判決下る


2ヶ月ほど前に、私の住むRancho Bernardoにあるコミュニティパークで、性犯罪者によるハイスクーラーのレイプ殺人事件があったことをお話しました。


性犯罪者が...


その、ジョンガードナーに対する判決が昨日お昼に下りました。


At sentencing, families unleash rage at murderer


無期懲役


それも、2 consecutive life sentense


さらに、昨年12月、同じ場所でのレイプ未遂事件に対する判決も。


懲役25年


さらに、さらに、それ以前に働いた悪事の数々への判決。


懲役24年


さて、ジョンガードナー、いったいいつ刑務所から出てこられるのでしょう?


2回連続の終身刑+懲役25年+懲役24年=???


つまり、この方、次に生まれ変わって出てきても、まだ、刑務所の中。さらに、その次に生まれ変わって出てきても、まだ、刑務所の中。ようするに、ただの終身刑ではなく、限りなく死刑に近い無期懲役(?)。


もともと、この人、死刑は免れないほどの重罪を犯したのですが、犯行を供述することを条件に、終身刑になったとか。その辺りちょっと理解できませんな。


判決が下る前、法廷でこの事件の犠牲になった2人の生前のビデオが流されたそうですが、それを見て、ジョンガードナーは涙を流していたとか。なぜ?


法廷で、2人の犠牲者の両親が、ジョンガードナーに向けて、メッセージを与えたそうで。


「私の娘が味わったのと同じ『恐怖』を、毎日あなたに味わってもらいたい」


「私の娘はまだこの世に存在しているけど、あなたはもう存在しない。」


などなど。


また、この事件によって、チェルシーズロー(Chelsea’s law)なる法律もできることか。一度性犯罪を犯すと、からだの中にGPSを埋め込まれ、24時間常に監視されます(だったかな...じゃなかったかな...)。


女性の方々、特に若い方々は気をつけるようにしましょう。見た目にはやさしいお兄さん、おじさんかしれませんが、彼らは仮面をかぶった性犯罪者なのかもしれません。

 

判決下る” への2件のフィードバック

  1. う~ん、無期懲役を「2回ぶん」というのは、刑の執行よりも程度を表現していると解釈するしかありませんね~。

    死刑にできないので「通常の無期懲役よりも極悪」という意味を表すには2回ぶんということにするしかないのでしょう。今後さらに悪い人が現れたら3回ぶん、4回ぶんという具合にいくらでも大きい表現をする余地が残っています。

    もしも「死刑の一歩手前」という表現をしてしまうと、今後さらに悪い人が現れたときに、差別化するのに困りますから。

  2. 和尚様、コメント返しが遅くなりました。ごめんなさい。

    おっしゃるとおりだと思います。人生1回分よりも、2回分の方が、より「極悪に対する刑」と言うイメージが増しますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です