求職活動時に必要になる自分の能力の分析


寒風吹きすさぶ雇用状況ですが、一つ前の記事にも書きましたが、求職活動の道を切り開いていくには、ネットワークを広げていくことが大切です。


ネットワークを広げながら、働き口を見つけるためにもう一つやらなきゃならないことがあると思うんですね。ま、これは、人間として常に考えていなければならないことなんですけど。


それは、「自分の能力の優れたところはどこなのか」を理解するってことです。


なぜ、これが大切かと言うと、人に自分をアピールするためには、自分の優れたところが何なのかを自分自身でわかっていなければならないと思うんですね。


「書道1段」とか「大型2種免許」とか、そんなのではなくて、もっと、人間の中身に近い部分の能力のこことです。


たとえば、ある企業に面接に行って、こんなことを聞かれたら、どう言うふうに答えますか?


今までどんなチャレンジがありましたか?


これを聞かれて、すらすらと答えられる人はほんの一握りしかいないと思います。毎日をただ漫然と過ごしていると、このようなことはほとんど考えないはずです。人に言われるがままに行動している人には答えられないかもしれませんね。


じゃぁ、「Masaさんは答えられるのか」と問われると...相当苦しむことは確かです(苦笑)。それくらい難しい質問だと思います。


では、答えられたとして...、


そのような状況で、成功を勝ち取るために、自分のどのような能力が必要になりましたか?


これに答えられます?まずは、自分は人よりすぐれた能力としてどんなものを持っているかを知っていなきゃならないですよね?「ワープロ100ワード/分」とか「英検準1級」とかそんなんじゃありません。もっと深遠な部分です。


では、もう一丁...


そのチャレンジの中でのあなたの成功は何ですか?どんなことですか?どう言う意味を持っていますか?


難しぃ...。企業での面接ですから、当然、自分の日常の仕事から答えを出すべきです。言い換えれば、「その成功のビジネス的なメリットは何か。それをどう理解しているか。」となるかもしれませんね。


では、最後。


その成功への過程で何を学びましたか?


自分の能力を高めることができたと思った瞬間はどんなときですか?


超難しい...。


これらの質問に常に答えられるようにしておくことが大切だと思います。答えは1だけではないはずです。いくつもあると思います。10年働いていれば、10個とかあっても良いですよね。


この質問の答えは、人に自分をアピールする際に、大きな武器になるはずです。自分を厚みのある人間として見せることができるはずです。


自分のダメな部分ではなくて、優れた部分をたくさん探しましょう。


優れた能力がたくさんあるはずです。

 

求職活動時に必要になる自分の能力の分析” への2件のフィードバック

  1. Masaさん、僕を含め、みなさんも長期、短期のスパン問わず目標があって、
    1つ、1つ乗り越え『キャリア』を積んでるんですよねぇ。。。
    そう考えれば、何かしらその過程を
    『言葉』に置き換えてアピールできるはず。なんですけどね(笑)

    自己反省って、よくすると思うんです。
    「失敗は成功の母」とは良く言ったもので。
    ただ、せっかくの「成功」については結果のみで深く考察しない。
    成功した時の方が良いノウハウが詰まっているはずなのに、
    確かにこれを表現できる人間ならば企業の戦力になるはず。

    うーん、すごく当然の質問ですが、やっぱり難問ですよね(笑)

  2. Marlboroさん、こんにちは。早速のコメントありがとうございます。

    そうですね。伊達に歳取ってるわけじゃないはずなんですけどね。経験は多いはずなんですよ。

    「『言葉』に置き換え」ることが難しいからアピールできないんじゃなくて、まじめに考えたことがないんでしょうね。

    人に失敗談を話していてもアピールにはならないですからね。成功談をたくさん話たいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です