大学進学、メジャーは何にする?

こんにちは、Erinaです。

 

アメリカに大学留学を計画している方、これからアメリカの大学に進学予定の方、メジャーは決まってますか?

「この分野を勉強したい!」

と目標を持ってアメリカにやってくる学生もたくさんいるかもしれませんが、中には「まぁ行ってから決めよう」という人も多いはず。

今日は、アメリカ大学でのメジャーと、その将来なんかについて、私の体験も混ぜながら書いてみようと思います。

 

アメリカの大学は、アメリカという国の縮図のようなもので、その多様性やルールが、とても身に染みて体験できる場所だと思います。「アメリカという国を知りたければ、アメリカの大学へ行こう!」という感じです。

この記事でも書いたように、メジャー(専攻、つまり日本の「学部」とか「学科」ですね)にはとても様々な分野があります。

 

From linkedin.com
From linkedin.com

 

私の留学目的は、アメリカで生物学を勉強することでした。つまり、メジャーは生物学と決めてやってきたわけです。

日本ではこれは当たり前と言っていいことですよね。

日本で高校卒業と同時に大学へ進学する場合、まずは専攻を決めます。18歳で「理学部生物学科!」と決めて受験し、合格したら、そこから進路変更することはほとんどありません。

 

しかし、アメリカではそんなことはありません。

たとえバイオロジーメジャー(生物学専攻)として入学しても、途中で新しい分野に興味を持ったり、違う道に進みたくなったら、進路変更することが可能です。(この際、卒業に必要なクラスが異なり、ちょっと余分に授業を取ることになったりするのですが、まぁそれは仕方ない。)

 

そんなわけで、私はバイオメジャーとしてコミカレで大学一年生を始めたのですが、最初のセメスターで取ったCalculus I (微積分I)のクラスをきっかけに、アメリカで数学を勉強したいと思いはじめました。

しかしそこから、私がメジャー変更を決断するのにはとても時間がかかりました。

それは日本では、「いったん決めたら、変更しない」という文化(いわば洗脳)の中で育ってきたからです。

 

きっと色んなことが無駄になる・・・。

できるだけ早く卒業したいのに・・・。

みんなより遅れて卒業なんて嫌だ・・・。

 

なんて悩んだ若い日々。笑

 

ホストマザーに、

“It’s okay to change what you want to study.”

(勉強したいことが変わったって、この国では大丈夫なのよ。)

と言われたとき、自分のやりたいことをやり進めることが、アメリカではいかに大切なのかを知ったのです。

 

ではでは、「これを勉強したい!」と思える分野がまだ見つかってない、色々と授業をとってから決めたい、なんて思ってる方。

ちょっとこんな視点から見てみましょう。

 

就職

 

気になりますね。特に留学生なら、OPTとかビザとか、卒業後の心配もしなければなりません。

そんなわけで、アメリカで言われている、就職に有利なメジャーを紹介します。

結論から言うと、それは「理系」です。

英語で“STEM” (Science, Technology, Engineering and Math)と呼ばれる理系についてはこの記事でも書きましたが、アメリカではおそらく日本以上にこの分野が就職に強いです。

Masaさんもアメ10で何度も口を酸っぱくして言っているように、アメリカは学歴社会。

日本のような大学名の学歴というよりも、学位やメジャー、つまり「何」を「どれだけ」勉強したかが直接的に影響するようです。

 

先日、こんな記事を見つけました。

College Majors That Pay The Mostメジャー別の最高初任給が出ています。(日本円換算は1ドル=100円の計算)

  • Computer engineering majors – starting salary $70,400 (コンピューターエンジニアリングメジャー:最高初任給704万円)
  • Chemical engineering – $66,400(化学工学:最高初任給664万円)
  • Computer science – $64,400(コンピューターサイエンス:最高初任給644万円)
  • Aerospace/aeronautical engineering – $64,000(航空工学:最高初任給640万円)
  • Mechanical engineering – $62,900(機械工学:最高初任給629万円)
  • Electrical/electronics engineering – $62,300(電子工学:最高初任給623万円)
  • Civil engineering – $57,600(土木工学:最高初任給576万円)
  • Finance majors – $57,300(金融学:最高初任給573万円)
  • Construction science majors – $56,600(建設工学:最高初任給566万円)
  • Information sicence and systems majors – $56,100(情報科学:最高初任給561万円)

初任給が$70,000超っていうのはすごいかも・・・。

逆に、初任給と不採用率で、低い結果になったメジャーはこちら。データは2013年卒の新卒者から。

  • Drama/Theater Arts – 7.8% unemployment rate; $26,000 median salary(演劇美術:不採用率7.8%; 中間初任給260万円)
  • Sociology – 8.6% unemployment rate; $32,000 median salary(社会学:不採用率8.6%; 中間初任給320万円)
  • English – 9.2% unemployment rate; $32,000 median salary(英文学:不採用率9.2%; 中間初任給320円)
  • Liberal Arts – 9.2% unemployment rate; $30,000 median salary(リベラルアーツ:不採用率9.2%; 中間初任給300万円)
  • Anthropology – 10.5% unemployment rate; $28,000 median salary(人類学:不採用率10.5%; 中間初任給280万円)
  • Philosophy – 10.8% unemployment rate; $30,000 median salary(哲学:不採用率10.8%; 中間初任給300万円)
  • Studio Arts – 11.1% unemployment rate; $35,000 median salary(スタジオアート:不採用率11.1%; 中間初任給350万円)
  • Graphic Design – 11.8% unemployment rate; $32,000 median salary(グラフィックデザイン:不採用率11.8%; 中間初任給320万円)
  • Fine Arts – 12.6% unemployment rate; $30,000 median salary(ファインアーツ:不採用率12.6%; 中間初任給300万円)
  • Film/Photography -12.9% unemployment rate; $30,000 median salary(映画・写真:不採用率12.9%; 中間初任給300万円)

 

ビザのことを考えても、アメリカ人学生の不採用率が10%のところに留学生が入っていくのは「かなり難しい」というのが現実です。

ちなみに、Forbesのこの記事によると、2012年卒の新卒初任給の平均は、$44,455だそうです。日本円にして年収444万円。

その他のメジャーのフルリストはこちら。中堅レベルでの平均年収も出てます。これは2013年〜2014年卒のデータだそうです。

年々上がるアメリカの大学費用ですが、将来への投資だと考えたときに、それが安いと感じるか、高いと感じるかは、自分次第のようですね。

 

もちろん、お金が全てじゃないとは思いますが、参考までに・・・。

 

こんなことを踏まえて、みなさんは何を勉強したいと思いますか?

 

大学進学、メジャーは何にする?” への18件のフィードバック

  1. Erinaさんの記事はいつも興味深く読ませていただいています。
    私は結婚を機に去年アメリカに越してきたのたのですが、コミカレから1から勉強し直したい、アメリカでの学位が欲しいという思いがあり、今年の夏のセメスターから近所のコミカレに通う事に決めました。メジャーはアカウンティングにしようか悩み中です。ErinaさんのようにスマートだったらSTEMの中から、メジャーを決めたい所ですが、アカウンティングでも私にはついていけるのか、今から不安だったりします。いつか(できたら早めに)Erinaさんのようにアメリカでバリバリ働くかっこいい女性になりたいです。

  2. mioさん、コメントありがとうございます!
    コミカレに通うとのこと、素晴らしい決断ですね!頑張ってください。

    実は私、日本では理系教科が全くダメでした。理系志望にも関わらず、数学は毎回赤点で追試だったし、夏休みと冬休みの宿題も休み明け直前に文系の友達に丸写しさせてもらうという、かなりダメダメな感じでした。(汗)
    こっちで数学を勉強していると言うと、私を日本で知る人はみんな驚いていたくらいです。

    アメリカの大学で授業を取り始めると、周りはみんな自分より賢そうで経験もありそうで、「知らないのは私だけ・・・」なんて思っちゃうんですが、全然そんなことはないんですよね。みんな同等に知らないんです。
    外国人だから許される(?)”I don’t understand.”を武器に、どんどん質問しちゃいましょう!質問することが何よりの近道だと私は思います。

    頑張りましょうね!応援してます。
    また読みに来てください♪

  3. いつもページを拝見させて頂いています。

    2004年より社会人として働き始めましたが、「仕事は好きな仕事を」と、理想では分かっているのですが、どうしてもお金と待遇(休み、残業時間)に目が向いてしまう自分が残念で仕方が無いです。

    最近アメリカに夫婦で住み始め、ようやく生活の基盤が整いつつあるので、これから良い職(面白そうな)でも探してみようと思います。

  4. Motoさん、コメントありがとうございます。

    好きな仕事をするってのはなかなか難しいですよね・・・。
    理想は好きな仕事でお金も稼げるってことですが、それをできてる人って少ないんじゃないでしょうか。
    「仕事はお金のため」って割り切って、好きなことはサイドでやったら?って言われたこともあります。
    若いうちは(ってMotoさんがお若いと仮定してますが)好きなことをやっても良いと思いますよ。

  5. 初めまして!今アメリカのコミカレ留学中のkyokoといいます。
    4年制にtransferするかコミカレ卒業後日本で働くか決めるのが本当に悩んでおります。そしてもしtransferするならメジャーはどうするかということを考えていたところ…ちょうどErinaさんの投稿を見つけました。私も高校時代は本当に数学が不得意で勉強きちんとしてませんでした。しかしコミカレで数学をじっくり勉強していくにつれてどんどん面白いと思えるようになりました。まだpre-calculusですが今ではどの科目の中でも集中出来ています。しかし…昔は苦手だったわけでずっと避けてきた科目なのに得意なわけがないと思う自分がいます。苦手意識のあった数学を専攻しようと決め他きっかけは何ですか?

  6. すみません。最後の文少しタイプミスしてしまいました。
    苦手意識のあった数学を専攻しようと決めたきっかけは何ですか?

  7. kyokoさん、コメントありがとうございます!

    その不安、わかります!私も高校では物理もちゃんと勉強しなかったし、編入した後も物理系のクラスが入ってきたらどうしようかと思ってました。
    でも、大丈夫ですよ!
    クラスを一つずつこなしていけば、その積み重ねできちんとクリアしていけます。
    クラスを一つクリアするためには、毎週の宿題や問題を一つずつこなしていく・・・という、本当に小さな積み重ねなんです。
    わからないところが生まれたら、その場できちんと解決していくことがキーです。

    私がそれでも数学をメジャーにしようと思ったのは・・・ただ単に、面白かったから。笑
    勉強していてわくわくしたからです。
    日本であれだけ苦手だと思っていたことが、こんなに面白いなんて!ってすごく自分に感動できたんです。それで、もっと次のクラスをとりたい!と取り続けたんですね。
    仕事とか卒業とかっていうのは、本当に結果としてそうなっただけです。

    なので、自分と、「面白い!」という今の気持ちを信じて、どんどん進んでみてください。
    好きなことをとことんやる人には、絶対に道が開きます。
    頑張ってくださいね。応援しています!

  8. Erinaさん、初めまして。
    こんにちは!
    アメリカの大学に進学したいと考えています、日本の高校2年生です。
    科目選択を間近に迫られている中、なかなか決めることができなくErinaさんに相談させて頂きたいと思いました。
    自分のなかで考えがまとまっておらず文章がめちゃくちゃになると思われますが、お許し下さい。
    単刀直入に言いますと、「数学Ⅲ(微分・積分等)を覆修するか」、「センター試験に向けて、(今日まで習っています)数学ⅠAⅡBと倫理・政経をさらに勉強するか」になります。
    日本の大学に行くことも視野に入れています。理由は、「親に資金不足と言われている」「アメリカなんてやめなさいと言われていること(裏を返せば私が親を納得させられていないということ。)」
    そうなると私は日本の大学の二次試験を受けなくてはならない予定なのですが、二次試験というのは理系か文系かで数Ⅲがいるかいらないかが変わってくるんです。(理系の学部に行く方は、二次試験に数Ⅲが課せられるのが一般的です。)
    私は大学で経営学を学びたいと思っています。しかし、日本の商学部や経済学部は文系であり、数Ⅲを必要としないんです。また、成績等からも数学ⅠAⅡBはまだまだ学習不足と感じています。なら、数ⅠAⅡBと政経・倫理を覆修すればいいじゃん!ということなんですが、政経・倫理は大っ嫌い( 経営学ぶのにT^T )ですし、数Ⅲは面白いと先輩や先生から聞き興味があります。
    初めは数Ⅲで行こうと意気込んでいたもののいろいろ考え、やっぱ数ⅠAⅡBと政経・倫理にしようか…と凄く悩んでいる次第です。
    Erinaさん、どうかアドバイスを下さらないでしょうか?
    長文乱文そして、身勝手な印象が伺える私の文章をお許し下さい。

  9. 連続コメントすみません。

    「また、成績等からも数学ⅠAⅡBはまだまだ学習不足と感じています。なら、数ⅠAⅡBと政経・倫理を覆修すればいいじゃん!ということなんですが、政経・倫理は大っ嫌い( 経営学ぶのにT^T )ですし、数Ⅲは面白いと先輩や先生から聞き興味があります。」
    に追加させて頂きます。
    「また、理系の学部に行きたいと思いが変わるかもしれないので…」

  10. Shunさん、こんにちは!
    コメントありがとうございます。
    その悩み、私も記憶がありますね〜・・・。理系だと、国立でも私立でも二次試験で数IIIと数Cが必要になるんですよね。

    単刀直入に言うと、日本でもアメリカでも、経営学(Management)を勉強したいなら、数IIICは必要ないと思います。
    でも、経済学(Economics)専攻だと、大学に行ってから数学に強いというのは武器になります。なので、IA&IIBはセンターレベルできっちりとできたほうが良いでしょうね。

    ・・・と偉そうなことを言いましたが、実は私も理系のくせに高2冬の時点でIA&IIBがかなり怪しく、自分で一から勉強し直しました。自分で「わかりやすい」と思えた参考書を一冊買って、それをもとに勉強しました。それまでは、「ベクトルは大丈夫だけど、数列は怪しい・・・」という感じで、かなり理解にムラがあったのですが、これをきっかけに「考えて理解する」という練習になりました。でもこの間も、確かに点数はとれなかったけど、数学は嫌いじゃなかったんですね。

    結果は浪人でした。それから渡米するまでのストーリーはこちらの記事にあります。(http://takeiteasyinamerica.com/?p=10154)

    私の経験から言うと、テストで点数がとれなくても、興味のある分野は勉強していて苦にはならないんですよね。
    アメリカに来て数学が面白いと思ったのも、「あ、これ高校でやったな〜!」ということがものすごく多かったからです。あの時はできなかったのに、今になって理解できること、問題を解けること、現実社会で応用できること、そういうことが面白かったんですね。

    ・・・と、あまりまとまってませんが、私が言いたかったことは、やりたい勉強をやった方が良いと思います。

    Shunさんが経営学を勉強したいなら、倫理と政経はそこに行くまでの通り道、と割り切って、センターで点数を取るための勉強をする。もし私がShunさんなら、最低限、他の教科の足を引っ張らない程度にとどめておきます。
    そして得意教科で挽回できるようにチカラを入れる。得意教科は何ですか?それで120パーセントとれるようにしておきます。
    私も政経倫理と古文漢文が全然だめでしたね〜暗記ができなくて散々でしたが、得意だった英語と理科(生物と化学)でなんとか生きながらえたって感じでした。

    もし数学を勉強したい(理系に進みたい)なら、やはりIAIIBを一から勉強して「自分のもの」にしておいたほうが良いです。
    これには時間もかかるし、根気も必要になります。数学って丸暗記できる学問じゃないし、少しずつ自分のものにしていくしかないんですよね。長い付き合いになると思いますが、好きならやってほしいし、ここで得たものは将来どの分野に行っても役に立ちます。

    私はあの時(たぶん今のShunさんと同じ時期)、自分のやりたかった勉強(生物学)を、数学ができないという理由であきらめて文系に行かなくて良かったなと思ってます。
    高校時代にはなかなか見えないですが、受験は今だけです。でも、その先に選んだ学問は、おそらく人生でず〜っと続きます。なので、やりたいことをやったほうが良いと私は思います。

    そのためには政経倫理も、数学も、今だけのハードルだと思って頑張ってください。
    大学に入るための勉強としてじゃなく、その先に行くための手段だと思って勉強すると、励みになります。

    私の記事を読んでくださってありがとうございました。
    Shunさんの文章は、高校2年生にしてはとてもしっかりしているし、読みやすくて素晴らしい文章だと思います。賢い方なんでしょうね。
    また何か質問があったら、いつでも連絡ください。私なんかでよければいつでも相談に乗ります。
    頑張ってください。応援しています。

  11. 親身になってお返事をして下さってありがとうございます!
    感謝致します。

    そうですね…これっ!と言えるほど、僕の得意教科はないです…。
    けど、英語は大好きです!
    それでいいのかもしれませんが、やはり「得意」な教科を作り、120%とれるように、今以上に頑張っていこうと思います!

    科目選択を数学、倫理・政経の方で、本日提出させて頂きました。受験としてではなく、その先に行くための手段として考えると確かに励みになりますね!
    本当に良いアドバイスをして下さって感謝致します。また後に、質問させて頂きたいと思いますので、よろしくお願い致します。

  12. >Shunさん

    英語が好きなのは素晴らしい!
    テスト勉強のためだけじゃなく、コミュニケーションのツールとしての英語も勉強してみてください。つまり、英語で話せる人を探すとか、字幕なしで映画を見るとか。そうすると英語脳・英語耳が出来上がっていきます。
    センター英語って200点満点でしたよね?それで120%ってことはプラス40点。他の2教科分です。ラッキー!
    頑張ってください!応援してます。

  13. アメリカのカレッジでバイオを勉強しています。将来アメリカで仕事をつかむにはコンピュータサイエンスに変えた方が有利かググっていると、このブログに辿り着きました。アドバイス下さい。よろしくお願いします。

  14. Takaさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

    バイオと言っても、幅も広く、フィールドワークが中心なものから、研究室での実験中心なもの、また最近では、コンピューターサイエンスと融合されたBio Informaticsという分野もかなり人気です。特にここサンディエゴでは、医薬品分野が強く、需要はどんどん増えると見込まれています。
    Takaさんが、バイオメジャーで何をしたいかがわからないので、具体的なアドバイスはできませんが、もし「どんな仕事があるのか」を知りたい場合は、indeed.comなどの職探しサイトで、”biology”, “bio informatics”, “computer science”など自分の分野のキーワードで仕事を見てみてください。ヒットする数によって、需要の多さもわかるし、経験に応じてどれくらいの給料がもらえるのかわかるはずです。
    頑張ってくださいね。

  15. 初めまして!今サンディエゴに語学留学中のものです。語学留学は来年の2月までで、帰って一年後にNYの大学に行こうと思っています。最初の2年はコミュカレでその二年後に大学へと考えているんですが、majorがなかなか見つからずお母さんにも、ちゃんとした理由がなければ私も行かせれないとも言われて(当たり前なんですが。今凄く迷っています。できる限り早く決めてビザもまた取らないと行けないしとてもプレッシャーと焦りでいっぱいです。大学卒業した後はアメリカで働きたいと思っていますが、凄く大変で何か特別なものがないといけないのはわかっています。だからこそ就職に繋げれるmajorをとりたいのですが、なにか全体的にアドバイスいただけれたらうれしいです。宜しくお願いします。

  16. miさん、こんにちは!質問いただき、ありがとうございます。
    サンディエゴにいらっしゃるんですね!

    そうですね、確かにメジャーについては何かしらの目標を持ちたいところですね。
    元留学生の立場からしてのアドバイスは、
    1. 好きなことを勉強する
    2. 就職に有利な学問を選ぶ
    です。

    好きなことを勉強するというのは、自分の興味のあるものと、その後にどんな仕事があるのか、リサーチが必要になります。miさんはおそらく高校卒業後数年でお若いと想像しますが、その場合、社会にどんな職業があるか(それも外国で)というのはなかなか想像がつきにくいでしょう。なので、まずはリサーチしましょう。語学学校の先生やカウンセラーみたいな方に聞いても良いし、ネットでも良いし。私もmiさんくらいの年齢のときには、これにかなり時間をかけました。自分の好きな勉強は、理屈じゃないので、辛いときに頑張れます。

    もし、好きなもの・興味のあることが見つからないのであれば、やはり就職に有利な分野を選ぶべきでしょう。どんな分野で仕事が増えているかというのは、”fastest growing jobs 2015″とか、”high pay jobs 2015″とかでググってみると、ランキングがごまんとあります。
    その中から、「あぁ、こういうのは好きだなぁ」と思えたら、その仕事に就くにはどんなメジャーが必要か、見えてくるはずです。

    頑張ってくださいね!応援しています♪

  17. Erinaさん、初めまして!こんにちは!
    私はアメリカの大学に進学したいと考えている日本の高校2年です。
    最初コミニティカレッジで学びそのご四年制大学への編入を希望しています。
    メジャーはaeronautics and astronauticsをとりたいのですが、日本で今これを勉強しておいたほうが良いことなどはありますか?
    周りはみんな日本の私大国公立大なので、とても不安で仕方がありません。よろしくお願いします!
    よろしくお願いします。

  18. ayさん、こんにちは!
    コメントありがとうございます。

    おぉ~、高2で留学を見据えて準備しようという心がけは素晴らしい!
    私が今のayさんだったら、こういうことをするな、ということを書いてみますね。
    理系留学生として必要なものは二つ。英語力と基礎的な理系科目力。

    まず、留学生としてコミカレに入学するにはTOEFLというテストの合格点が必要になります。
    これは基礎的な英語力が必要になってくるので、日本で売られている対策本などを勉強してみてください。日本の高校英語と少し違うかもしれないので、どんな勉強が必要になってくるか分析してみてください。
    で、日本にいるうちにTOEFLを受けてみて、理想は渡米前に合格点を取れること。もし取れなかったら、取れるまで日本に残るか、またはアメリカで英語学校に通うという道があります。ただ後者の場合、アメリカでは留学生ビザではアルバイトができないので、アメリカ生活をするための余分なお金が必要になります。

    基礎的な理系科目力は、今の学校での勉強をしっかりやっておくこと。
    もし高1からの分野でも「ちょっと怪しいな・・・」というところがあったら、今から復習しておく。
    周りのような、「○○大前期・後期試験対策」というものは必要なくても、センター試験の範囲はバッチリ!としておくと、アメリカに来てからかなり楽です。

    私も感じましたが、日常生活でのやりとりや学校の流れというものは、アメリカに来てみないとわからないのですが、教科書の内容とかテスト対策というのは今からでもできる部分で、貯金を作っておくとだいぶ助かると思います。
    私の数学ストーリーはこちらでも書いているのでチェックしてみてください。http://innadeshikoway.com/?p=1331

    まだ1年あるので無理せず、バーンアウトしないように楽しんでくださいね!
    また何か質問があったらいつでもコメントください。応援しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です