我が家のアメリカ南部旅行記 Erina編 その4

ちょうど一年前に、アメリカ南部~東海岸への家族旅行をしました。そのときの記録です。

前回の記事「我が家のアメリカ南部旅行記 Erina編 その3」
「ディープサウス」と呼ばれるアメリカ南部から北上し、次の目的地はケンタッキー州です。

 

2011/6/1

I-75でジョージア州→テネシー州を通って、一気に旦那の故郷ケンタッキー州レキシントンへ。私にとっては5回目のケンタッキー。

アトランタを過ぎた辺りは緑の樹木も少なく、殺伐としていたけど、緯度が上がるにつれて少しずつ涼しくなり(って言っても35度から32度とかそれくらいの変化)、テネシーに入ったあたりからはフリーウェイも緑に囲まれるようになります。 一日の移動距離が長いと、こうやって風景の違いを目の当たりにできるのでそれも楽しい。

テネシーとケンタッキーはかなり雰囲気が似ています。樹木のサイズや種類などを見ても、なんとなく故郷の北海道にも似ている。 カントリーミュージックやバンジョーを使ったブルーグラスミュージックもここからたくさん生まれました。

Norah Jones “The Long Way Home”

[vsw id=”HCQDWjN22X0″ source=”youtube” width=”425″ height=”344″ autoplay=”no”]

私の好きなミュージシャン、Norah Jonesの音楽も、カリフォルニアで聴くよりもケンタッキーで聴くほうがじわ~っとしみる気がするのは、やっぱりこの地で生まれた音楽だからかもしれない。ってNorah Jonesはニューオーリーンズ出身。

テネシーとの州境にある、2年前に亡くなった義父のお家へ。 義父の再婚した奥さんがそこに住んでいるので、挨拶に行きます。

それにしても暑い。車の中からはそんなに暑くなさそうに見えるけど、降りると大変なことに。この暑さは日本のように湿気のある暑さで、カリフォルニアとは全然違う。

 

その後はKFCのオリジナルである、Sander’s Cafe(カーネル・サンダースのお店)の博物館や、旦那の生まれ育った町などを見てまわります。

レキシントン(Lexington)は、サラブレッドを多く産出する競馬シティ。ルイビル(Louisville)のチャーチルダウンズで行われるケンタッキーダービーは、全米でも有名なイベントです。

レキシントンのダウンタウンには、バスケットボールで有名なUniversity of Kentuckyがあり、歴史的人物(政治家ヘンリー・クレイやエイブラハム・リンカーンの奥さんなど)の豪邸などが立ち並びます。

夜はレキシントン郊外の(やっぱり)ゴルフコミュニティに住む義弟の家へ。そして私だけ虫に刺されるのも毎回のこと。

 

今日の移動距離

Atlanta, GA – Lexington, KY: I-75 N 380 mile (6hr 20min)

 

 

6/2

レキシントン郊外のジョージタウンという町には、トヨタの工場があり、地元にとってとても重要な収入源だそうです。こんなアメリカの田舎町のど真ん中に、トヨタの工場がどど~んと何マイルもわたって広がるのを見ると、日本の自動車産業の強さをまだまだ実感します。この工場ではAvalonやカムリなどの4ドアセダンがメインに生産されています。

この日は、ジョージタウンにある歴史的建造物の物件を見に行くが・・・単純に歴史的ってだけで古くて手入れはあまりされていませんでした。もともと、Georgetown Collegeのfraternity house(アメリカ大学のフラタニティについてはMarioさんの
この記事でどうぞ)に使われていたらしく、なんと7BR。地下室に入ったとたんに、かび臭くてちょっと吐き気が。

その後はレキシントン市内にある、私の好きなエリアの物件も見に行きました。ここは、義弟が住んでいた場所で、私が初めてケンタッキーに行ったときに滞在した場所。相変わらず素敵。

 

テネシー州からここケンタッキー州に入ってくると、フロリダやサウスキャロライナで見てきた物件とはまた少し違ってきます。

実はケンタッキー州にも奴隷制の歴史が深くあり、プランテーション(と中学社会科でやりましたね。笑)と呼ばれる大農園が存在しました。当時の主な農産品はタバコ。南北戦争の影響を受けており、今でもところどころに当時の奴隷たちが築いた壁などが残っています。

この影響を受けて、新しい物件でも、当時の農園地主達の家のスタイルを残したPlantation Styleが多いのが特徴です。外装は赤レンガで、正面に白い大きな柱が立っています。 “porch”と呼ばれるエリアが一階部分をぐるっと囲んでいて、そこにロッキングチェアを置いて夕涼みなんていうのも一般的です。

ケンタッキーの家

(From nocostl.com)

加えて、ケンタッキーの家には、地下室があります。 finished basementの場合、そこがエンターテインメント用の部屋だったり、エクササイズルームになっています。サウスキャロライナ、フロリダ、ジョージアは、標高が低すぎるのと、地質が向いていないから地下室が作れないそうです。

 

6/3

この日は、旦那と彼の弟と、私の両親でゴルフ。 私は子供たちとホテルで留守番をすることにしました。ここずっと毎日移動ばかりだったので、久しぶりにエアコンの効いた屋内でのんびり。夜は弟の家でBBQ。

旅も折り返し地点についたころ、日本からの風邪をもらったっぽい。のどが痛いし体もだるい。どうしよう・・・。

 

次回へ続きます

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です