アメリカに移住するまで Maki-K編 6

Maki-Kです。
アメリカに移住するまでの話を、つらつらと書いています。

気づけば、私の半生を振り返る長編になっています。アメリカ移住までなかなかたどり着きません。意外に長いな、今までの私の人生。。 続きを読む

アメリカ生活が長くなってきた人の口癖

こんにちは、Erinaです。

アメリカ生活が長くなってくると、頻繁に使う口癖があるのですが、今日はそれを紹介してみます。

みなさんのアメリカ生活に特有の口癖も教えてください。

  続きを読む

アメリカに移住するまで Maki-K編 5

Maki-Kです。

アメリカに移住するまでの話をつらつら書いています。

前回までの話はこちら。
その1その2その3その4

半年間のアメリカでのスクールインターンを終えて、英語に磨きをかけ、腰回りにお肉をつけ、箔をつけて日本に帰ってきた私。 続きを読む

アメリカ企業で出世街道を10倍うまく歩く方法ー オンサイト面接を勝ち抜く

前回から続きます。電話インタビューを無事突破すると、オンサイトのインタビューに招かれるでしょう。ここまで来ると競争率は2倍か3倍、つまり競争相手は1人か2人と言う事です。オンサイトのインタビューは恐らく1日がかりで、何人もの人と会う事になります。同じ部門の同僚から、他の部門の人達、先輩から直属のボス、ボスのボス等場合によっては数十人と、一対一やグループインタビューを通して会う事になるでしょう。模擬体験や現場見学、現在のあなたの仕事の要約をプレゼンテーションなどが含まれるかも知れません。 続きを読む

アメリカ企業で出世街道を10倍うまく歩く方法ーはじめの一歩:就活で転ぶな。

日本の社長は「企業は人なり」とよく言います。超人気テレビドラマ『半沢直樹』での中野渡頭取の言葉がまだ鮮明に頭に残っている人もいるでしょう。アメリカのCEOも皆必ず”People are the most important asset. “と言います。世界どの会社も最高の人材を求め、自社の社員は世界で一番だと言い切ります。”We hire the best talent in the world.”や”Our associates are the best in the world.”等の事は、CEOなら毎日一度は言うし、年次報告書にも必ず出てくる常套句です。CEOばかりでなく、私のような中間管理職もよく言い、人の上に立つ人は社内のランクにかかわらず必ず口にする事です。 続きを読む

個人的にとっちゃダメだよ “Don’t Take It Personally”

こんにちは、Erinaです。

英語で生活をしていると、一度は聞いたことがあるかもしれない、このフレーズ。

“Don’t take it personally.”

聞いたこと、ありますか?

私がアメリカに来て、「この考え方は大事だなぁ!」と感じたことがこのフレーズなので、ちょっと紹介したいと思います。 続きを読む

続「行ってから踏ん張んべ」(13)

金髪女子・キキからの突然のお誘いに少々ビビりながら、これは会話を成立させなくてはいけない気がする。

俺「何時頃の話?」

(“What time are you thinking?”)

キ「うーん、八時とか九時頃にみんな集まると思うけど…」 続きを読む

カンザスシティの夏を楽しむ!!

こんにちは。カンザスシティのErikoです。

今回はカンザスシティ地元ネタになります!!

カンザスシティの夏の始まりは早いので8月になると既に夏も後半という気持ちにさせられます。特にイベントはメモリアルデイが過ぎたあたりからどんどん増えてくるし、8月中盤になると学校も始まるので、そろそろ秋の準備かなという気持ちもしますがまだまだ日差しは強いです。もう少し夏を満喫しようと思います。 続きを読む

In dating?

Couple-heart-love-620x349

アメ10読者の皆さんこんにちは、KAZです。

デーティングサイトを使えば簡単に彼女が見つかるという甘い妄想は捨て、地道に彼女捜しをすることにしました。

かといって、ナンパとかするわけではありません。 続きを読む

TED

TEDをご存知でしょうか。

”TED”はTechnology, Entertainment, Designの略で、「Ideas worth spreading」というキーワードのもと、広める価値のあるアイディア、情報、知識を各分野の第一人者が語る、というカンファレンスです。 続きを読む