職服 – アメリカは?

177466_just_do_it.jpg

その昔...、日本のある企業で働いていた頃、いつも「職服」を着ていました。



右胸(?)には、会社のロゴ、左胸には名札を付けていました。色は...グレーがかったホワイト...だったか...。あまり格好良い服ではありませんでした。今は変わっているんでしょうかねぇ...。



おまけに、実験室に行く時には、会社のロゴが入ったキャップ(野球帽のようなやつ)をかぶらなければなりませんでした。ヘアスタイルが乱れる...。



今は、職服はありません。アメリカに来て、職服を着たことがありません。よほどひどくない限り、基本的にはその人の判断に任されています。



私の場合は、普段はボタンダウンのシャツにジーンズです。お客さんに会う場合には、ジーンズを避けることがありますが、ほとんど年がら年中ジーンズで通しています。靴も、たまにローファーを履くくらいで、普通はスニーカーとか、テニスシューズです。



周りを見回してみると...



やはりアメリカなので、ジーンズが圧倒的に多いですね。ジーンズ+ポロシャツ、Tシャツ、ボタンダウンなど。Vice Presidentクラスの人たちでも、ポロシャツにジーンズが普通ですねぇ。もちろん、時と場合によりますが。



中には、上のような短パン+スニーカーで来る人もいます。結構いますねぇ。ジョギングパンツをはいてる人とか、日本で言うジャージをはいている人とかもいます。



ビーチサンダルとか草履とかで来ている人たちも結構います。



ちなみにネクタイを締めている人を見ることは、ほとんどありません。年に数回、上層部の人間が締めているのを見ることがあり程度。本当に年に数えるほど...



女性の場合は、さまざまです。うちは、Tシャツにジーンズが多いですねぇ。スーツ系はまずいません。男どもが多いにもかかわらず、何も気にせず着飾ることもないようです。もちろん、営業系は別でしょうが。



こちらで働いていると、あまり服装に気を使う必要がありません。少し麻痺気味かもしれません。

 

職服 – アメリカは?” への4件のフィードバック

  1. IT系で内勤の人達、多いですね。

    特に、外資の人達。

  2. TATSUさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

    >IT系で内勤の人達、多いですね。
    ジーンズとかですよね。

    私は昔は、実験室で実験する身分でも、ネクタイを締めてました。傍から見るとちょっと異常だったかもしれません。でも、周り皆してましたから。

    今はそんなことないんだろうなぁ...

  3. ウチの会社は100%アメリカの会社ですが、
    ドレスコードは日本で勤めていた会社よりも厳しいのですよ!

    カプリパンツ(七分丈のズボン)はダメ。
    スカートは膝より下の長さ。
    ピアスはダメ。
    ノースリーブはダメ。
    靴はつま先が隠れるもので踵がついているもの。
    (つまり、フォーマルなサンダルでもダメってことです)

    日本では外に出て行くことも多かったので
    基本的にスーツでしたが、内勤の日など、
    それほど厳しくなかったので、
    上記に書いたような服装はもちろんOKでした。

    でも、日本とアメリカ、どちらの会社も、
    金曜日はカジュアルフライデー。

    金曜日になると、ここぞとばかりジーンズをはいていき、
    思いっきりリラックスした中で仕事ができます。
    毎日、ジーンズって・・・いいなぁ・・・。

  4. マフィンさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

    きびしーですねぇ。私も日系企業に勤めていた頃は、金曜日のみジーンズ、他はスラックスで通っていました。

    今の会社は特に「ゆるい」です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です