「行ってから踏ん張んべ」 (6)

キャンパス近くでのレイプ事件の話を聞くと、いよいよ「これ、英語しゃべれないと死ぬな」と若干呆然としながら恐怖を実感。当時まだ記憶に新しかった「服部くん射殺事件」を思い出す。 続きを読む

「行ってから踏ん張んべ」 (5)

僕が渡米した1995年の冬、日本は本当に大変な時期でした。

阪神大震災の後は「オウムの地下鉄サリン事件」。留学生には追い風だったが「史上最高の円高(確か1ドル=80円前後)」。母は何かを郵送する度に、その時の一大ニュースの新聞一面を一緒に包んでくれました。 続きを読む

【ゲストブロガー:Pete】ホストファザーPeteの異文化ファミリー日記1 (日本語訳)

1月のことになりますが、現在ここ、サンディエゴでホストファミリーとして日本人留学生を受け入れている、Peteさんに、ゲストブロガーとして記事を書いてもらいました。

【ゲストブロガー: Pete】ホストファザーPeteの異文化ファミリー日記1 続きを読む

「行ってから踏ん張んべ」 (4)

アメリカ到着直後、お世話になるはずだったホストファミリーから「屋根裏しか用意していなかった、もう他に部屋はない」と言われ、交渉の余地はなし。「不満があるなら他のファミリーを探す」以外なくなってしまった渡米後三日目の朝 続きを読む

「行ってから踏ん張んべ」 (3)

渡米当日、ホームスティ先に到着して数時間。まだ落ち着かない深夜。

「あの音はなんだべ?」と、なんとなく銃声なような気がしながら窓の外に目をやるが、路地に木がソヨソヨと揺れてるだけで結局なんだったのか不明。 続きを読む

TOEFLの勉強

私が留学に向けてTOEFLの勉強をしていたのはもう12年以上前のことになってしまうので、今とは出題形式が異なります。ただ英語全般の勉強の参考になるかもしれないので、当時の勉強法について思い出して書いてみようと思います。 続きを読む

「行ってから踏ん張んべ」(2)

タコマに到着後、すぐに向かったのは、とりあえず活動資金を預けるための銀行。

市街中心部を車で走り抜けると、両側に色々な銀行が点在している。その中から「まぁまぁな規模」という「KeyBank」を選択。 続きを読む

「行ってから踏ん張んべ」 (1)

高校卒業と同時に「留学したい」とは強く思っていたものの、高校生にありがちな「勢い中心」の進路希望。あまり具体的な対策も立ててないから、TOEFLは受けてもスコア「360」が壁という低レベル。よく考えたら最低点が「330」のこのテスト、すべての選択問題を「1」で統一してもそのスコアははじき出せないと言われたのが当時のレベルでした(高校では赤点だらけで「よく卒業できたね」という状態)。 続きを読む

学問分野に見るアメリカ

今日は、日本では聞きなれない、「アメリカらしいな~」と思える大学での学問分野を紹介します。経営学や電子工学、数学など、日本の大学でもオファーされている学問に加えて、アメリカの歴史や国民、民族などの影響で、これらの学問分野は発展しました。 続きを読む

「アメリカ行ったらさ、英語ペラペラじゃね?」

先週はずっと出張で、カンザス州内をグルグル運転していました。

職場の大学が小規模なため、「担当」の仕事は(月給と反比例して)常に山積。学校回りはその一つで、州内外の高校やコミュニティカレッジ、その他短大に在籍する留学生に「ここ卒業したらウチの学校に来ませんかぁ」という口説くわけです。 続きを読む