子供のスピーチセラピー

「我が家のバイリンガル教育」という記事で、スピーチセラピーについてチラッとお話ししました。

今回は、この聞き慣れない「スピーチセラピー」とは一体どんなものなのか、我が家の体験をもとにお話しします。

 

日本では、子供向けのスピーチセラピーというものが存在するかわからないのですが、ここアメリカでは、保険でカバーされる医療サービスとして、スピーチセラピー、またはspeech pathologyと呼ばれるものがあります。医療機関を通さず、学校などと契約をしている「教育機関」としてのスピーチセラピーもあるようですね。

 

これは、子供にコミュニケーションの目的や意味を教え、自主的な対話を促すことを目的としたセラピーです。

 

前述の記事でも紹介したように、我が家には4歳の息子と2歳の娘がいます。このスピーチセラピーのお世話になったのは、息子。彼が、2歳を過ぎた頃でした。

 

まずは、ここに行き着くまでの我が家の道のりを紹介します。

アメリカの小児科では、2歳児の標準的な会話レベルは、50単語前後のボキャブラリーがあること、と言われており、中には100単語使える子供もいれば、2語つなげられる子供もいます。

そんな中で、我が家の息子のコミュニケーションレベルは、パパの「パ」と、ボートの「ボ」くらいでした。

あとは、何か欲しいときには「ぅあ~・・・」とか「んっ!」とか、言葉にならない音を発して指差しをするレベル。

1歳半(18ヶ月)の検診で、ドクターに「もうちょっと待ってみよう」と言われたのだけれど、そろそろプロのヘルプが必要かも・・・と思い始めました。

 

2歳の検診で、ドクターにスピーチセラピーを紹介してもらい、親子三人でセラピーセッションへ行くことにしました。

 

セッションの前に、郵便で色々な質問事項が書かれた書類が届き、セラピストが予習をするためにそれを送り返します。質問事項は、この言葉は言えますか?とか、出産時の状況とか、そんな内容だった気がします。

 

Speech pathologist(スピーチセラピストと同じ)と呼ばれるキャロルは、息子と同じくらいの年の孫がいる女性でした。

まず初回は、このセラピーではどんなことを目指していくかなどを話しながら、息子の基本的なコミュニケーションのレベルを見ます。キャロルのオフィスには、子供用の椅子と机、たくさんの種類のおもちゃやフラッシュカード(単語カード)などがあり、息子はそこに行くのが楽しみになったようでした。

これらのおもちゃを使って、息子が「他人とのやりとり」に興味があるか、どんな反応を見せるか、など、キャロルがチェックします。他人とのやりとりを見ることは、私たち両親にとって新鮮だったし、客観的に息子のコミュニケーション力を知ることができました。

 

これらのセラピーにはだいたい、一週間おきで3ヶ月ほど通いました。

 

毎回、両親には宿題が出されて、コミュニケーションや子供の遊び方の種類についてなどの本を読み、キャロルがセラピーで説明してくれます。息子の現段階はここで、こういったやりとりが効果的、とシンプルに、かつ明確に教えてくれました。

 

結果として、息子が3歳の誕生日を迎える頃には、親もびっくりするようなきれいな文法で、英語を文章で話すようになりました。

つまり、「単語レベル」の段階をすっ飛ばして、「文章レベル」での会話になったのです。

こういったケースは多々あるようで、子供がどうやって言語を習得するか、という個人によっての違いだそうです。面白いですね。

 

私が個人的にスピーチセラピーで学んだことは、これは「親のためのもの」であること。

「こうすればこの子はしゃべるようになります!」という魔法のトリックは教えてくれません。親の接し方が変わることで、子供の自発的なスピーチを促進させるからです。

たとえば、

・子供が「ちょうだい」 と言う必要のない状況を、親が作ってしまっている

・子供の発言を親が知らずに批判している

・子供がわかりやすい言葉を使っていない(我が家の場合)

など、原因は様々あると思いますが、これを批判するわけではなく、より効果的な方法を教えてくれるわけです。

 

スピーチセラピーでは、子供にとってベストなコミュニケーションを、親が学ぶことになり、これを機に、我が家のコミュニケーション力が改善したのが目に見えるようでした。

現在、デイケアに通う息子は、年上の子供たちから新しい言葉やフレーズを覚えてきては、私でテストします。もともと物事を理論的に考える子供なので、大人との会話も、理論立ててします。

自己表現も上手になったし、このセラピーはその最初の一歩だったのかもしれません。

子供のスピーチセラピー” への8件のフィードバック

  1. はじめまして。
    アメリカに来てちょうど1年になります。
    今日息子(次男)の2歳検診があり、スピーチセラピストの紹介を受けました。
    まだ「ママ」や「ぶーぶー」くらいの数語しか言えず、長男(4歳)もいるため言葉が少ないことにあまり心配していませんでした。
    ただ聞きなれない言葉に少々戸惑いもありました。
    記事を読ませて頂き大変参考になりました。ありがとうございます。

  2. akiさん、初めまして!コメントありがとうございます。
    タイミングよく役に立ててうれしいです!

    大人がちょっと手助けしてあげることで、子供はぐ~んと成長することって多いですよね。このセラピーはそれをポジティブに捉えて教えてくれるので、とてもよかったですよ。
    がんばってください。応援しています。

  3. はじめまして。
    昔の記事にコメントしていいものか悩みましたが、あまりにタイムリーな内容でしたので。うちの次男も2歳の健診で先生に勧められました。私は早期介入は有益だと考えていたので、さっそく面接しセラピーを受けられる事になりました。しかも日本人の担当の方にしていただけるそうです。これで少しでも本人の伝わらない事でのストレスが減ると嬉しいです。しかし、2言語を習得するのは本当に大変な努力がいるんですね。

  4. なおさん、こんにちは!
    コメントありがとうございます。古いのでも新しいのでも、どんどんコメントください。笑

    そうですね、早めに気づいてあげて、そのときに子供が必要なヘルプをしてあげられると良いですよね。
    今はこのうちの息子も6歳になり、毎日がノンストップおしゃべりの日々になりました。
    でも、もともと色々なことを頭の中で考えてから言葉にする性格なんだろうなと思います。
    セラピーは、何かを直す(fix)のではなくて、息子さんの成長のお手伝い、くらいに考えると良いと思いますよ。楽しんでくださいね♪

  5. こんにちは、Linaと申します。現在アメリカヒューストン在住で、5歳の子供の英語教育について悩んでいたところ、こちらの記事を拝見しとても興味深く思いました。
    私たちは、ヒューストンへ来て約1年、子供は英語になれない中、何とか頑張って幼稚園に通っています。
    発達の遅れという観点では特に特記すべきことはないわが子すが、「日本大好き」が足を引っ張ってか、なかなか英語の上達がうまくいかず、子供も悩んでいます。子供も、「お友達と遊びたい」「先生の言っていることを理解したい」という思いがあり、頑張りたい気持ちがあるので、少しでも「(英語での)コミュニケーションが取れずに悩んでいる期間」を短くすることができたらと思い、スピーチセラピーを考えました。
    2件のクリニックに訪問したところ、「ケアが必要な子に対するプログラムをスピーチセラピーと呼んでおり、あなたの子供はそのプログラムを受ける必要はないように見受けられる。そのプログラムとは別に、英語教育プログラムがあり、こちらの受講を勧める」との話でした。英語教育プログラムとは、「KUMON」と似た方式で行っていると、一つのクリニックで言われました。ご参考までに、お子さんが受けられたセラピーの内容等、伺うことはできますでしょうか。

  6. Linaさん、こんにちは!
    お母さんもお子さんも、新しい環境にアジャストするために、一生懸命の時期でしょうか。

    私が思うに、この記事で書いたスピーチセラピーと、英語習得のためのプログラムは、確かに別物だと思います。それぞれのプログラムで、異なるアプローチがあるはずです。
    私たちが参加したスピーチセラピーというのは、英語・日本語・他言語におそらく関わらず、「話す」という行動を促すためのものでした。たとえばですが、車のオモチャを見せて、「これなあに?」と質問をするとか、ゲームを通して発言させる、みたいなものです。

    昨年、娘のキンダーのクラスに、ロシアからやってきた3つ子ちゃんが学年の途中から編入してきました。彼女たちは、全く英語がわからず、”Hello”や”Good morning”も言えないくらいでした。
    でも、学年の終わりには、他の子供たちと遊んでいて、「子供の順応力ってすごいなぁ」と思いました。それでも英語で会話は特にしていなかったと思います。

    お子さんも、きっと日本の友達と離れて寂しい気持ちや、新しい幼稚園や先生に慣れてない部分が、コミュニケーションをとる上で壁になっちゃってるのかもしれませんね。もし、英語教育を受けさせたいなら、”Kids ESL”とかでググってみるとか、幼稚園の先生に地元でそういうプログラムがないか、聞いてみてはどうでしょうか。そのクリニックで紹介してもらったクラス見学をしてみるのも良いと思います。
    お母さんとしては見ていて辛いと思いますが、「一緒に頑張ろうね!ママも一緒に勉強するよ!」と励ましてあげられると良いですね。

    最近の英語についての記事は、こちらでも書いているので、ぜひ読んでみてください。
    http://innadeshikoway.com/?cat=76

  7. こんにちわ 、はじめまして マジョリと申します。 私日本に住んでいます。 5歳の男の子ヒロシくんて結います。私達ブラジル人です。ヒロシくんは、ブラジルで生まれて2歳ぐらいの時に日本に変えてきました。今わいろんな病院行きましたけど少ししか話さない。病院いても、病気がないてゆわれました。彼普通です。ただ 話さない 例えば 水が欲しい て結いません 水しかゆいません 欲しいものわ ゆわないです。まだ、指で刺しています。 ママとかパパ 、でかい、うまい、 そいうかんたんなことば しか話さないです。ずーと いろんな病院やリハビリに行きましたけど、。なにも変わりません なかなか スピーチセラピスト 見つからないです。 私達わ千葉県に住んでいます。 どうすればいいか 教えてくれれば とても、嬉しく思います。感謝します。返事を待っています。ありがとうございます。

  8. マジョリさん、こんにちは。
    日本での息子さんの日本語についてですが、ぜひ自治体(市役所や区役所)に相談してみてください。
    場所によっては、小学校でも国際交流教室などがあり、外国人の子供達のための日本語教室などもあるそうです。
    または、市の国際交流センターなどでも、外国人向けの日本語クラスがあったりするそうです。

    私も日本を離れてだいぶ経つので、日本の事情がよくわからないのですが、ヒロシくんが、そのようなサポートを受けられると良いですね。
    応援しています。がんばってください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です