子供に「留学したい」と言われたら?

こんにちは、Erinaです。

 

先日、ここサンディエゴから北にあるオーシャンサイドで、日本人留学生を巻き込んだ大きな交通事故が起こりました。

事故の直後の記事はMasaさんがこちらで書いてくれていますが、在米日本人の間ではなんともやりきれない感情がまだまだ残っています。

 

このニュースを知って、同じ19歳で留学生として渡米した私は、他人事のように思えませんでした。

今回は、子供目線ではなくて、子供に「留学したい」と言われたときの親目線で書いてみようと思います。もちろん、留学を控えている方も参考にしてもらえると光栄です。

私は留学生の親に、この記事を読んで感じてほしいのは、「危ないからやっぱり留学はだめだ」ではなく、どうしたら現実を一緒に理解し、その上で子供を応援できるか、だと思っています。

どこまで書こうか躊躇しましたが、これからの国際社会を担う、若くて優秀な日本人留学生が増えることを祈って、そしてこのような惨事が二度と起こらないことを願って、正直な気持ちと留学の現実を書くことにします。

 

留学

 

私が19歳で渡米したのは2002年。今から12年前のことでした。

日本では高校を卒業し、一浪していた私は、日本での社会経験というものが平均並みにありませんでした。当時はもちろん、親の心配などが今ほど理解できる訳はなく、アメリカ留学に夢と希望を持ってやってきました。

 

19歳、高校卒業したばかりなら18歳の日本人留学生のほとんどは、親元を離れての生活が初めてです。

初めての自由、初めての自己責任。しかも、太平洋という物理的距離、時差という心理的距離から、羽目を外したくなります。

パーティ、未成年飲酒、飲酒運転、アルバイト、マリファナ・・・・などなど、あげればキリがありませんが、これらは現実として「手に届く距離」にあります。

それは、日本に住む親が想像する以上に近い距離です。

特に男の子なら「俺の方がすごいぜ」、女の子なら「あの子もやってるから自分も大丈夫」という感覚を持つ日本人留学生が多く、自分の善悪の判断ではなく、「周り」を基準としてこういうものに入っていきます。

 

パーティ

パーティ自体が悪いわけではありません。新しい人と出会ったり、英語やアメリカ文化を学ぶ上で、人との出会いは必須です。しかし、そこでの立ち回り方を知る必要があります。

このような集まりにいけば、21歳以上の人がいるならお酒が用意されているかもしれません。

アメリカでは21歳未満がお酒を買うことは絶対にできないので、もし未成年が飲酒したことがわかれば、それを振る舞った人(お酒を買ってきた人)や、パーティをホストした人は逮捕される可能性があります。自分が未成年でなくても、自分の行動の結果で違法者が出た場合、その責任をとることになるのです。

 

飲酒運転

アメリカでの飲酒運転は”DUI” (Driving Under Influence)と呼ばれ、とても多くのケースがあります。

アメリカは日本ほど公共交通が整っていなく、出先でお酒を飲んでも車を運転して帰ることがほとんどだからです。(思いきり飲みたいときは、タクシーを使ったり、Designated Driverと呼ばれる「今日は飲まない人」を用意するのが常識です)

問題になるのは、血中アルコール濃度が高いとき。たいてい、怪しげな運転をしていると、道路上で警察に停車させられて(pulled over)、検査されたらDUIでした、という感じです。

血液中のアルコール濃度がどれくらいなのかは体重によって異なり、どこまで飲んでも大丈夫かという基準値がウェブサイトなどにあります。(カリフォルニアの値はこちら

もちろんDUIが原因の事故もたくさんあります。

MADD(Mothers Against Drunk Driving)というNPOはアメリカでも有名な非営利団体で、自分の子供を飲酒運転が原因の事故で亡くした親によって立ち上げられました。この団体は、高校や大学に行って、飲酒運転事故の悲惨さを伝える活動などをしています。

 

アルバイト

Yukiさんがこの記事でも書いてくれていますが、留学生が特別許可なく日本食レストランなどでバイトをするのは違法です。

しかし、私の個人的な見解から言うと、日本人留学生の50パーセントは何かしらのバイトを違法でやっていると感じます。

特に留学資金に困っているというわけではないけれど、遊ぶためのお金欲しさで、という学生が多く、そういう学生を見ていると、「違法行為」という感覚が鈍っているように感じます。

 

マリファナ

マリファナは私ですらチラホラと見かけたくらいですから、相当、出回ってるんでしょう。「日本人留学生がどこから調達してきたの?!」と本当に驚きましたが、日本よりカジュアルに使われている証拠なんだと思います。

先日、コロラド州では、決められたルールの下ではマリファナ使用が合法になりました。カリフォルニアでも、医療品としてのマリファナが違法になったり合法になったりと、法律がコロコロと変わっています。

しかしどんな環境であれ、日本人留学生がマリファナを所持し、使用する理由はほとんどないはず。その場合は違法行為であることを理解するべきです。

 

 

親が、「こういうものがあるところには行くな」というのは不可能です。子供も、「行ったらあった」ということもあるかと思います。

その代わりに、親として子供に教えたいのは、判断力。

「自分は今、何をするためにここにいるのか。」

「自分のやるべきことは、何なのか。」

「じゃあ自分のやるべきことは、これなのか。」

成功する留学に必要なのは、他の何でもなく、そういう判断力だと思います。

そしてそのためには、親も「成績が落ちたら、留学資金はストップするからね」と脅すくらいの覚悟も必要なのではないでしょうか。

 

 

そして、「自分の身は自分で守る」という自立性が必要です。

アメリカでは、日本のように親切に何もかもが用意され、自分の安全が守られているわけではありません。「自分の身は自分で守る」というごく当たり前の社会です。

 

他人の判断は信用しないこと

自分の命は自分で守ること

簡単に他人に命を預けないこと

 

疑い深い人間、と言われるかもしれませんが、この国で生まれ育った人にとっては常識なのです。

 

生まれ育った母国では、「ここまでなら大丈夫かな」という危険回避の感覚を、誰もがある程度は備えているはず。

しかし、新しく海外生活が始まり、環境が変わると、その感覚が通用しなくなります。これは日本人に限らないことですが、特に若いうちはその感覚が研ぎ澄まされていません。

私ももちろんそうでした。何もかもが、「わからない」。

しかし現実は、”I didn’t know.”は通用せず、何か起こってからでは遅いのです。

 

 

子供に「留学したい」と言われたとき、まずは不安に思う親がほとんどだと思います。しかし同時に、子供の挑戦と未来を邪魔したい親もいないはずです。

不安 vs 楽しみ

のジレンマと戦うのは、どの親も同じです。

それを漠然とした不安と楽しみを抱えて送り出すのではなく、親も情報を集め、親としてアメリカ留学を理解し、応援できれば、子供の留学は成功するのではないでしょうか。

 

アメリカ留学にはリスクもあります。

大事なのは、それを回避するスキルを持つこと。賢くなることです。

それができれば、素晴らしい人々、場所、文化に触れ、人として何倍も何十倍も成長することができます。そしてその実感は、若い学生たちにとって、日本では味わうことができないくらいの快感なのです。

 

 

先日の事故で亡くなった3人の学生と、日本から送り出した家族のことを思うと、本当に胸が痛いです。

新学期も始まったばかりで、これから明るい未来が待っていただろうに。

心から冥福をお祈りします・・・。

 

 

日本人留学生の皆さん、どうか自分のやるべきことを見つめ直して、アメリカで羽ばたいてください。

 

 

子供に「留学したい」と言われたら?” への4件のフィードバック

  1. Erinaさん、こんにちは。

    今回の日本人留学生の事故は日本でも報道されていました。
    オーシャンサイドはサンディエゴに行くグレイハウンドで通過しましたが、ビーチ沿いがとても綺麗な場所でした。
    4人乗りの車になぜ8人も乗る事が出来たのか、疑問に思う事もありますが希望に沸き立つ日本人留学生がこのような悲劇に見舞われた事は悲しいです。
    犠牲者の方にご冥福をお祈りします。

    留学は多くの事が試される「修行」の様な物だと感じます。学力、語学力はもちろん個人の意思の強さが試される場です。
    インドに留学した当初、日本へメールを送るために「メインバザール」という安宿が連なる場所のネットカフェによく行っていたのですが、怪しげな人に「ガンジャ?(マリファナの類い)」と聞かれ困惑した事がありました。
    恐らく、多くのバッグパッカーが沈没している場所で麻薬取引も珍しくない場所、日本人もやっているから声を掛けられたんだと思います。
    私はその時に「NO」と強くハッキリ言い、更に「I live in New Delhi, not visitor.」と付け加えました。

    「Noと言えない日本人」につけ込む輩は残念ながら未だにいて、彼らは金儲けのために違法薬物への扉を開かせようと言葉巧みに近寄ります。そこで「OK, YES」と言ってしまうのはもちろん、「Ah, I’m」曖昧に答えれば彼らの勝ちです。
    治安の良い日本に住んでいると身の危険を感じる事は滅多になく、危機意識、警戒心が芽生えず、曖昧な返答を続けても問題ありませんが、海外では「自分の身は自分で守る」が鉄則ですよね。

    アルバイトは日本人が日本で働くのは合法で誰もがやっているので、「他国でやっても大丈夫なのでは?、どうせ見つからない」つい軽い気持ちでやってる人が多いみたいですね。
    アルバイトを合法でしたいのであれば、制限付きですが合法で働く事の出来る「ワーキングホリデー制度」を使って欲しいです。残念ながらアメリカはないのですが。
    私自身、オーストリアはビザ免除適用範囲、インドは学生ビザだったので当たり前ですが、アルバイトは一切していません。
    アメリカで働きたければ就労ビザを取得するのが通常の流れですが、年々ビザの取得が厳しくなっているために違法で働く人が増えているのでしょうね。

    余談ですが、Erinaさんは私と同年代ですね。私も日本の大学に入る前に一浪しました。
    同年代の方が海を越えて頑張っている姿を想像すると、私ももう一度海を越えてみよう!と挑戦したくなります。3度目の正直になればいいのですが。

    Ayako

  2. こんにちは はじめまして
    いつも参考になる記事をありがとうございます
    今回の記事も勉強になりました

    アメリカに留学したいとはずっと思っていましたがお金がなく諦めた過去があります
    記事にも書かれている通りアメリカではバイトが出来ないんですよね・・・
    家庭があまり(というか全然)裕福ではないためとてもお金を用意できず諦めたのですがこちらのサイトを見つけて以来やはり留学したいなあという気持ちも出てきてしまったり

    因みに私は高校しか卒業していないのですがアメリカの大学に留学って出来るのでしょうか?
    色々調べてみたのですが現在大学に通っている人向けのものしか見当たらず・・・
    もしご存知でしたら教えていただけるとありがたいです

  3. Ayakoさん、こんにちは!
    毎度、コメントありがとうございます。

    「留学は修行」、本当にそうだと思います。
    私は「試練」って呼んでましたが(笑)、どっちにしろ日本じゃなかなかできないことです。

    渡米するまでは、留学生活は楽しいことばっかりでバラ色ライフ!なんて思いがちですが、実はそうじゃなく・・・。ここで留学を考えている人を脅すつもりはないのですが、「まぁ色々あるよ」ってことを知ってほしいですよね。
    日本でだって、高校卒業して親元を離れて、大学に行けば色々とあると思います。良いことも悪いことも。
    でも、海外だと、その「振れ幅」が大きいって、留学生はみんな言ってますね。
    そういう試練や修行を乗り越えると、人間、かなりタフになりますから。小さいことが気にならない!(笑)

    「Noと言えない日本人」は、確かに海外で苦労すると思いますね。
    色々なことが無駄になるし、危険も増えるでしょう。

    私も渡米後数年たって、”No, thanks.”とためらいもなく言えるようになったら、変な誘いで寄ってくる人がぱったりといなくなりました。(笑)
    「私は断るわよオーラ」が出てるんでしょうかね?
    寄ってくる人たちってわかってますからね。誰が”No”と言えるか言えないかって。

    私も、同年代の女性が、色々な経験をして、色々な人に会って、世界の色々な場所に行って、それをこうやって共有してくれるというのはとても心強いです!
    日本はまだまだこれからだな~!と思えるし、同じ女性として元気が出ますよ。

    お互いに、頑張りましょうね!

  4. @kansaiさん、初めまして!コメントありがとうございます。

    この記事は、「親が留学資金を出してくれる」という前提で書いてしまいましたが、自分で留学資金を作って、留学するという学生も少なくありませんよ。

    事実、私の初めてのルームメイトは、18歳の高校卒業したての日本人女の子でしたが、彼女は高校時代にアルバイトして留学費を貯めて、すべて自分でまかなってやってきました。
    親が留学に賛成してなかったのか、家計の事情かは忘れてしまいましたが、一つ年上だった当時の私にとっては、「すげ~・・・!」って感じでした。
    何もかもを与えられて、のんきにアメリカにやってきた自分が、恥ずかしくなったくらいです。

    自費留学でやってくる学生の強みは、「ぶれない」ことです。
    この記事で書いたような、誘惑や非生産的なことはしません。
    一分一秒の大切さをわかっているので、勉強に専念するし、どうしたらアメリカ留学を有意義なものにできるかを常に考えて実行します。
    若いときからこういうことができる人たちに、私は頭が上がりませんよ。

    そして言うまでもなく、自費留学の学生のほうが、留学が成功する確率が非常に高いですから、堂々として良いんですよ。

    日本にいたら、大学も留学も親負担という人がものすごく多くて、それがないと無理なの?と思ってしまうかもしれませんが、実際はそんなことはありません。
    あなたにとって、「留学の試練」はすでに始まっています。アメリカに着いたときは、他の学生より、一歩も二歩も先にいるんです。
    アメリカで、「自分のお金で学校に行く。」と言うと、めちゃめちゃ褒められます。‘”Wow! Wonderful!”って言われますよ。

    「お金がないからできない」と弱気になってしまう気持ちはすごくわかります。
    私も今、大学院に行くためにお金を貯めているところなので。

    そんなときにやることは、「リサーチ」です。
    「お金がない、お金がない」では、お金って絶対に生まれません。
    現実的にいくらかかるのか、何ヶ月行けるのか、どこの町に行くのか、ホームステイするのかアパートか、など、まずは全部、書き出しましょう。

    ・学費(授業代、教科書代)
    ・生活費(家、食費、遊び)
    ・ビザ(パスポートなら3ヶ月まで、それ以上は学生ビザ)
    ・チケット

    ・・・そんな感じでしょうか?

    上に出てきた私の最初のルームメイトの子は、この計算を全部日本でやってきて、こっちでは家計簿をつけて何にどれだけ使ったかを記録していました。本気ですごいです。

    学費にいくらかかるかは、大学なら学校のウェブサイトで”Cost”というページを探してみてください。一年間でどれくらいかかるか出ています。
    語学学校なら、片っ端からメールしてみても良いと思います。
    “I’m a student from Japan, and trying to find out the cost for one year at your school. How much is the tuition for XXX program?”
    とかで良いです。
    こっちが外国人だとわかっているので、親切に教えてくれる人が多いです。
    生活費の情報なども教えてもらいましょう。

    そしたら、「3ヶ月留学するなら50万必要だな。じゃあ半年のバイトしよう。」とわかりますよね。
    こう思えたら、「お金がない」という不安から、留学は一気に現実のものになります。

    頑張ってください。
    応援しています。

    誰もが同じ試練を受けるわけではありませんが、乗り越えられない試練は与えられません。
    絶対に道はありますよ。

    もっと質問があれば、コンタクトのページからメールくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です