Conference call 漬け

アメリカ_電話会議

最近、例のプロジェクトがかなり忙しくなってきていまして。



実は、今週、ヨーロッパからビジネスパートナーが来て、ミーティングをすることになっていたのですが、このところのSwine Fluの影響で、ミーティングがキャンセルになってしまいました。



Swine Fluにかかると面倒なことになるので、ミーティングは延期するとのこと。



ま、別にこちらは特に問題はないし、来ないほうが返って気が楽だし。



ところが、キャンセルされたミーティングと置き換えに、電話会議。



以前もお話しましたが、あちらとこちらの時差は10時間。つまり、こちらの午前8時は、あちらの午後6時。あちらの午前8時は、こちらの午後10時。



この時差で電話会議ですから、お互いに大変です。



普通はこちらの午前7時、あちらの午後5時に1時間ほどの電話会議を行います。



今回は、ミーティングで予定されていたことを電話会議で行いますので、会議時間も2時間、3時間。



結構つらい...。



明日は、午前7時から午前10時までが第一ラウンド。で、午後8時から午後11時までが第二ラウンドになっています。あちらもつらいでしょうが、こちらもつらい。



考え方が貧乏人ですが、ヨーロッパとアメリカで6時間の電話代がどれくらいになるのか興味があります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です