Business Opportunity – with DC Cordova

DC2-07


実は...


昨日、あの”DC Cordova(DC コルドバ)”さんに会ってきました。目的は、今後のジョイントの可能性についてを議論するため。


「今後のジョイント」とは...


例の、7万人もの卒業生を輩出しているMoney & Youプログラムを日本に持ち込めるかどうかの話。


ビジネスに関しての議論については少し置いておいて...。


DCを訪ねるのは今回が初めて。少し緊張。


噂では、DCの住まいは太平洋に面したコンドミニアム。部屋から太平洋が一望できる場所に立っているとのこと。


DCのFacebookには、良く太平洋の夕日が沈む直前直後の写真がアップされます。


場所は、サンディエゴのPoint Loma。


あのミックも住んでいる街です。


仕事を終わって、車を飛ばすこと約40分。途中、渋滞やら、事故やらで予定の時間をかなりオーバーしてしまいました。


おまけに駐車できる場所が見つからない。さらに時間オーバー。


とりあえず、DCの駐車場に空きがあるので、そこに車を駐車。


で、車を降りると...


潮の香りがプーン。


それもそのはず、そのコンドはがけの上に立っています(断崖絶壁ではありませんけどね)。


「ザブーン、ザブーン」と波が岩にあたる音が聞こえます。


「ロマンチック...」


と思いながら、まずは、入り口を探します。


「あれ...どこから入るのかな?」


一つ入り口らしきドアがあったので言って行ってみると、「西に回れ」との注意書き。


セキュリティのしっかりしたところでは良くある話。


と、西に回ってみますが、駐車場があるだけ。


それから10分ほど建物の周りをくるくる回りますが、入り口らしきドアが見当たりません。「おっかしーなぁ。」


DCをこれ以上待たすことはできませんので、電話をします。「駐車場の向こうにドアがあるからそこから入って。」


良く見ると、駐車場の先に、小さな鉄のドアがありました。普通、その手のドアにはしっかりとロックがかかっているので、中に入れるようには見えないのですが。


ドアを開けると、あっさりと中に入ることができました。


で、次の砦。建物の中に入るドアはロックされています。日本でもセキュリティのしっかりしたマンションは、出入り口のドアにはロックがかかってますよね。


このロックをはずすには、ドアの脇にあるキーパッドでパスワードを入力するか、DCをインターフォンで呼び出して、あちらからはずしてもらうか、しかありません。


当然、DCを呼び出してロックをはずしてもらいました。


「次に来るときには、もう、こんなに苦労することはない」と思いながらエレベータに乗ってDCの住むフロアへ。


エレベータを降りてすぐのドアがDCの住まい。


チャイムを押す...応答なし...「あら?さっき電話に出たよな?」


また押す...応答なし...「おかしいなぁ、このチャイム、壊れてるのかな?」


コンドはドアをノックしてみる。日本人だと、ドアのノックは2回くらいですよね。ここでは、4回程度が普通です。


「ちょっと待って!」


中からDCの声が聞こえてきました。「ああ、中にいるんだ。」と思いながら待つこと15秒ほど。


ドアが開いて、「ハイ、Masa。ちょっと待って、今大事なところで手が離せないから。」と言いながら、部屋の中へ入っていきます。


靴を脱いでしばらく玄関の脇に立っていると、「Masa、中に入ってきて。」と。


恐る恐る入っていくと、DC、今、巷をにぎわせている「Miss California Carrie Prejean」が登場するCNNのラリー・キングショーを見ているところでした。


大画面のテレビもさることながら、太平洋を一望できる窓の付いたリビングルームに驚いてしまいました。耳を澄ますと「ザブーン、ザブーン」と言う波の音。


リビングに飾られている調度品の数々。アジアからのものが多いのが印象的。


雰囲気に圧倒されていると...「Masa、座って、座って。」と言いながらビッグハグ。


そして、チップスとサルサを薦められ、「今後のジョイント」の可能性の議論を始めました。


「Masa、昨日のMoney & Meのテレクラスは聞いてくれたでしょ?どう思った?」


Money&Meテレクラスとは、月1回行われている電話によるクラス(全4回)。DCが講義をしています。誰でも無料でダイアルインして参加することが出来ます。内容は、Money&Youのエッセンスをほんの少し。


といきなり鋭い質問。思いつく英単語をすべて並べて、とにかく私の考えを理解してもらうように心がけました。


「じゃぁ、Masaはどうしてこのプログラムを日本でも開きたいと思ってるの?」


またまた鋭い質問。おぼろげながらアイデアはあるものの、いざ核心を突かれるとなかなか答えにくいものですね。これも、DCを説得する姿勢で必死にこたえました。気持ちだけは伝わったと思う。


さすが、起業家向けのプログラムを長年やっている方。アイデアがポンポン出てきて、あっと言う間にプロジェクトの大枠が出来上がりました。


「今週末から、6週間、ビジネスプログラムのためにアジアに行くので、今日話したことをもっと具体的な計画に落としましょう。Masaには十分時間があるから。」


モチベーションをもらいました(笑)。


「で、私がアジアから戻ってきて、少し休んだら、また話しましょう。12月末ね。」


と言うことで、DCがサンディエゴを離れている間に詳細プランを立てて、プロジェクトを「ドン」とスタートさせます。やることがたくさんあり過ぎて、下手をすると、照準がずれてしまう可能性があります。もちろん、それは私次第です。だから、少し気持ちを緊張させて、前進すべきでしょう。


がんばらなくては。

 

Business Opportunity – with DC Cordova” への4件のフィードバック

  1. Masaさん、右のDCコルドバさんのインタビュー聞いてみました。
    名前だけ見たときは男性かと思いました。
    彼女は英語のホームぺージはありますが、日本語のホームページや本はないのですか。私は本を読むのは好きなので彼女の日本語の本が出たら読むかもしれません。

  2. misakiさん、ご無沙汰でした。コメントありがとうございます。

    息子さんはお元気ですか?(笑)

    うちの息子は勉強が難しくてヒーヒー言ってます(笑)。私の学生時代よりも明らかに高度なことをやっているようなので仕方がないですかね。

    >日本語のホームページ
    ええ、今のところ残念ながらないんですよ。でも、ご安心ください。近いうちに出ます(笑)。

    本2冊にオーディオ、それにテレクラスも(爆)。

    先日、そんな話をしてきました。彼女のやっているすべてのことが、人をわくわくさせるようなことです。この不況の時期を乗り越えるために、われわれも学びたいと思っています。

    >彼女の日本語の本が出たら読むかもしれません。

    そうおっしゃらずに、「必ず」読んでくださいね。がんばります。

    今後ともよろしくお願いいたします。

  3. Masaさん、うちの息子は大学は違いますが同じEE majorです。
    クラスは今の所、ついていけてるようです。
    音楽のクラスもいくつか取っていてそれが楽しい(そして忙しい)ようです。Thanksgivingに初めて家に帰ってくるので会うのが楽しみです。

  4. misakiさん、どもです。

    息子さん、Electrical Engineeringでしたか。調子が良さそうでなによりです。

    うちは、授業は結構ヒーヒー言ってますが、学生生活を思い切り楽しんでいるようです。私も昔を思い出します(笑)。

    音楽はここしばらくはやってないみたいです。マーチングバンドを勧めたんですけどね。

    うちの場合は車で2時間あれば行ける距離なので、割と頻繁に帰ってきます。車ではなくてアムトラックを使ってます。サンクスギビングにはもちろん帰ってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です