レジ横のペニー

 

アメリカに来て、「なんだこりゃ?」と思ったことの一つに、「レジ横のペニー(1セントコイン)」があります。

 

ここアメリカのお店やコーヒーショップなどのレジのカウンターには、ペニーがいくつか置いてあることがあります。

 

最初は、気にも留めなかった(気づきもしなかった)このペニーですが、そのうちにすごく不思議に思うようになってきたのです。

 

そしてある日、私の目の前で会計していた人のおかげで、このペニーはなんのために存在するのかを発見することができました。

 

それは、お金を払う時に、「1セント足りない」となったときに、使う。

 

 

ってまぁ考えてみれば当たり前なんですが・・・汗

 

 

私はアメリカに来て、「18ドル1セント」をちょっきりで払う人をあまり見ません。

 

この場合、20ドル札で払うか、クレジットカード、またはデビットカードで支払い。

 

(小銭を持ってないとかの理由で)20ドル札のみで支払われた場合、レジの人が、このレジ横のペニーをさっと一個とって、さもそれを使って払ったかのようにレジに入れ、1ドル99セントではなく「2ドル」のお釣りをくれるわけです。

 

もしかしたら、レジの人がただ単に、1ドル99セントを出すのが面倒くさいだけかもしれませんが・・・。

 

 

そしてこのペニーちゃんたちは、どこから来るのかというと、またこれも目からウロコでした。

 

それは「他のお客さんたち」から来るのです。

 

たとえば、3セントのお釣りが返ってきた男性。

 

(こっちの男性はお金は札入れしか持ち歩かないことが多いのか、みんな小銭はポケットにジャラジャラさせています。)

 

それが嫌な場合、その3セントはそのままレジのカウンターに置いていったりしています。

 

どうやら、その3セントが、未来の「小銭の足りない人」のために使われるようです。

 

 

私はデビットカードでの支払いが多いので、レジ横のペニーちゃんにお世話になることはあまりないのですが、これを使っているたびに、なんだか1セントや2セントでごちゃごちゃ言わない(面倒くさがりな?)ところが大雑把でいいな〜と微笑ましく思ってしまいます。

 

レジ横のペニーに、巡り巡る世界観を発見してしまった私はちょっと大げさかな?笑

 

 

Erina

2011-08-08 20:08:53 

レジ横のペニー” への2件のフィードバック

  1. 確かに、そう言われてみれば、そんなのありますね。1セントでも払わなければ良いと、なんとなく得した気分になりますからね。

    レジ横の募金箱ってのもありますよね。私は、小銭をポケットにジャラジャラ入れるのがあまり好きではないので、小銭は、レジ横の募金箱に全部入れることにしています(笑)。

  2. レジの人が細かいお釣りを出すのを面倒くさいに3000点ですけどね!!(古い!)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です