育児休暇という選択

昨年、Yahoo! CEOに妊娠7ヶ月の女性が抜擢されたという記事を書きました。

今回は、アメリカでの育児休暇というものについて、私自身の体験も含めて考えてみたいと思います。

 

このニュースでは、CEOに大抜擢されたマリッサ・メイヤーは、出産後も数週間の産後休暇後、仕事に復帰すると宣言していました。アメリカでは事実、出産から数週間で仕事に復帰するという女性は少なくありません。

ここカリフォルニア州で決められている産後休暇(産休)は、自然分娩で6週間、帝王切開で8週間です。

これは、この期間内に復帰すれば、もとのポジションに無条件で戻れますよ、というものであり、それより長く休暇をとれば、その後の同じ仕事の保障はありません。

 

 

私は2008年3月に長男、2009年11月に長女を出産しました。

長男を産んだときは自然分娩でしたので、6週間の産休後、仕事に復帰しました。

その後、週30時間勤務のパートタイムで仕事を続け、旦那と交代で息子の面倒を見るという生活を1年半続けました。

大学で働く旦那が、朝の授業から帰ってきたら私が出勤。夕方、私が帰ってきたら旦那が夜の授業に出かける、という、なんともあわただしい生活。

疲れきっていた私たちのストレスは言うまでもなく高く、そこにあったのは、ちょっとだけ少なくなったダブルインカムのお給料。夫婦のコミュニケーションも徐々に減っていきました。

 

二人目の妊娠がわかったころ、息子は1歳になりました。

そのあたりから私の中で、「二人目が生まれたら、もうこの生活は続けられないな・・・」という予感がありました。何らかの形で、夫婦の負担を軽くしなければ、機能するはずがない。

当時は、目の前にある一日をクリアすることに精一杯で、旦那とそこまで話し合う時間も気持ちの余裕もありませんでした。でも、そのような生活への不安は、彼も感じていたように思います。

 

2009年の11月に娘が生まれる直前、我が家はいくつかの経済的な変化を乗り越えることになります。

まずは、数年前に買った家を売却。投資用にキープしていたコンドミニアムも売れ、二人の収入がなくても余裕のある生活ができるように。

結果として、「仕事を辞めてもいい」という選択肢を後押ししました。

 

長女が産まれ、あわただしかったダウンタウンから静かな住宅街に引っ越すと、「もう仕事は辞めよう」という気持ちが強くなりました。そのときはまだ6週間の産休中でしたが、好きな写真の勉強も始め、子供たちと過ごす時間がまるで天国のようでした。

産休が終わり、職場に戻ってみると、用意されていたのは二つの選択肢。

「フルタイムで復帰か、それとも自主的退社か。」

私の答えは退社でした。

復帰未定の育児休暇をとる決心をしたのは、ちょうど息子が2歳になった一週間後のことでした。

 

この記事にも書いたように、息子は言葉が遅く、2歳になったときに発した言葉はパパの「パ」と、ボートの「ボ」くらい。

いや、もっとしゃべっていたのかもしれないけど、私たちの余裕のない生活では、それに気づいてあげることはできませんでした。それは、彼との時間が全く足りていなかったという証拠だったのです。

 

私が仕事を辞めて、子供たちと時間を過ごすようになってから、息子の変化に気づいたのは周りの人たちでした。

「よく笑うようになったね。」

「おだやかになったね。」

「たくさんお話しするようになったね。」

息子のことをそう言う人が増えたのです。

 

それから息子が3歳になる頃には、彼は単語ではなくて文章で会話をするようになり、他の子供たちにも興味を示したり、とても社交的なおしゃべりさんになりました。

また、新生児のときから息子を悩ませていたアトピーもとても良くなりました。生まれたときから両ほっぺたにあった乳児湿疹、手と腕、すねのあたりに広がったアトピーの辛さは、私も子供の頃に体験していたのでわかります。ドクターに処方してもらったステロイドもやめたいと思っていた時のことでした。そして、遺伝だと思っていたこのアトピー、生まれたばかりの娘には全く発症しませんでした。

私自身、精神的なストレスというものが、自分の皮膚に影響を与えることを知っているので、子供たちもこうやって何らかのストレスを感じているということを知りました。

 

私はこの一年半のあいだ、母親として子供たちの変化を間近で見ていて、どれだけ自分の役割が大きいものなのかを知ることになりました。

確かに仕事は面白い。

お金ももらえる。

だけど、母親になった今、私の人生は私だけのものではない。

自分の子供が、どれだけの時間をどのように必要としているのか、それを見極めるのはドクターでも、育児書でもなく、私の仕事だということを知る体験になったのです。

 

私はここで、働くママを批判しているわけではありません。むしろ応援したいです。

ただ、家族の中での「母親」という役割は(父親と同様)独特の大切な役割であり、家族の中のバランスに気づき、それを調整するのはやはり「母」の仕事なんだと感じました。

私にとってこの一年半は、そのことに気づく大切なチャンスだったのです。

もちろん、世の中には、自分が働かなくては家族が食べていけない、という母親もごまんといるでしょう。

そういう女性を周りがサポートしてあげてください。

家では「母親」という代わりの利かない役割があり、子供たちにとってはその存在が全てであるということを認識してあげてください。自分の母親がいつも母親であったように、その女性も誰かの母親なのです。

私は、Yahoo!という世界的大企業が、それに気づかず(または気づいていても)、マリッサさんという一母親に、たとえ短くても、子供とつながるための時間をあげられなかったことが、少し残念に思います。

もしこの人事が長期的な目で見たものだったとしたら、「今すぐ!」という答えではなかったかもしれないからです。

 

そして子供たちは成長します。彼らはすでに、3年前に比べて、私のことを必要としません。

一年半の子供たちとの時間を過ごした後(長男が3歳、長女が1歳半になった頃)、私はフルタイムの仕事に復帰することにしました。

子供たちが親の手を離れていくのと同時に、自分の時間も増えていきます。

しかし、”bonding”(ボンディング)と呼ばれる親子の「絆」を深める時間は、限定されています。それは最初の本当に本当に短い時間です。

前述したYahoo! CEOのマリッサさんも、それに気づき、忙しいながらも生まれたてのベビーとのボンディング生活が送れることを祈るばかりです。

 

私がもし、5年前の自分自身にアドバイスできるなら、こう言います。

「急がなくていいよ。だから他のことは全て忘れて、子供との時間をじゅ~ぶんに楽しみなさい。」と。

 

育児休暇という選択” への12件のフィードバック

  1. 初めてコメントさせていただきます。
    私にも10ヶ月の娘がいます。
    主人は東海岸、私はカルフォルニアで仕事をしていたので、別々に暮らしていましたが、やっぱり子供は一人では育てるのは難しいですし、仕事もするとなったら無理だと思って、私は産休後、退職しました。
    夜中に泣いたりするし、離乳食も終わってないので、まだまだ大変なのですが、仕事は好きだし、仕事の幅を広げる為にも学校に行きたいなと思うとお金が必要だったりで、仕事に戻るか、とまた悶々をしていた時にこの記事をみつけました。
    私も同じ様に、マリッサ メイヤーさんの事は感じてます。
    お金で解決。それで成り立つ物はいくつかあるのですが、子供の成長はお金ではどうにもなりませよね。子供にはいくらお金をかけたかなんてよりもダイレクトにそばに居てくれる人の方が重要なんですから。とはいえ、自分はそんなに経済的には余裕はないですがね(苦笑)

    たまに空しく感じたりして悩む事はいろいろあるんですが、Erinaさんのアドバイスを参考にさせていただきます。ありがとうございます。

  2. >けろさん
    初めまして!
    素敵なコメントありがとうございます。
    そうですか、ご夫婦で別々に暮らしていたら、なおさら大変ですね。

    仕事を辞めるという選択肢があること自体、幸運なことで、逆にやめたくてもやめられないという母親もごまんといると思うんですね。
    マリッサさんのようなエグゼクティブなケースはまれですが、一人の母親として見たときに、誰が上とか下とかないですし、みんな一生懸命な母親です。

    私もこれから大学院に戻りたいし、仕事ももっとしたいです。
    特にアメリカという国にはそういう選択肢がいくつも用意されていて、やろうと思えば自分次第でなんでもできる社会です。
    そんな国に住んで、周りを見ていると焦りますよね。そんなときは深呼吸して、「焦らない焦らない」ととりあえず一休さんの心持ちです!笑

    のんびりとがんばりましょうね!またアメ10に遊びに来てください。

  3. Erinaさん、はじめまして!
    昨年末に結婚を機に日本での仕事を辞め、アメリカに駐在している夫と暮らすためにKentucky州に来ました。アメリカに来て1ヶ月、仕事もなく毎日のんびり過ごしているので、社会とつながっていないことで自分がダメになってしまうんじゃないかという不安や、夫の給料で遊ぶお金を使うことに対する罪悪感みたいなもので、もんもんとしていて(もちろん気楽に暮らせることは幸せだと思いますし、アメリカ暮らしの機会をくれた夫にも感謝してますが)、これからどうしようと思っている時に、Erinaさんのこの記事を読んで、気分が楽になりました。共働き・専業主婦になること、どちらにも家族として見た時に良い点・悪い点があって、何を大事にしたいかで、その時々選択をしてもいいんだなと思えたからです。子供が大きくなって自分の手がかからなくなった時に、また働けるよう、このアメリカ生活で何かしらのスキルを身につけたいなと思いました。
    時間を無駄にしてばかりで焦ることが多いですが、インターネットで様々な情報が手に入るこの世の中が本当にありがたいです☆

  4. まゆさん、初めまして!コメントありがとうございます。
    ケンタッキー!レキシントンですか?うちの旦那がケンタッキー出身で、家族がレキシントンとリッチモンドに住んでいます。
    良いところですよね。

    まゆさんの考え、素晴らしいと思います。

    >共働き・専業主婦になること、どちらにも家族として見た時に良い点・悪い点があって、何を大事にしたいかで、その時々選択をしてもいいんだなと思えたからです。

    本当にそうですよね。「絶対にコレだ!」という正しい答えはありません。自分たちで見つけていくしかないと思うんです。
    人生はまだまだ長いですから(笑)、焦らなくても大丈夫です!

    まゆさんにはまゆさんにしかできないことがありますよ!おいしい食べ物を見つけて、週末に旦那さんを連れて行ってあげるとか、ご近所にお友達を作って、旦那さんを紹介してあげるとか。
    まゆさんがアメリカ生活を楽しんでると旦那さんに見せることってすごく大事なことだと思います。
    小さいお子さんがいるなら、近所の図書館や地域センターに子供向けのクラスなどもあるでしょうから、そこでママ友を作ってみることもオススメです。

    のんびり行きましょう!まだ外は寒いですしね!!笑
    また遊びに来てください。

  5. 本当にその通りですね。
    私は大学卒業後すぐに結婚、主人の転勤が何回もあり
    定職に付けず、翻訳の仕事やチューターをチョロっとやる程度で
    まともな職歴なしのまま妊娠、出産しました。
    (実は一度、ErinaさんにMixiを通じて翻訳の事に関するやり取りをした事があります。夫の転勤が決まりバタバタしていて返事ができず、申し訳なかったです。。)
    まともな職歴なしのまま、出産した事で余計に焦りがあり、
    エントリーレベルで、子育てに理解のある会社なんて見つかるのかな、、、と焦る割に、色々なストレスや今までの劣等感でどうしようもできず。
    『でも子育てが・・・転勤が・・・』などと全てが、自分が何もしない言い訳にさえ聞こえてきて、相当へこんでいました。

    私は結局、転勤の多い仕事を辞めてもらい、彼には第二のキャリアを模索中に育児を経験してもらい、
    私はなんでもいいからとりあえず社会にでてみたくて、でも時間に融通のききやすい
    事務職から初めてみる事にしました。社会進出してからまだ数ヶ月ですが

    今思う事は、、やっぱり、
    『何をどうしてあんなに焦っていたんだろう・・・』です。笑

    もう少し、子育てを楽しめば良かった。と思う毎日ですが
    主人が子どもとのbonding timeを楽しんでる微笑ましい姿を見て
    『これもアリかな』とも思っています。

    いずれは、本当に自分のやりたい道を見つけて
    ボチボチ焦らず、学校へ戻る選択をするなり、第二子の時は
    もっとゆっくりのびのび育児を楽しみたいな〜なんて思っています。

    (連絡を返さなかった自分が悪いのですが)こんな形で
    育児の悩みをネットで検索しているところに、再びつながる事ができたので
    コメントを残しました^^

  6. >ゆかさん
    こんにちは!こちらこそ、こんなところで見つけていただいて嬉しい限りです。
    コメントありがとうございます!

    私も2、3年しか仕事をせずに、復帰したときに本当に戻ってこられるのだろうか?という心配はずっとありました。

    でも復帰してみて感じたことは、アメリカという社会は、仕事だけでなく人生で経験したプラスαも考慮してもらえるということでした。職歴が長ければ良い、というわけでもないんですね。そこに何かしらの面白みがある人とやっぱりみんな働きたいんです。ゆかさんもそう感じませんか?

    そして必ず、自分を必要としてくれる場所はどこかにあるということ。それはこちらの目の向け方で見えてくるんです。

    子供たちと時間を過ごしたことで、自分自身に新しい発見もありました。
    大学を卒業して以来、院に行きたいとずっと思っているのですが、これも「なんとかして行きたい!」という考えから、「今ならできそう」という考えに変わったんです。
    こういうサインは子供たちが送ってくれるんですね。
    「あ、もう大丈夫だな。できるんじゃないかな。」って思わせてれます。

    スケジュールが合わないことにイライラしたり、お金がないことにがっかりしたり、「いつ行けるんだろう?」って不安になって、旦那に八つ当たりすることもありました。そこで無理強いして院に行くのも一つの手段です。
    だけど、そこはたぶん今は、自分が一番必要とされている場所じゃないんですよ、きっと。だから今、できることを一番必要とされている場所で120パーセントがんばる。そしたら絶対に、向こうからチャンスはやってきます。

    ゆかさんはご主人とお二人でベストな決断をしているようで素晴らしいと思います。
    結婚は共同生活ですから、どこかで妥協の連続ですよね。
    お互いがちょっとずつ我慢し、ちょっとずつ助けてあげて、ちょっとずつ助けてもらう。素晴らしい関係だと思います。
    そして、ふと気づいた時に、自分たちの築いてきたものの大きさに感動できる日が絶対に絶対に来ます。

    うちも、旦那が長男と2人きりで過ごした日々の意味は、ものすごく大きいです。毎日、一緒にセサミストリートを見て踊って、散歩して、ご飯を食べて、寝かせる。散歩も最初はストローラーだったのに、そのうちに2人で手をつないで歩いていました。今から4年前の話です。
    個人的にはそれを全て見逃してしまってくやしいけれど、今の旦那は長男から、男として絶大な信頼と羨望を得ています。言葉がなくてもそこには見えない強い強い絆があります。
    だからあの時間はあってよかったんだ、と今になって感じます。(・・・とこんなことを書きながらも涙ぐんでる私。笑)

    ふたりめベビーちゃんの子育てもぜひ楽しんでください。ものすごく楽しいです。

    長くなってしまいましたが、読んでいただいてありがとうございました!
    またぜひこのアメ10ブログに遊びに来てくださいね。

  7. 本当に、全てに納得です。
    人生本当に上手く作られてるんだな〜と、振り返ると思う事ができますが
    やっぱり、『いつになったら・・・』のまっただ中にいると
    焦りで、もがきながらなんでも良いから掴みたい!っていう気持ちで
    先走りしてしまいますよね。
    Erinaさんがおっしゃったように、私も旦那と娘の関係を見てると
    たまにうる〜っと来るくらい良い信頼関係を築いていて
    あ〜よかったな。と思います。今は経済的にもキツいですが
    娘が旦那をみてケラケラ笑って見つめ合い、一緒に遊んでる姿は
    お金では買えないなと。(ちょっと悔しいですがw)
    そして、主夫のスキルも大分上がってきたので、主婦独特の悩みを
    心から共有できるようになって、関係が良くなったのも事実です。
    (例:ゴミをだしに行ったからと言って、『ゴミ捨て』をやってやった!という考え方をしなくなり、かわりに、『ゴミ捨て』という、ゴミを集めて、分けて、袋をくくって、出しにいって、新しい袋をゴミ箱につけるまでという全部の事をやってくれるようになりました。その間娘に邪魔されて、ゴミ捨てに10分もかかる!とグチをこぼすようにもなりました・・・笑)

    話はそれましたが・・・Erinaさんのこのブログは、職に付く前に読みたかったです・・・笑 
    皆さん悩みは一緒なのですね。
    他にも面白そうな記事がたくさんあったので、また遊びにきますね!

  8. ゆかさん、コメントありがとうございます!

    >『いつになったら・・・』のまっただ中にいると焦りで、もがきながらなんでも良いから掴みたい!っていう気持ちで先走りしてしまいますよね。

    わかります・・・。
    何でもできる社会だからこそ、できない、やってないことに焦っちゃうんですよね。

    >主夫のスキルも大分上がってきたので、主婦独特の悩みを
    心から共有できるようになって、関係が良くなったのも事実です。

    素晴らしいです!
    うちは旦那が家事が好きなので(というか私がやると満足いかないようなので)、任せてます。笑
    私たちも子供がこの年になって、夫婦関係を今一度、見つめ直すきっかけになりました。結婚後6年で、夫婦カウンセリングも初めて行きました(この記事もhttp://takeiteasyinamerica.com/?p=9584で書きました)。
    2人きりだったときとはまた違う「チーム」として絆が強まったなぁと思っています。

    >Erinaさんのこのブログは、職に付く前に読みたかったです・・・笑

    そんなこと言ってもらえて、嬉しいです。笑
    ぜひ、ゆかさんの周りの女性達に、ゆかさんのお話もシェアしてあげてくださいね!
    それではまた遊びに来てください!

  9. もうトピがクローズしているかもしれないですが。。。私はシカゴに住んでいます。今は2人目の出産を終え、産休中ですが10月に復帰します。一人目の息子は2歳10ヶ月、もうすぐ3歳なのですが言葉を発さない状態でdevelopement issueとも言われました。私もフルタイムで働いていたため、育児をおろそかにしたせいかと悶々と考え込んでしまう毎日です。(自分のせいだと考えてしまいがちです)

    経済的に専業主婦という選択肢はないのですが、本当仕事、家事、育児の両立というのは大変であるし、最近は不可能なのではと思ってしまいます。

    仕事は在宅ワークなので子供との時間が取れるはず?なのですが、勤務時間が夜中フルタイムなので、昼間はぼーっと過ごしてしまうということも多々あり、子供とフルに接してあげれていない状況です。

    このトピックをみて自分と同じように今何が一番大切なのかということを考えている仲間がいるんだと少し心が軽くなり、コメントしました。ありがとうございました;)

  10. さとさん、こんにちは!
    コメントありがとうございます!

    古い記事でも、現在進行形の方の役に立てて嬉しいです。
    この記事を書いたのは2年半前、実際に育児休暇をとったのは5年も前のことで、当時ベビーだったこの子たちは小学生になりました。これだけ時間がたって感じたことは、私は今でもまだまだ、母として試行錯誤中・修行中で、毎日が新発見です。きっとこれは、子供たちが中学、高校に行ってもそうなんじゃないかなぁという気がしています。笑

    両立についてはその後、こんな記事も書いてみました。
    http://takeiteasyinamerica.com/?p=17266
    また、今年立ち上げた新しいブログで、ちょうど今日はこんな記事も書いてみました。
    http://innadeshikoway.com/?p=1680
    こちらでは、アメリカ生活とは直接関係のない(かもしれない)、日本人女性としての意見や考えを書いています。

    息子さんのスピーチについては、自分を責めないでくださいね。何か間違ったことをしたわけじゃないので。
    私が子供の言語発達について思うのは、「蛇口の水をコップに入れる」というのを想像してください。
    コップの水がいっぱいになるのって、蛇口から出ている水の量によりますよね。
    一日中、子供に話しかけていると、子供の言語発達が速いのは、蛇口の水がジャー!!っと勢いよく出ているから。ちょっと時間がかかっている場合は、蛇口の水がそれほど勢いよく出てないから。だけど、コップがいっぱいになるのって時間の問題なんですよ。

    あと、両親がバイリンガルで、使用言語が二言語だと、水と同時にオレンジジュースなんかも蛇口から出てきちゃったりするので(笑)、ちょっと子供の頭の中でこんがらがってるところもあるんじゃないかな?と思ってます。それが悪いということではなく、整理に時間がかかっている、というだけのことです。

    さとさんは今、母親の直感で、「ちょっと待てよ・・・」って立ち止まったところ。
    何か気になることがあって、それに気づいたのは良いことだと思うんです。
    急いで結論を出さず、色々な情報を集めて、何より息子さんとべびちゃんと向かい合って、ご家族にとってベストな答えが出ると良いですね。
    応援しています。一人じゃないですよ。一緒に頑張りましょうね!

  11. 返答遅れてごめんなさい!お忙しい時に私のコメントをよんで返答を頂きありがとうございます。なんだか心が救われた気がしました。

    言葉の発達って蛇口の水とコップの関係に確かに似ていますよね。確かに私は日本語、主人は英語なのでジュースやら水やら色々なのかもですね。最近はやっと言葉のマネをし始めました。きっと話すということに興味がわいてきたのかなと思います。

    仕事復帰してこの数日家の中は戦争状態でしたw(家の散らかりを見ると竜巻が去った後のようです)頂いたリンクの記事を読んで私もすべてにおいて「完璧」を目指していたのではと思いました。なんだかピンと張りつめた糸が切れた気がします。(いい意味で)

    私も変に完璧主義なところがあり、そのためか主人への期待度も高かった気がします。「リラックスしなよ」と日々言われていたのですが、「私がやらなきゃ誰がやる」という変な使命感にとらわれすぎてていつしか笑顔が消えていた気がします。仕事家事育児ー50%、それでも150%のエネルギーを私は使っているんだと思うと、そりゃ笑顔もなくなりますよね。こんなシンプルな事に今更気がつくなんて...w だってこれが毎日24時間/7日間エンドレスですもんね。ほんと母親になるっていうのは大変だなと思います。

    「笑顔でいること」ーまずは家族のためにも私のためにもこれをモットーにスタートしてみようと思います。またコメントするかもですがその際はよろしくお願いします><

  12. さとさん、こんにちは!

    仕事・家事・育児を50%ずつやってトータル150%って、私も全く同じことを考えてました!笑
    日本の母に電話で、「私は仕事と子育てを60%ずつやっても、トータルで120%で100を超えてるって思ってる」と言ったら、そういうポジティブ思考は日本にはないわ~と言われましたが。笑

    必要ですよね、そういう考え方。だって自分しかいないんだもん。
    大切に、丁寧に、でも楽しんで。そのための手抜きなら、必要なんだって思うようにしています。
    ママの笑顔は家族の太陽!
    お子さんもご主人も、ママの笑顔で明日が楽しみになるんです。

    大丈夫ですよ~!のんびりやりましょ~♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です