日本が戦争をしちゃダメな理由

どうもこんにちは、Erinaです。

今日は、「日本が戦争をしちゃダメな理由」です。

おそらくとっても個人的な意見になるかと思いますが、これは政治的なものでもなんでもなく、アメリカに渡った一人の日本人としてのつぶやきです。

 

私は多くの同年代の日本人と同じく、戦争を体験したこともなければ、戦争の話を身近に聞きながら育ったわけでもありません。

強いて言えば、戦争に関する小説や、宮崎駿監督の映画を見て、「昔、日本ではそういうことがあった」と情報として持っている程度でした。

しかし、この11年間、アメリカ、それもサンディエゴというミリタリータウンに暮らし、「戦争」に対しての考えがものすごく変わりました。それをちょっと書いてみようと思います。

 

数週間前のことになりますが、久しぶりに会った学生時代のホストファザー・ジャックとゆっくりと話をする機会がありました。

ジャックは退職したシェリフで、いつも面白いネタを持っています。若い頃からの不動産投資で成功し、見識も広く、常に客観的。人とのディスカッションが何よりの楽しみですが、感情的になることは絶対にありません。

私がアメリカのニュースに興味を持ったり、ビジネスについて学んだりしたのは、このジャックのおかげです。

 

金曜日の夜、カードナイトで我が家のダイニングテーブルについたジャックが切り出しました。

 

ジャック:「ちょうど、ある本を読み終わったんだ。」

私:「何?」

ジャック:「硫黄島のRaising Flagの軍人たちの話。」

 

私はピンと来ました。

 

(あ、きっとあの本だな・・・・。)

 

私:「ちょっと待って、ジャック。それについて、知って欲しいことがあるんだけど。」
 

私はカードを始めようとしていた私の旦那と、ホストマザーにも目を向けます。この二人は、「もう、な~に?カードするんでしょ?」とディスカッション好きな私とジャックに呆れています。

 

私:「日本人として、あなたたちに知って欲しいことがあるの。
信じられないかもしれないけど、19年間、私は日本で育って教育を受けていた間、実は一度も『硫黄島』の言葉を聞いたことがなかった。初めて『硫黄島』の存在を知ったのは、アメリカに来て、アメリカ人に教えられたからよ。」
 

そこにいた3人のアメリカ人(旦那、ホストマザーとジャック)のまわりの時間が、一瞬、止まった気がしました。

 

それを意識的に壊すように、ジャックが言います。

 

ジャック:「日本にとっては、とても大きい敗戦地だったからだよ。」

私:「そう、日本は硫黄島のことを伝えたくなかった。

だけど、アメリカでは『あの写真』がこんなにも称えられている。

私は、日本とアメリカ、戦争に負けた国と勝った国とで、こんなにもギャップがあるなんて思ってもみなかった。それから『戦争って本当になんなんだろう?』って考えるようになった。」

 

英語で”Iwo Jima”と呼ばれ、アメリカ人なら知らない人はいない、とても象徴的な写真があります。

硫黄島の擂鉢山(すりばちやま)に、6人の海兵隊(Marines)と海軍兵(Navy Corp)がアメリカ国旗を立てている写真です。

 

From learnnc.org
From learnnc.org

 

これは「アメリカのプライド」として母国に持ち帰られ、「勝利のシンボル」となったのです。

 

私:「こっち(アメリカ)に来て、ミリタリーや戦争のことを知るたびに、思うことがあるの。」

ジャック:「何?」

私:「日本と全然違ったんだな、ということ。」

ジャック:「たとえば?」

私:「特にサンディエゴはミリタリータウンで、原始空母が『観光地』になっている。町のエコノミーは軍需で支えられている。軍人たちが毎日戦地に出向き、そこから帰ってくる。ファミリーが待っている。リタイヤした軍人のために、企業が再雇用プログラムを用意している。大学もそう。」

 

ジャックは黙って私の話を聞いています。

 

私:「こういうのを見ているとね、日本があの戦争で勝てるはずはなかったって思う。0.1%の可能性もなかった。」

ジャック:「どうしてそう思うの?」

私:「アメリカの軍事力、経済力、マンパワーは、当時の日本とは比べ物にならない。」

ジャック:「アメリカだってしんどかったよ。パールハーバーの奇襲なんて、全く準備していなかった。」

私:「でも、国家レベルでのスケールが違うよ。」

 

疎開や空襲が当たり前になり、普通の生活が失われた日本。

食べ物もなく、軍用品を集めるために一般家庭からも搾取した日本。

もう何度読んだかわからない妹尾河童さんの「少年H」を思い出しながら、一人の少年が体験していたやるせなさを想像していました。

 

この違いは、単純に敗戦国と勝利国というだけだったのだろうか?

戦争に対する国民の意識、準備と戦略、文化・・・・両国の様子を聞いていると、戦争をするには何もかもがつりあっていない気がしました。

 

アメリカにとって「戦争」とは国の歴史であり、アイデンティティであり、プライドであり、学問であり、経済であり、文化であり、それは国の一部です。

日本という戦争放棄をした国で育った私は、この現実を目にしたとき(それは9/11でした)、「あぁ、アメリカっていうのはこういうこともありえる国なんだ」と初めて知ったのです。

私はアメリカという国が好きで、自分で選んでここに住んでいます。

アメリカの全てを受け入れられるほど器の大きな人間ではありませんが、毎日、自分らしく生きるために、それを手助けしてくれる人たちと出会い、自分の人生を豊かにする方法を学んでいます。

 

私は戦争とか国家間のいざこざを考えるときに、まずは、ある人たちのことを想像します。

それは、その国からやってきた、自分の周りにいる人たち。旦那や彼の親兄弟。ホストファミリー。学生時代に出会った外国人留学生たち。同僚。友人。近所の人。子供の同級生の家族。スーパーや街角で会う人たち。

外国人の私に、温かいごはんを食べさせてくれるお母さんたちがいる。

お互いにつたない英語で、自国のことを一生懸命に説明し合った学生たちがいる。

私の子供たちを、自分の孫のように見守ってくれる人たちがいる。

自分の知識や経験を、純粋に「役に立つから」という理由で教えてくれる人たちがいる。

満面の笑顔で挨拶し、一日の始まりを明るくしてくれる人たちがいる。

 

彼ら・彼女らのことを「○○人だから」という理由で憎めるでしょうか?私はできません。

 

日本が戦争を放棄すると決めたとき、当時の日本人は、未来の日本人(私たち)が、そういう「個人レベルの調和」を世界各国と育てていけることを期待していたのではないでしょうか?

国家間のいざこざは、国のトップの一存ではなく、もっと知恵とオープンマインドネスを持った未来の日本人個人に任せよう、と託してくれた気がします。

 

国レベルの紛争と、個人レベルの調和はどこにでも存在し、政治家でも国家のトップでもない私にとっては、毎日出会う人たちと笑ったり、仕事をしたり、新しいことを知ったりすることのほうが価値があるのです。

 

こういうことに気づかせてくれたアメリカに、感謝しています。

外国に住むことで、自分が日本人であることに気づき、その意味に気づいたのです。

どんなに長くアメリカに住んでも、生活がアメリカナイズされても、自分は日本で生まれ育った一人の人間であるということは絶対に変わらないし、それを誇りに思っているのは、私だけじゃないはずです。

 

日本が戦争をしちゃダメな理由” への5件のフィードバック

  1. 昔ね、戦後の記念番組で、原発第1弾を投下したおじいさんが出てたの。
    ミリタリーのキャップを誇らしげにかぶって、「俺のアクションが世界を救った」って、「俺が世界の恐ろしい戦争を終わりに導いた」って自信満々で語ってた。ものすごく腹が立って悲しかった。

    その後アメリカに住んで、そのおじいさんと同じくらいの年齢のおじいさんと知り合ったの。いつもコーヒーショップで顔を合わせてて、小桃を可愛がってくれて仲良くなったんだけど、その人は元US NAVY。その日までアメリカで戦争について語るのはタブーだと思ってた。それまでアメリカ人の友達も戦争のネタだけは何となく避けてた気がする。でもおじいさんはまっすぐ見つめて言ってきたんだ。
    「戦争で我々が日本人にしたことは、決して誇れることじゃない。戦争とはとっても特殊で、勝ち負け、誰が良い悪いなんて絶対にない。辛い思いをした人たちがたくさんいる、それが事実だ。そして私は私の仲間が非人間的なことを日本人にしているのをたくさん見てきた。日本人だからというただそれだけの理由で。でも日本人だろうとアメリカ人だろうと、人間命を授かったら、必ずそこには父がいて母がいる。目の前で倒れていた日本人兵士にも、どこかで帰りを待っている家族がいる。自分と何も変わらない1人の人間だったんだ。僕は偉くも何ともないただの老人、だけどアメリカ人ということにこだわるならば、アメリカ人として、キミの国に、日本人に与えた悪い行いを、心から謝りたいと思う。」

    私は無神教の日本人で、アメリカに住んでも意地悪な人もいれば優しい人もいて、戦争を誇りに思ってる人もいれば心を痛めてる人もいる。生きるって、本当はシンプルに人間同士なんだよね。地球人として、人を思いやって生きていきたいと改めて思った出来事だったよ。

    エリナとジャックのディスカッションに、いつか加わりたいな。

  2. Kazumi、コメントありがとう。

    そのコーヒーショップのおじいちゃんとの会話は、とっても貴重な体験だったね。教えてくれてありがとう。
    そういうアメリカ人もいるってことを忘れないで、ずっと伝えていってね。

    テレビに出てたパイロットもね、もしかしたら、そう言わざるを得ない、思わざるを得なかったのかもしれないね。
    彼は自分のやったことの意味を、重大さを、きっと誰よりも痛感してたはず。世界でたった一人、世界で最も残酷な任務を命じられた人。
    私は彼のやったことを許せないけれど、じゃあ彼のことを憎むか?と聞かれると、「うん」とは言えない。自信満々な様子の彼を想像すると、心から彼がかわいそうな人だな、と思う。

    日本も、韓国や中国、フィリピンでとてもひどいことをした。
    それが日本軍の兵隊たちの「本意」じゃなかったとしても、事実として残っているよね。

    もし自分の父親が、息子が、旦那が、戦争の出征先で外国の女の人に暴行していたら?
    悔しくて、悲しくて、言葉にならないと思う。
    もし自分が、自分の娘が、母親が、姉妹が、親友が、外国の兵隊に暴行されていたら?
    悔しくて、悲しくて、言葉にならないと思う。

    もし今、目の前にそういう体験をした女性がいたら、彼女に対して私が日本人としてできることは、そのシアトルのおじいちゃんと同じで、謝ることしかできない。私一人の謝罪が何になるとは思えないけど、人として、女として、妻として、母として、娘として、心から謝りたいと思う。
    そしてこうやって向き合って謝ることで、シアトルのおじいちゃんも、押しつぶされそうだった自分をリリースできたんじゃないかな。

    個人の意志や、モラル、判断力っていうものが全く無視されて、「右向け、右」で行動しなくてはならないのが戦争なんだと思う。
    普段ではやらないことを、やってしまうのが怖いし、悲しいよね。
    だから、現代に生きる私たちができることは、まさに歴史から学び、良い未来を作っていくことなんだと思うよ。
    日本の若い世代が、オープンマインドで、新しいことに興味を持っていけば、世界は絶対に味方してくれる。

    タブーだと思ってた戦争の話だけど、やっぱり見てみないフリは良くない。
    こうやってきちんと話し合えば、心の持ちようも変わってくる。見方も変わってくると思う。

    ジャックと3人でディスカッションできる日を楽しみにしてるよ。

  3. 日本が戦争を放棄すると決めたとき、

    え?日本は自衛のための戦争はできますよ。
    占領下、勝手にアメリカが作った欠陥憲法が日本国憲法です。
    日本人はアメリカ人や親米日本人には騙されません。
    アメリカは世界中で戦争ができて、日本は戦争ができない?
    それって差別じゃないか。

  4. はじめまして。アメリカ在住約1年のmiyomiyoです。
    現在はワシントン州スポケーンにあるコミカレに通っております。

    アメリカと軍隊、戦争の関係についてのご意見、拝見しました。

    私もアメリカに来て軍隊がとても身近なところに存在することにとても驚いた一人です。ですが、もっと驚いたのは、アメリカの学校で原爆についてよく議論されていることです。それも、”パールハーバー”とセットで。
    議論の中でよくでてくるのが、”パールハーバーを攻撃して多くのアメリカ人を殺したのだから、原爆はその仕置き”punishment”として必要だった”といわれていたりします。
    私の認識では、パールハーバーでなくなったのは数千人で、ほとんどが軍人で民間人の犠牲者は少なかったはずで、どうしてそれと何十万人の一般市民の犠牲者をだしたものとを比べられるのか、どうにも悔しくて仕方ないのです。軍人も民間人も人の命の重みに変わりはありませんし、犠牲者数の問題ではないのかもしれませんが。
    それからよくいわれるのが、”原爆投下は必要だったのか?”という議題。
    それには”原爆を落としたから戦争を早く終わらせられた、アメリカ兵の犠牲者数をおさえられた”という”必要”論とその反対論に終始します。つまり、日本は”原爆を落とされたから降伏した”、という前提で議論がすすみます。
    しかし、当時の日本政府は原爆を落とされたから降伏したわけではなく、ソ連の不可侵条約破棄が主な原因というのが最近明らかになっています。

    だらだらとなってしまいましたが、私が何を言いたいのかというと、アメリカの一般市民は、日本や世界の歴史について”ほとんど知らない”ということです。
    (かくいう私も、世界やアメリカの歴史についてまだまだ知らないことがありますが。)しかしアメリカは世界で唯一、他国の領土に自国の軍隊基地をおいている国でもあります。いくら軍隊が自国の”アイデンティティー”に近いものだからって、それで他国に予備知識もなく”踏み込んで”いっていいわけはないとおもうのです。私はこの点で、アメリカ市民はもっと自国の軍隊や世界の歴史について知っているべきだとおもいます。

  5. miyomiyoさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

    >アメリカの一般市民は、日本や世界の歴史について”ほとんど知らない”ということです。

    私も全くそう思います。
    私たちが日常的に体験している個人レベルでのミスコミュニケーションやmisunderstandingsって、実はある程度は、国レベルでも起こっているんじゃないか?と思うようになりました。東北大震災のときも、日米のニュースを比較していてそれは思ったし、耳に入ってくるもの、目に入ってくるものを鵜呑みにしちゃいけないな、と思っています。

    「太平洋戦争(第二次世界大戦)」という史実は一つだったとしても、日本とアメリカでは全く解釈の仕方が異なり、それが各国では「真実」と教えられるわけです。だから同時に、私が日本で教わってきたことも、捻じ曲げられている部分もあるんじゃないか?と疑うようにもなりました。

    大事なのは、日本とかアメリカという枠を超えて、「人として何が正しいか」を判断できる力だと思います。
    正当性なんて、立場の数だけあって、一つじゃありません。原爆だって(アメリカから見たら)正当だった、パールハーバーだって(日本から見たら)正当だった、911だって誰かから見たら正当だった・・・って、終わりがないですもん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です