身をもって覚える英単語 “Diversity”

どうもこんにちは、Erinaです。

 

みなさんは、Diversity(多様性)という言葉を聞いて、どんなイメージを持ちますか?

Diversityと呼ばれるものってどんなことがあるでしょうか?

人種・文化・出身地・民族・言語・宗教・性別・年齢・性的嗜好・思想・政治・経済・結婚・学歴・職種・居住地・応援するスポーツチーム・ファッション・・・まだまだありそうですね。

 

最近では、日本でも「ダイバーシティ」という言葉が広く使われ、企業や大学などでも取り入れようとする動きがあるそうですが、実際に”Diversity”を意識して生活したり、仕事をするというのは、日本に限らずあまり多くはないのではないでしょうか。

 

"The Golden Rule" by Norman Rockwell (nrm.org)
“The Golden Rule” by Norman Rockwell (nrm.org)

 

 

今日は、私のアメリカ生活を通して学んだ”Diversity”について書いてみようと思います。

 

およそ10年前、コミカレでアメリカ政治学の授業を取ったときでした。

初日の授業で、教授がクラスの学生全員にある質問をしました。

 

「みんなの考えるアメリカ合衆国のアイデンティティって何?一単語で答えてみて。」

 

“Independence”

“Democracy”

“Freedom”

“Justice”

 

・・・・と、アメリカの国歌や憲法に出てきそうな単語を学生が答えるたびに、教授が黒板に書いていきます。

 

そしてポツンと出てきた言葉が

 

“Diversity”

 

でした。

 

私はなんとなくこの言葉に惹きつけられました。

「アタマではわかる。でも”diversity”の本当の意味ってなんだろう?」

 

これをきっかけに、私の中で、”Diversity”という言葉はアメリカ生活を送る上でのキーワードになりました。

 

 

アメリカで生活をしていると、本当に色々な人に出会います。

 

  • ロトチケットを買ったら家族の話を延々とするリカーストアのオーナー(中東系)
  • ターゲットのレジで待っていたら孫のベビーシャワー用プレゼントの話をするおばちゃん(白人)
  • 3日滞在のつもりが1ヶ月居候した息子をグレイハウンド(長距離バス)ステーションまで送っていくお向かいの旦那さん(黒人)
  • 車のオイル交換をしたら「姪っ子に似てるから」という理由で、5ドル割引してくれたメカニックの夫婦(ベトナム人)
  • 朝のエレベーターで知らない人に”Have a good day.”って言い合える人々(もはや誰が何人かはわからない)

 

・・・・などなど、これを読んで、「いるいる・・・」って思った人、結構いますよね?

 

うちの夫婦の会話でも、 

「シンディが言ってたんだけど・・・。」

「シンディって誰?!」

「あぁ、裏に新しく引っ越してきた人のガールフレンド。」

「いつ仲良くなったの?」

ということがよくあって、いつの間にか人のつながりができています。

 

こうやって、日本じゃ考えられないくらい人間の深みを見ることができますが、私はこれが「アメリカ生活の醍醐味」だと思っています。

私は基本的に社交的な人間ではないので、こういう社会で暮らしていないと、「今日は誰とも話さなかったなぁ」ということになります。まぁ今は家族がいるので現実的じゃないですけどね。

 

 

最初の質問に戻って、

  • Independence
  • Democracy
  • Freedom
  • Justice

というのは、もちろんアメリカの歴史や思想、システムの根底にあるものです。憲法でも明記されているし、アメリカの学校教育を受ければかなり初期の頃から、こういう精神を教えられます。 

しかし、Diversityというのは、もっと生活に密着しているもの。

一昔前、アメリカは「人種のるつぼ」という意味で、”Melting Pot“(色々なものが溶けて単一に混ざった鍋)と呼ばれていました。

しかし現在は、“Salad Bowl”と呼ぶほうが適切であると言われています。

サラダには、レタス、きゅうり、トマト、玉ねぎ、チキンにハム・・・色々な食べ物が存在し、「それぞれの味」を楽しめますよね。アメリカもこれと同じで、異なる人種や文化は、混ざり合って一つの味になることはなく、ボウルの中で混ざってもそれぞれの味を残し、他のものと共生しているという意味です。

 

そんなサラダボウルの中で暮らすことで身についたのは、 「他人に興味を持つ」ということでした。

幸いなことに、「日本から来ました」と言うと、好感的な人が多いこの国。

自分のことや日本のことを話す機会はとてもたくさんあります。

それと同じように、相手のことも知る努力をしました。質問なんて”How about you?”とオウム返しでオーケー。

こうやって話をしていけば、友達になれない人なんてこの世界にはいないんじゃないか?と思えるようになったのは、やっぱりここがアメリカだからでしょうか。(苦笑)

 

とにかく人間って面白い。

色々な違いを超えて、「あ、今わかりあえたね!」という瞬間は、なかなか貴重です。

これを、「この人はこうだから」と表面的なもので判断し、自分からシャットアウトしてしまってはもったいない、と私は思うわけです。

(もちろん、全ての会話がウェルカムなわけではないですし、安全面のこともありますから、そこは個人の判断が必要です。)

 

 

私はあのアメリカ政治学の授業を今でも鮮明に覚えていますが、「Diversityとはこういうことだ」とはっきりとは説明できません。 

この国で暮らして、毎日色々な人と出会い、言葉を交わし、新しいことを学び・教え、仕事をしたり、ジョークに笑ったり、ニュースを聞いたりすることで、「自分はDiversityの中で生きている」という実感だけがあります。

目の前にある会話が受け入れられて、目の前にあるニュースが流れる現実。

「どれが正しい、正しくない」という意見に振り回されず、個人がそれぞれの意見を持つことを認められている社会。

 

それがアメリカのDiversityなんだな、と思います。

 

みなさんのDiversityってどんなものですか?

 

身をもって覚える英単語 “Diversity”” への5件のフィードバック

  1. はじめまして!
    「サンディエゴ移住」と検索したらErinaさんのブログが目を引き、読み入ってしましいました。
    特にこの、”diversity” の記事はとても興味深いです。
    私はこの”diversity”を我が子たちに肌で感じて、経験して、生きる力を養ってもらいたいとこの1年間アメリカサンディエゴへの移住を計画中です!
    絶対に日本の教育がいい!とハワイに在住する姉は反対してますが、私も大学、専門学校時代をアメリカで過ごし、子供達が小さいうちに!と今必死に策をあれこれ練っています。
    確かに日本の教育環境は素晴らしいです。学力レベルも高い。しかし、それだけでは今のこの歪んだ社会では生き延びられない。壁にぶち当たったらアイデアや方向転換して越えることはできない。
    多くの人種、宗教、カルチャー、考え方、価値観…の中で自分の頭でモノを考える大人にしたい。

    すみません…気づいたらめっちゃ長くなってました…

    とにかく共感しました!
    これからも、楽しくがんばってください!
    私も早くサンディエゴいきたいです!

  2. Mocoさん、コメントありがとうございます!

    私も今、6歳と4歳の子供を育てていますが、Mocoさんの気持ちにとっても同感です。
    与えられた環境は、誰にでも有利なものでもありません。その中で、自分で考えて、自分にとってベストの道を切り開く、これって日本の教育では教えていません。(少なくとも私の時代には・・・)

    こないだ、興味深いディスカッションがありました。
    日本とアメリカの教育の基盤となってる文化です。
    日本の教育って、”discipline”がとってもメインになっています。これは、災害時にもパニックにならないという素晴らしい社会を育てますが、自由な問題解決には向きません。
    逆に、アメリカは”problem-solving”がメインになってますが、日本的な秩序とかルールとか、そういうものに欠けています。
    またこれも記事にしてみようかと思いますが、親としては考えさせられますね。

    学校システムはどの国でも完璧じゃないので、足りないところを家庭で補うのは必要そうですね。
    って私も長くなってしまいましたが、またぜひ遊びに来てください♪

  3. Erinaさん
    お返事ありがとうございます!私は、12、11、9歳の母です!
    日本での生活に不満があるわけではないのですが、今しかない!と思ってます。
    無謀な挑戦ですが、きっと将来子供達の肥やしになるだろうと願ってそちらに行きたいと思います。慣れるまで始めは「なんでこんなとこに連れてきたんだー」って恨まれるかもしれないですけどね。。。笑
    様々な人種や異文化の中で自分のスペースを作って、笑って泣いて。。。きっとたくましくなる!
    いつかそちらでお会いしてたくさん色々なお話できたら嬉しいです!!

  4. 子供の学校で “What does diversity mean to me?” というテーマが年間通してdiscussion されていたので、きっとこの位置付けは大きいぞと思って調べ始めました。すごく共感できる内容でした。

  5. Masaさん、こんにちは。コメントいただき、ありがとうございます。
    お子さんの学校でも面白い勉強をされているんですね。
    共感していただけて嬉しいです。このDiversityがあるからこそ、この国は面白いなぁと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です