アメリカ企業で必要な英語力

ピュアなアメリカ企業で働く場合には、やはりかなりの英語力が必要になると思います。


でも、それは業種にもよるんですよね。


たとえば、営業やマーケティングなど会社の一線で活躍したいような場合には、ネイティブスピーカ並みに英語はぺらぺらである必要があると思いますねぇ。TOEICなら満点以上(?)は必要でしょう。


また、ManagerやDirectorなど、それなりの職位につきたい場合にも、部下をまとめていくために、かなりの英語力が必要になるでしょう。ようするに他人をほめたり、説得したりする場合に、適切な英語を使う必要があるからです。TOEICで、850点以上でしょうか。いや、多分それ以上必要になると思います。


私のような技術屋の場合、それなりの技術レベルがあれば(私の技術力が高いと言っているわけではありません)、英語力はそれほど高くなくても良いような気がしています。それでも、TOEICは700点以上は必要でしょうか。


でも、もっと大切なことがあるんですよ。


私のいる会社はグローバル企業なので、本社には、いろいろな人種のるつぼなんですね。英語が母国語でない人たちもたくさんいるわけで。


でも本社がアメリカなので、当然共通語は英語になるわけで、皆、会議では英語で話すんですね。中国人とデンマーク人が話す時も英語ですし、ロシア人とギリシャ人が話す時も英語です。サバイバルイングリッシュもかなりいますよ。大変なような気もしますが、大体は会話になっているんですよ。


ようは、どれだけ一生懸命相手の意見を聞いて、自分の考えを相手に伝えるか、なんですよ。その気持ちがなければ、日本語で話していても、会話、成り立ちませんよね。


私も英語では相当苦労しています。笑い話もたくさんあります。この続きはまた後ほど...。 続きを読む

大荒れ、アメリカストックマーケット

今日のアメリカのストックマーケットは大荒れです。

原油高騰が、市民の不安をかきたてています。


うちの会社の株価も今朝から大荒れ。現時点で、7%も急降下。最近見たことがないほどの落ちようです。大丈夫かなぁ。


従業員は、株価に非常に敏感です。今日も朝からその話。「ヘイ、Masa、おまえ、今朝の株価見た?俺、後悔してる。あの時売っときゃ良かったよ。」とか「しばらくは、キープだな」とか。


会社の状況を心配する人もいます。「R&Dに予算使いすぎてるから、耐力あるかなぁ。」とか「最近出て行く人が多いけど、会社、危ないのかなぁ」とか。


私が見た限りでは、株価が上下しても、うちの会社のビジネス(受発注)が左右されることはないと思います。今絶好調の分野なので。


でも、私も7%損していることになるんですよねぇ...。 続きを読む

アメリカ企業の勤務時間

アメリカ企業での勤務時間ってどうなってると思いますか?

私が今までに働いたことのある会社では、従業員ハンドブックに、週40時間と書いてありました。

日当たり8時間、週5日勤務。日本と同じです...。表向きは。

でも、はっきり言って、従業員の判断に任せられていると言うのが現実です。

ある人は、しっかり8時間働きますし、ある人は、残業バンバンしてますし、ある人は、朝10時に出てきて、夕方5時には帰ってしまいます。日当たりの労働時間は6時間程度ってことになりますね。

ホワイトカラーはタイムカードがありませんし、年俸制で残業代が付きませんから、勤務時間をしっかり守っている人は、そうそう多くないと思います。

朝、歯医者に寄ってから出勤する場合でも、前日に所属グループに向けて、メールで「11時ごろ来ます」のようなメールを送ってくるだけで、特に何もしません。それに対して、彼のボスも特にコメントしたりするようなこともしません。

あるいは、「今日は結婚記念日だから早く帰る」と3時ごろにそそくさと帰っていく人たちもいます。また、子供の誕生日だったりすると、朝からそわそわ。ほとんど仕事になってないんじゃないかな。で、3時ごろに早々に帰ります。有休届け、出した方が良いくらい。

今の会社の上司に言われたのですが、1日のうち、ある時間出てくれば、外出届けのようなものは出す必要はないと。思わず笑ってしまいました。

つまり、丸一日休む時以外は、会社への届けは必要ないと言うことです。もちろん、マネージャの判断次第なんですけどね。マイクロマネジメントしているようなマネージャだとこうはいかないと思います(私はそう言うマネージャに当たったことはありませんが)。

また、私の同僚のプログラムマネージャ。ある日、私に電話をよこして、「今日は、ガレージの修理が来るので、一日、家で働くから。あとはよろしく。」だと。

まぁ、プログラムマネージャは、電話とパソコンさえあれば、どこでも仕事できますから、特に問題ないわけで。日本語で言う、「サテライトオフィス」ってやつでしょうか。

日本から考えると夢のような話かもしれませんね。朝から「会社に存在する」ことに意義がありますから。「ミーティングに出席している(『参加している』と言うことではありません)」と言うことに意味がありますから(私の昔の会社の話です)。

ただ、私の周辺の人間だけかもしれませんが、忙しいときには、死ぬほど働きますよ。

一般的にアメリカ人は働かないと言いますね。自分の仕事が終わったら、他が終わってなくても、無責任に帰ってしまうと。

そう言う人も中にはいますが、そうではない人の方が多いですよ。私のいる会社は、近所でも有名なほど、がむしゃらに働く人が多いです。

オフィスは「不夜城」とも言われています。年収いくらと決まっているのに、「そんなにも働くか」くらい働く人も多いです。朝、メールを開いてみると、なぜか、夜中の2時、3時ごろにたくさんのメールが入っていることがあります。「どこかに出張してたの?」と思うのですが、聞いてみると、ラボで働いていたとか。

まぁ、こう言う人たちは、「チャレンジ」することに生きがいを感じているんでしょうね。将来、がんがん伸びていく人たちでしょう。

私は、がむしゃらタイプかもしれません。

チャレンジ、チャレンジ。 続きを読む

アメリカって、学歴社会?

よく日本は学歴社会と言われます。

少なくとも私が若かった頃(もう数十年も前の話ですが)は、良い高校に入って、良い大学に行けば、大企業に入って将来安定した生活が送れると言われていました。だから、皆、東大とか慶応、早稲田とか目指して、必死になって勉強していたんですね。

「それと比較すれば、アメリカは自由奔放な国なんだから、学歴なんてクソ食らえ、自分で頑張れば、会社のトップにだってなれるんです。あー、アメリカってなんて良い国なんだろう。」と考えている人がいたら、それは大間違い。顔を洗って出直していただいたほうが良いと思います。ビルゲイツは別ですよ(ま、彼は、ハーバード中退ですから、学歴はあったかもしれませんね)。スティーブジョブスだって別でしょう(彼も一応大学は出ています)。

アメリカに来て、働くまでは、私もそう思っていました。


実は、アメリカ、もしかしたら、日本なんかよりもずっと学歴社会かもしれません。間違いなく学歴社会です。

今、うちの部署は、人が不足していて、死ぬほど忙しいので、求人広告を出して、技術者を応募しています。多いときは週に十数人の履歴書に目を通しますが、まず、見るところは、もちろん、その人の持っている過去の経験ですね。で、次は、やはりどこの大学を出ているか、大学院は出ているか、なんです。

人によっては、まず学歴でスクリーニングします。それから、過去の経験を見ます。なぜかと言うと、大体学歴の高い人は、それなりの経験を積んでいることが多いから。でも、学歴だけで選んじゃうと、失敗する可能性は高いんですけどね。

高校卒業、短大卒業では、(少なくとも)良い技術職には就けません。私の周りは院卒、それも博士課程を出ている人がたくさんいます。それでも、出世コースから外れて、ちまちま働いている人もいるんです。

会社に入ってからも、出世コースに乗りたい人は、会社が終わってから、夜間の大学に通って、MBAを取ったり、ドクターを取ったりします。それほど、学歴が大切なんですよ。ちょっと怖いくらい。

もちろん、例外もあります。私の知り合いは高卒で、今そこそこの会社のVice Presidentをやっています。人のやっかみを買っていますが、ひたすらマイペース。ガンガンチャレンジします。よく働きます。人の面倒も良く見ます。だからあそこまで大きくなれたんでしょうね。

あ~、俺も頑張ろうっと。 続きを読む

アメリカ企業ストックオプション

アメリカ企業...と言うとすぐに頭に浮かぶのが「ストックオプション」ですよね(って私だけかな)。ご存知だと思いますが、アメリカ企業の幹部クラスになると、年間でとてつもなく多くのストックオプションが与えられます。

たとえば、今、私が、1万株をストックオプションでもらっていたとします。話を簡単にするために、現時点での一株が10ドルとしますよね。一年後にその一株が11ドルになってたとすると、一年後にすべて売ることが出来たとして、1ドルX1万株=1万ドル。100万円!!!

じゃぁ、一年後に9ドルになってたらどうするか。普通は考えますよね。逆に損しちゃう?そんなはずはありませんよね。従業員へのストックオプション付与はボーナスみたいなものですから。

一年後にもし安くなっていたとしたら、通常は、その時点での株価の15%程度アップくらいで売ることが出来るようになっているんです。結構うれしいですよね。逆に考えれば、もし一年後の株価が15%アップしてなかったら、15%アップで売ることが出来る、ってことでしょうね。

うちにもあります、こう言うの。日本で言う「従業員持ち株制度」。毎月、自分の給料をある枠内で自社株に投資が出来るんですね。で、年2回、それを現金に換えることが出来るんです。今言った15%で。やらなきゃ損ですわ、そりゃ。

ボーナス代わりにストックオプションをもらうこともありますし、大体入社時に、サイニングボーナス(signing bonus:会社のオファーを受けたお礼?)で、数千から数万株もらうことも多いですね。

昇進時にもかなりの株数をもらうことがあります。私の場合、1階級昇進で、数千株をもらいました。もらった時点の株価が固定されますから、その株価が上がった分 X 株数のお金をもらうことが出来るようになります。

あと、もう一つ、Restricted Stock Unit(制限付き株式)ってのもありますね。うちにもありますが、これは、簡単に言えば、株を丸々渡してしまうってやつです。

ストックオプションの場合は、もらった日の株価と売る日の株価の差額が儲けになりますが、こちらの場合は、売る日の株価 X 自分の持ち株が自分の懐に入ります。

このRestricted Stock Unitも入社時にボーナスとしてもらう場合もありますし、自分の頑張りが認められた時にもらう場合もあります。もちろん、昇格時には必ずもらえます。

ちなみにうちのCEOは去年、給料とボーナスで$7.7 million、$100million程度の価値のストックオプションを手に入れたとか。

気の遠くなるような額です。責任ある立場にある人のストックオプションは無限大です(笑)。 続きを読む

サンディエゴ山火事から学んだこと

ちょっと面白い記事を見つけましたので、下に貼っておきます。

ちなみにうちに会社も、うちの地区に火がまわってきた10/22月曜日から、10/24水曜日まで、サンディエゴオフィスの従業員に対して、「自宅待機し、自宅からインターネット経由で仕事をすること」と言うお達しが出ていました。

最近の日本の会社も、自宅で仕事が出来るように、会社のインターネット環境も随分と良くなったと思いますが、こちら、アメリカでは、多分、その環境は比較にならないほど進んでいるのではないかと思います。

普通、自宅のインターネット環境から、VPN (Virtual Private Network)と言う技術を使って、簡単に会社のネットワークに接続するとが出来るようになっています。 これで、メールは全く問題ありませんし、必要に応じて、会社のサーバー内にあるスケジュール、技術資料、コンタクト情報などに、会社にいる時と全く同じように、アクセスできるようになっています。

また、自宅から、社員や顧客と打ち合わせをしたい場合には、ほぼ、全社員に携帯電話が与えられていますから、話したいと思った時点ですぐに電話をかけることが出来ます。

また、社内でミーティングがスケジュールされている場合、通常、コンファレンスブリッジ(電話会議)が設定されていますから、家から無料で会議に参加することが出来ますし、会議内で使われるパワーポイントなどのスライドは、「ネットミーティング」を使って、パソコン上に表示することが出来ます。

ですから、営業やマーケティングなどは、基本的には会社にいる必要がないのです。また、ソフトウエア技術者もサテライトオフィスを持つことが出来ますね。残念ながら、私の所属するハードウエア技術部署は、ラボにいてなんぼの仕事ですから、「ホームオフィスで実験」と言うわけにはいきませんが。

日本でも、今後、このような職場環境が増えていくのではないでしょうか。

「ITmedia エンタープライズ」11月3日の記事からの引用
——————————————————————– 続きを読む

本社出張

旧ブログから以前の記事を貼ります。

今日は午前中、本社に出張。車でフリーウエーを飛ばすこと1時間15分。本社ビルに到着です。

女性のソフトウエアシニアマネージャとしばしミーティング。中国系アメリカ人で、「モンチッチ」にそっくり。いつものように笑いを押し殺しながら、今後のプロジェクトの進め方について議論しました。

女性でもシニアマネージャともなると、自分の考えをしっかりと主張しますね。言語のハンデーをものともせず、ロジカルに自分の考えを説明します。緊張と緊張の合間に、たまに見せる「ニコッ」は、その場の雰囲気を和ませます。見習うべきところです。

ミーティングの後はカフェテリアでランチ。うちはメニューが結構豊富だと思います。10種類以上はあるでしょうか。その中から、今日はミートソーススパゲティを選びました。4ドル也。

飲み物は、アメリカの会社にありがちな、「何をどれだけ飲んでもタダ」。アップルジュースとコーヒーにしました。日本の自販機にあるカップコーヒーとか、カップジュースのサイズの3倍はあるでしょうか。さしずめ、バケツに入った飲み物を飲むとか。

ランチの後は、帰社。同じ道を逆戻り。帰りは道もすいていて80マイルで飛ばせるので、1時間でオフィスに到着です。その日のうちにExpense Reportを提出して、車のガソリン代を請求。

多分ほとんどのアメリカの会社は、「マイル当たり、いくら」でガソリン代を支払っていると思います。毎年、そのレートがガソリンの相場によって変わります。今年は、マイル当たり0.445ドル。

これ、結構いいんですよね。私の車はフリーウエーでは1ガロン当たり30マイル走るんですよ。で、オフィス-本社間が約150マイルあるので、私の車で走れば、往復5ガロンくらいで行けるんですよね。今、ガソリンの値段が、ガロン当たり3ドル30セントですので、5ガロン=約16ドルですね。でも、出張費は150マイルX0.445ドル=67ドル。差額、約50ドルが私の小遣いになります。少し前まで、週に4日ほど本社間を往復してましたので、3週間ほどで1000ドルほど出張費がたまりました。良い小遣い稼ぎです。

さて、明日は朝から電話会議です。相手の顔が見えないと少しやりにくいですよね。でも、これが当たり前です。 続きを読む

電話会議

ほとんどのアメリカの会社(多分、九分九厘)は、1人1台の電話を自分のデスクに持っています。10年間、こちらで働いていますが、今までに電話を共有している会社は1社か2社だったと思います。ダイヤルインか、交換のおばちゃん(お姉さん)が、個人の内線につなげてくれます。

つまり、社内から外へ電話をかける場合は、ツーツーなわけですね。自由に電話をかけられるわけです。もちろん、あとで履歴を調べれば、誰がどこにどれだけの時間話したかはわかりますが。

前置きが長くなりました。電話を共有している場合は、会議室や会議机に集まって、会議をしなければなりませんが、1人1台づつ電話があれば、それぞれが自分の電話から電話会議に参加できるわけです。日本で言うダイヤルQ2のような感じでしょうか(ちょっと話が古いですね、すみません)。

うちの会社は、サンノゼやアーバイン、ニュージャージに拠点があり、週に数回、電話会議をすることがあります。普通は、皆、自分のデスクから、コンファレンスブリッジに電話をかけて会議に参加します。

実は今も会議中...。

自分に関するトピックが議論される時以外は、皆、思い思いのことをしています(そのはずです)。パソコンでメールの処理をしたり、別ラインで入ってきた電話に応えたり、携帯電話で誰かと話したり、あるいは、別の会議の資料を作ったり。

くつろいでいると、突然、議論が自分に振られる場合があるんですね。「その件に関してだけど、Masa、ステータスをアップデートしてくれる?」なんてくるわけです。

普通は、話が良く理解できないので、「ごめん、ちょっと聞き漏らしたので、もう一度言ってくれる?」。これを日本の会社でやると、「ばーかぁ~、ちゃんと聞いてろよなぁ~」と怒られますよね、普通。怒られないにしても、その人の評判が悪くなります。

でも、こちらの場合(100%とは言いませんが)、自分に無関係な内容が議論されている場合は、無視しても問題ないんですね。だから、突然話が振られた場合、質問を繰り返してもらっても、何の問題もないんです。と言いますか、それが当たり前のことだと、皆理解しています。

さて、もうすぐ電話会議も終わるはず。終わったらランチです:-) 続きを読む

オフィスが寒い

今朝はオフィスが凍っています。

先週の山火事のせいで、オフィス内の空気が灰や煙でかなり汚れているため、空調のダクトを掃除してフィルタを交換したりしたようです。

先ほどメールが入り、「オフィス内の空気に品質を改善するために最善の努力をしています。」とのこと。

このオフィスは空気清浄をするとクーラーがきいてしまうもかもしれません(そんなことあるか...)。

凍るようなオフィス内を、半そでのTシャツ姿のアメリカ人がたくさんいます。我々と体感温度が違うのでしょう。それとも、「面の皮が厚い」(爆笑)? 続きを読む