格差こそ自由の象徴

皆さんこんにちは!Tomoです!

今日は、

英語やアメリカに直接は関わりが無いかもしれませんが、

ボクの考えの一つを書いておこうと思います。

今回は、アメリカの客観的事象ではなく、 続きを読む

「自然に振る舞う」ということの日米の違い

こんにちは!Tomoです。

アメリカの大学を卒業そして完全帰国し、1年が経ちました。

これからは、

日本に居るからこそ感じる

日米文化の違いなどを

シェア出来ればなと考えております。 続きを読む

アメリカを離れてしまったけどまたアメリカに戻りたくなったアラフォー研究者が就活するぞ:第3回「突然オファーが来る。」

第2回「突然クビを宣告される。」はこちら

そのメールの送り主は、アメリカの中西部にある大学のPIからでした。

すぐにそのPIの名前をPubMEDで検索したりしてどのような研究をやっているか調べたところ、ボクがこれまでやってきた研究とは違った分野を対象にしていることが分かりました。なぜボクのCVに興味があるのか不思議でしたが、メールのやりとりをした結果どうやらボクがその大学のJOB PORTAL SITEに登録しておいたCVをみて、そこにあげていたスキルが今まさにそのラボで必要としているテクニックにマッチしているとのことでした。しかも、ボクが登録していたDepartmentとは違うDepartmentの人でしたが、そのPIはその中からボクのCVを見つけ出してくれたのです。 続きを読む

アメリカに移住するまで Maki-K編 9

Maki-Kです。
アメリカに移住するまでの話をつらつら書いています。
高校時代の話から始まり、やーっと移住の地サンディエゴにたどり着くところまで来ました。でもまだこれ13年前の話(笑)。 続きを読む

TOEFL勉強法 〜Reading & Listening編〜

とてもお久しぶりになってしまいました、Koyukiです。

今回は留学生の避けては通れない道、TOEFLの勉強法について書こうと思います。

わたしの場合、母がかなり熱心だったため、高校1年生の終わり頃から勉強をし始めたと思います。それから高校3年生の夏までひたすら英語漬けの生活、何度も嫌になりました…(笑) 続きを読む

アメリカに移住するまで Maki-K編 8

Maki-Kです。
アメリカに移住するまでの話を書いています。
前回の話はこちら

一年間の英会話スクール勤めの後、
33歳の時にまたアメリカへの留学を決めました。

前回のアメリカ滞在は、大学生で時間があったから自分でプログラムを探したけれど、
今回は仕事をしていて時間がないので、留学斡旋会社を利用。
ほぼ丸投げ。 続きを読む

アメリカに移住するまで Maki-K編 7

Maki-Kです。 アメリカに移住するまでの話を、つらつらと書いています。

例によって前回の話から間が空いてしまいました。
しかも全然アメリカに移住しそうにない・・

でもね、そうですよね。
そんな簡単にね、国をまたいで移住なんてしません。
ねばってやるぅ~。 続きを読む

アメリカ人と英語の授業

writing rhet and digital media_6

あけましておめでとうございます。

アメリカに来てまだ4ヶ月半しか経っていませんがもうフレッシュマンの最初の学期を終えてしまいました。

来て最初の1ヶ月は友達もいなくて、でも留学生の友達も作りたくなくて(ネイティブの英語に慣れたかったので)毎日とにかくつまらなかったなと思い出しました。 続きを読む

わたしがアメリカに来た理由

アメリカ大学留学

初めまして、Koyukiです。

わたしの大学はニュージャージー州立大学Rutgers(カタカナだとラトガースだったりラッガースだったり)のNew Brunswick校。3つあるキャンパスのうちの本校です。キャンパス内がさらに5つのキャンパスに分かれていて、移動はバスで最長、端から端まで40分くらいかかるくらいのマンモス校。学生もこの本校だけで46,000人います。 続きを読む

自分の国が一番!になる

usa-959255_1280

こんにちは、Tomomiです。

仕事がバタバタしていて、書くのが久しぶりになってしまいました。

忙しくてイライラしているせいか、最近よく家族と議論になることが多いです。議論というか、ちょっとした言い争い。 続きを読む