意識して人生を変えよう

意識を変える
ども、Masaです。

今日は「意識」について書いてみましょうかね。別に怪しい宗教に洗脳されたとか、スピリチュアルに傾倒気味とかじゃありませんから誤解のないように(笑)。

 

会社勤めをしていると、上司から、

「問題意識を持て!」

なんてよく言われますよね?でも、「問題意識」って言われてもねぇ。漠然としていて掴みどころがないじゃないですか。いったい何に意識したらいいのかよくわからないってのが正直なところ。

 

Wikipediaによれば、

「意識とは『自分の今ある状態や、周囲の状況などを正確に認識できている状態のこと』を指す」

と定義されています。つまり、「今ある状態」や「周囲で起こっている状況」を自分で認識するってことです。「自分で」です。

 

つまり、もっと簡単に言ってしまえば、

・今自分が何をしているのか
・それによって自分が何を期待しているのか

などを意識すること。

 

何をやっても三日坊主は、何をしてもそれを「習慣化」できていないからですね。

そもそも「習慣」ってのは「無意識」のうちにやってしまう行為なんで、普段は全く気が付かないですよね。知らず知らずに身体が動いて、いつの間にかそれをやってしまっているとか。でも、実は常に意識していないと「習慣化」できなくて、三日坊主で終わってしまうんです。逆に言うと、常に意識をしていれば、「目的意識」もはっきりして、ものごとの「習慣化」ができるようになるってことです。

 

また、常に「意識的」に意識をすることによって、それが心臓、呼吸、食物の消化、新陳代謝、ホルモンの分泌など、「無意識」のうちに体の機能を絶え間なく動かし続けてくれる潜在意識にも刷り込まれる。で、潜在意識が、その「意識」にしたがって、「無意識」のうちにその「意識」によって、身体をコントロールし始めます。

つまり「意識的」に意識することは身体にもいいってことです。

「私っていつかきっときれいになる」
「これを続けていればきっと健康的にヤセられる」

なんて常に意識をしていれば、必ずそうなるんです。ならないはずがない。

 

私も今、常に自分が何をしているのかを「意識」するようにしています。それは何のために?

私のように人生半分以上生きてしまった人間に残された時間は短いんで、残された時間を有効活用するためには、この「意識」することが大切なんです。「無意識」のうちに時間を大切に使えるようになるんです。

 

この教え、よーく考えてみたら、私のメンターに教えてもらったことです。

「常に自分のなりたい自分を意識すること。常に考えていること。そうすれば必ず実現する」

と。

 

そ、意識することで人生を変えることができるんです。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です