑張って腰を振ってサルサの動きについて行っています。

こちらのジム友たちはとてもサポーティブで気持ちよく一緒に運動できる人が多いですので、私にとっては心地よく毎回楽しく体を動かすことが出来ます。

また、混んでいるクラスでぶつかりそうになってしまったり、遅刻しても、誰一人嫌な顔をする人はいないですし、逆にとても親切にし合っています。

そいう場面に遭遇すると、大げさかもしれませんが「共存」という言葉が頭に浮かびます。ここでは人目を気にしたり、こそこそしている人を目にする機会が少ないな~と思います。やっぱり個人主義という感覚が近いんですかね。

周りと比べたりせず、心からリフレッシュしたいですよね。

 多分、カンザスと言うこの場所は大都会と比べて容姿に関するプレッシャーが

いい意味で」少ないのを感じます。そしてみんながおおらかであること。

そういう「おおらかさ」を感じるカンザスシティに最近少し愛着がわいてきました~。

 

さて話はずれましたが、

私の通っているジムは、格安で同じ系列ならどのロケーションに行ってもOK.出たいクラスや、お気に入りのインストラクターに合わせて選べるのが便利です。その上、「Every Aqua Zumba and Zumba Gold class is Endorsed by Silver&Fit®  」と書かれているようにシルバー&フィットから承認されているので勝手に創作ダンスしているインストラクター方ではないので安心です。教室によっては料金が高い場所もありますが、私は自分の通うジムが好きです。Nationwideなジムなのでクラスの数も多いですし、好みの動きや音楽を使うインストラクターが見つかれば大金を払う必要はないですからね。

 

運動している=痩せている

というわけでは全くありませんが、Zumbaに行く週と行かない週では気持ちも体調も全然違います。体の中から楽しんで気持ちも元気になるって当たり前のことだけど良い事ですよね。

いろんな意味で落ち着いたら、Zumbaインストラクターの資格に挑戦してみようと目標を掲げながら楽しんでいます。

 

みなさんもこの夏元気にZumbaに挑戦してみませんか?

体を動かそう!Let’s Zumba in Kansas!” への2件のフィードバック

  1. 私もこっちでヨガに通って、驚きました。
    それこそ老若男女、大小関わらず、みんな一緒に一生懸命!
    「ジムに行けるようになってからじゃないと、ジムに行けない」というcatch-22な日本人メンタリティとは全く違います。
    アメリカではそういう意味で、ヨガもゴルフもズンバもなんでもそうですが、純粋にスポーツを楽しめる国ですよね。

    私もうちのジムのズンバクラスをチェックしてみようっと!

  2. Erinaさん、
    こんにちは!コメントありがとうございます。

    Erinaさんに同感です。私は、アメリカに来てからスポーツや運動をずっと楽しめるようになったと思います。自分が小さく見えるという錯覚におちいるのもたまに嬉しいのですが(笑)
    色々な意味で、「自分」らしくいられるという事実を楽しんでます。

    是非、ズンバクラスチェックしてみて下さい。
    感想楽しみにしてまーす:)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です