師匠 復活!


今日、約1ヶ月ぶりに私の師匠のドン・ボイヤーに会ってきました。


いつものように彼が経営するスパに行くと、奥さんのメリンダにオフィスに案内されました。いつもなら、彼が出迎えてくれるのに、今日は、「ハイ、マサ!ドンはオフィスにいるから。そう、そこ。」と。


オフィスに入ると、


「おー、マサ、良く来てくれたね。まぁ、座って座って。」


ドンの顔色は、1月前に病院を訪ねたときのようなどす黒い色ではなく、血色が良いのか若干赤みがかって見えました。


「顔色が良いですね。良くなって良かったですよ、ほんと。」


「いや、一時はどうなることかと思ったよ。正直、怖かった。」


「私も正直どうなってしまうんだろうと思ってましたよ。考えたくもないようなことが浮かんできたり。」


「死ぬってこと?」


「『死ぬ』なんてことば、使いたくないんですけどね。一瞬ですけど、私の心の中に現れましたね。『ドンが死んだらどうなっちゃうんだろう』って。」


「自分は『死ぬ』ことはまったく考えてなかったよ。確かに怖かったけどね。それよりも、手術が終わった後、入院しているときに、いつも、『退院したら、これをして、あれをやって...』なんてことばかり考えてたよ。」


「なるほど。元気なときをイメージするわけですね。」


「そう、何をするにも『イマジネーション』が大切なんだ。それも、事前にね。今起こっているときにそれをイメージしても遅いんだ。起こる前に、いろいろなことを予測してイメージする。わかる?」


「ええ」


「そのポジティブな考え方が、自分の心と体に働いて、普通ならもっと時間がかかるところが、ドクターも驚くほどの回復力につながってるのかもしれないね。50過ぎのおじさんなのにな(笑)。」


「間近にいるあなたが証明してくれましたよ、信じれば死ぬような病気でも治ってしまうってこと。」


「マサ、面白い話、しようか。世の中のすべてのものって、誰かの『イマジネーション』からできているってこと。」


「ああ、何をおっしゃりたいのかわかるような気がします。」


「(消しゴムを手に取り)これだって、誰かがイメージして出来上がったものだ。ウィンドウズだって、ビルゲイツのイマジネーションだし、Macだってスティーブジョブズのイマジネーションの生成物だ。」


「つまり、ああしたい、こうなりたいとイマジネーションを働かせることによって、なりたい人間になったり、欲しいものを手に入れたりするってことですね。」


「そう、それも強烈にイメージすることが大切なんだ。たとえば彼女に手料理を振舞う。最高に美味しい料理だ。においまでイメージできるはずだ。で、それをうれしそうに食べる彼女の顔、会話、すべてをイメージする。そして...料理にとりかかる。」


「スポーツ選手なんかはよくイメージトレーニングしますね。自分がゴールのテープを切る姿を、レース前に思い浮かべるとか。」


「そう、それとまったく同じ。ビジネスに対してもイマジネーションは大切だ。ドナルドトランプは借金地獄の中でも、借金の返済についてではなく、常に投資のことを考えていたそうだよ。」


お決まりのレストランでパンケーキのブランチをしながら、話は続きます。

 

師匠 復活!” への4件のフィードバック

  1. ドンさん、回復されたんですね!おめでとうございます!!! Masaさんのとってもうれしそうな顔がうかんできます☆ イマジネーション。いい勉強になりました! 明日もがんばりましょー!!!!!

  2. mahoさん、こちらでは初めましてですね。コメントありがとうございます。

    ありがとうございます。何かあったときに相談できるような師匠のような人がいると心強いですよね。

    今日も一日がんばりましょう!

  3. 本当に、回復されて良かったですね!
    よいイマジネーションを心がけなきゃ!ここ最近マサさんが私のメンターになっています(笑)

  4. ゆりっぺさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

    エアコン、まだ壊れてます(笑)。

    私にとって最高のほめ言葉です。根が単純なので、調子に乗ってしまいそうです(笑)。

    Burning desireがあれば、imaginationは簡単です。

    お互いにがんばりましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です